映画「デューン 砂の惑星」は駄作でつまらない?面白いけど長いしあきる?感想もまとめ!

映画




フランク・ハーバート氏のSF小説を

新たに映画化したSFスペクタクルアドベンチャー「デューン 砂の惑星」

 

絶賛公開中です。

 

壮大な物語感が漂っているので

 

「見たい!」

 

そう思っている方も多いでしょう。

 

僕もその一人です。

 

ただ、予告だけでは

 

「正直、どんな話なんだろう?」

「何か色々と謎が多そうだな・・・」

 

そんな感覚を持つ人もいるかもしれません。

 

「本当に面白いのか?」

 

僕もそんな疑問がありました。

 

そして、やっと見ることができたので

他の人の感想もまとめてみたいと思います。

 

この記事を読むと、まだ今作を見てない人は

自分が見ても面白く感じるかの参考になると思います。

 

それでは、

・映画「DUNE 砂の惑星」は駄作でくそつまらない?長いけど面白い?

・映画「DUNE 砂の惑星」がつまらないという評価感想

・「デューン 砂の惑星」が面白いという評価感想

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「DUNE 砂の惑星」は駄作でくそつまらない?長いけど面白い?

 

映画「DUNE 砂の惑星」は駄作と感じるほどつまらないのか?

長めの映画だけど面白いのか?

 

結論から言います。

 

「人間同士の闘いも見応え充分!

兵器による戦闘の派手さも凄く面白いです!」

 

正直に言います。

 

僕としては、ここまで面白いとは思っていませんでした。

 

155分という長めの物語なので

 

「絶対中だるみがあるだろうな・・・」

 

そう思ってました。

 

監督ごめんなさい!

 

最初から最後まで

おしっこが気にならないぐらい没入してました!(笑)

 

それぐらい静かなドラマシーンも楽しめましたね。

 

僕的には、確かに長いけど

必要ないと感じるシーンはありませんでしたよ

 

主人公のポール演じるティモシー・シャラメを無意識で食い入るように見ていた?

 

主人公ポールを演じるティモシー・シャラメ。

 

ハッキリ行っちゃうとそんなに活躍せん!

 

でも、彼の行動が気になるんですよ。

 

シーンの一つひとつが絵になると言うか

 

「見逃せない!」

 

って感じで食い入るように見ちゃいました。

 

女性やファンはたまらない映像だったんじゃないかな?!

 

僕が女で濃厚なファンなら

ブルーレイを迷わずポチります(笑)

 

それぐらい何だか魅力的。

 

予告だけでも、そんな雰囲気ありましたよね。

 

映画本編はその比じゃないですよ(ニヤリ)

 

美男子が気になる人は見たほうがイイんじゃない?

 

ああ、活躍しないとは言いましたが

後半はちゃんと見せ場もありますから大丈夫ですよ。

 

 

主人公の父さんもカッコいい!母さんも謎の力を秘めていて魅力的?

 

]ディモシー・シャラメ演じる主人公ポール。

彼の父親は公爵なんですが

めっちゃカッコいいです。

 

オスカー・アイザックが演じていますね。

部下に慕われる王道の貴族という感じです。

 

こんな父親になりたいわ~。

帝国最強のアトレイデスを率いるというのも惹かれるわ~。

 

もうちょっと活躍見たかったけどね。

 

彼よりも主人公の母を演じる

レベッカ・ファーガソンの方が活躍していましたね。

 

言語により他者に影響を与える特殊能力を持っています。

 

これがかなり謎な能力です。

 

この母により主人公ポールも能力があるわけですが

これが能力の一部なのか?

 

さらに上があるのか?

 

非常に興味がそそられます。

 

 

「お母さんがあのぐらいの能力なのだから

主人公が覚醒したらどうなっちゃうの?!」

 

そんな期待を抱かずにいられません!

 

この特殊能力がどんなものかは

ぜひ本編を劇場で見てほしいと思います。

 

大型兵器や集団戦闘も映像と音の迫力が凄い!

 

主人公のドラマパートも謎が多くて惹きつけられますが

突如起こる戦争シーンも、これまた凄い迫力です!

 

敵となるハルコンネン陣営のキャラも

不気味な迫力があり存在感がかなり感じ取れます。

 

そこに主人公サイド:アトレイデスの戦士:ダンカンが敵をなぎ倒します!

