映画ジョーカーでアーサーが冷蔵庫に入ったのはなぜ?観た人の意見や考察まとめ

映画




こんにちは。かみずです。

映画ジョーカー。

主演ホアキン・フェニックス「壊れていくアーサー」見事に表現していると話題です。

公開されてから現在も大ヒット中です。

 

そんな映画ジョーカーですが、あるシーンが意味不明であり、あらゆる意見が飛び交っています。

それはホアキンが演じるアーサーが「冷蔵庫」に入るシーンです。

「なぜ冷蔵庫に入る必要があったの?」

そう思った方が非常に多いようなんです。

 

ここでは、

・アーサーが冷蔵庫に入ったシーンって何?

・観た人の意見、考察について

・アーサーを演じたホアキンはなぜ冷蔵庫に入ったのか?

について、触れていきたいと思います。

※映画をこれから観に行く予定がある方は、ネタバレになるので以下の記事を観ない方がいいですよ。

 

映画ジョーカーで主人公のアーサーが冷蔵庫に入ったシーン

主人公アーサー冷蔵庫の中身を全て引きずり出し、その中に入ってしまうシーンがありますよね。

この場面がしばらく続いた後、次のシーンではまったく異なる場面へと切り替わります。

このシーンの繋がりに関連性がまったく無い為、

えっ?!。さっき冷蔵庫に入ったのって何だったの???」

と、疑問に思った方が多いです。

 

その後の展開にも、冷蔵庫に入った事に関連するようなシーンが無いんです。

 

ジョーカー(Joker)を観た人の「冷蔵庫」についての意見、考察

冷蔵庫に入ったアーサーを観た人の意見や考察を観てみましょう。

皆さん、凄く考えています。

僕には思いつかなかった意見もたくさんありますね。

 

考察の中には想像してみると「ゾッとする内容」のものもありました。

 

このシーンだけで、どんだけ「深いんだ!」って思います。

 

アーサーが冷蔵庫に入って自殺した説

自分の体を治そうとした説

ジョーカー誕生説

電話のコールから逃げ出したかった説

ジョーカーに仕組まれたジョーク説

ホアキンによる即興アドリブ説

心を冷やしたかった説

ジョーカーが死体を隠す為にサイズを図りたかった説

単純に冷蔵庫に入ってみたくなった説

実際、何でアーサーを演じたホアキンは冷蔵庫に入ったのか

色々な憶測が飛び交っている「冷蔵庫に入ったのはなぜか?」について。

「ジョーカー」監督であるローレンス・シャーメディアのインタビューでこう答えました。

「公衆電話のシーンや階段を上るシーンといった、いくつかのシーンについては当初より綿密に計画されていたものでしたが、その他のシーンについては、まったく計画されていませんでした。特に、ホアキンが冷蔵庫に入っていった時は、私たち制作スタッフは面食らいましたよ」

「ホアキンは、自分がもし酷い不眠症に悩まされていたとしたら、一体どうするだろう?と常に考えていたようです。彼がそれをどのように表現するかは自由だったんですが、カメラが回り、あの演技をして見せたとき、私たち制作スタッフは完全に心を奪われました。『何をしてるんだ? えっ!、まさか、冷蔵庫に入った?』と。みんな奇妙だなと感じながらも楽しんで見守っていましたよ」

上記で考察していた方もいましたが、何とホアキン・フェニックスによるアドリブだったとは!

他にも、ホアキンが即興でアドリブをしていたシーンがあるようです。

 

アーサーになる為に自分を追い込んで演じたホアキン

その彼が熱演する中で出てきた行動。

それを感じ取り、その意味を知ろう、探ろうと考えた人々。

 

そうさせてしまうホアキン・フェニックス迫真の演技は本当に素晴らしいですよね。

 

映画「ジョーカー」がいよいよ配信スタート!無料で見る方法も

いよいよ最新作「ジョーカー」の動画配信がスタートしました!

劇場で見れなかった、また見たいという方、ぜひこの機会にいかがでしょう。

 

無料で視聴する方法もありますので、気になる方はこちらを見てみて下さいね。

映画「ジョーカー」を無料視聴できるって本当なの?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「映画ジョーカーでアーサーが冷蔵庫に入ったのはなぜ?観た人の意見についてもまとめ」でした。

少しでも参考にしていただけたら嬉しく思います。

 

今作品「ジョーカー」には色々な謎、意味が理解できない部分があり、何度も映画館に足を運ぶ人が跡を絶ちません。

ぜひ、「あれは何だったの?」という部分が残っている方は、もう一度観てみて下さい。

新たな発見がありますよ。

 

これがまた、映画の楽しみの一つですよね。

 

ジョーカーの恋人「ハーレイ・クイン」が活躍するこちらの映画はもう観ましたか?

映画「ハーレイクインの華麗なる覚醒」を無料視聴する方法ってどうやって?

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!