 

主人公ポールの兄貴分であるダンカンですが、

ポールを守るために一人で獅子奮迅の闘いを繰り広げるんですよね。

 

このダンカンなんですが、

ポールは不吉な夢を見てしまいます。

 

よってダンカンを心配するポール。

 

そんな彼にどんな未来が待ち受けているのか?

 

かなりのフラグ感があったので

僕もずっと気にして見てしまいました(笑)

 

どうなったのかは、あなたの目で確かめてみて下さいね。

 

ポールが見る夢や発現する特殊能力から背後に見え隠れする不気味な力の存在を感じる

 

ポールの母ジェシカが見せる特殊能力。

その力を持つ女性だけの集団「ベネ・ゲセリット」。

それを束ねる教母の怪しく強大な支配の力。

 

主人公であるポールが巻き込まれる2家の争いの裏で暗躍する

この「ベネ・ゲセリット」という秘密結社が不気味です。

 

主人公が持つ能力は何なのか?

 

この能力を巡って暗躍する組織は何が目的なのか?

 

そして、ポールはどこへ向かうのか?

 

めっちゃ気になる!

 

物語の中に色々なスパイスが混ぜ合わさっており

重厚な世界観を味あわせてくれますよ。

 

見たらあなたも、次の展開にワクワクせずにはいられないと思います。

 

映画「DUNE 砂の惑星」がつまらないという評価感想

 

実は今作、面白いとつまらないが同じぐらい拮抗しており

賛否が別れています。

 

どちらかというと「つまらない」という意見の方が多いかもしれません。

 

「えっ!?

こんなにつまらないって感じている人多いの?!」

 

調べていた僕の素直な感想です。

 

僕としてはめっちゃ楽しめたんですけどね。

 

お尻は痛かったけど

眠くなる暇は無かった(笑)

 

今作はエピソード1にあたります。

壮大な物語の序章と言っていいですね。

 

そのせいか、「内容が薄い」という感想も多く見られます。

 

僕としては

「そうかなぁ。けっこう主人公を取り巻く環境が激変してるし

暗躍している組織や世界の変革を匂わせる感じが良かったけど・・・」

 

そう思いましたけどね。

 

「デューン 砂の惑星」が面白いという評価感想

 

つまらないという声も多いですが、

面白いという意見ももちろん多数あります。

 

僕としてはこちらの意見側となりますね。

 

「重厚感の権化」と評価した方がいますが、

僕もまさに「そのとおり!」って思いました(笑)

 

音と映像の迫力を「これでもかっ!」って引き上げる演出でしたね。

 

逆にそれが疲れたという声もあります。

 

今作はかなり感じ方に個人差が大きく出るように思いますね。

 

僕としては得体のしれない存在や

謎の力というものが大好物なので次回作に非常に期待してしまいます。

 

早く制作を決定して!

 

「未完で終わってもいい」という声もありますが

ええっ!?本当に???

 

僕としては次回作をお願いしたいです。

 

こちらに続編についての記事がありますので

参考にいかがでしょうか?

映画「デューン 砂の惑星」には続編がある?続きがある物語だけど3部作になる可能性も?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「デューン 砂の惑星」は駄作でつまらない?面白いけど長いしあきる?感想もまとめ!』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作の評価は賛否両論となっています。

 

ただ僕としては面白い作品だと大いに感じました!

 

もしあなたがこれから見るのであれば

ぜひIMAXで見てほしいと思います。

 

今作はIMAXに映える映画です。

 

よかったらこちらの記事を参考にどうぞ!

映画「デューン 砂の惑星」はIMAXと4DXどっちで見た方が楽しめる?通常版は見ない方がいいの?

 

ぜひ重厚な物語の序章とも言える今作を楽しんでほしいと思います。

 

たぶん作られるであろう続編の事を考えると

映画館で見ないともったいないと僕は思いますよ!

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「デューン 砂の惑星」は字幕と吹替どっちがオススメ?吹替の感想や日本語声優についても紹介

 

こちら現在公開中の大人気007最新作!

あなたはもう見ましたか?

映画「007 ノータイムトゥダイ」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?通常版は見ない方がいい?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)