映画HELLO WORLDの主題歌は新世界など曲が最高?歌の歌詞や評価感想についてまとめ

映画




こんにちは。かみずです。

映画「HELLO WORLD」

伊藤智彦監督が初のオリジナル劇場アニメとして手掛けた作品です。

ソードアートオンラインが有名ですね。

オーディナル・スケールも観た方はいるのではないでしょうか。

 

今回の「ハローワールド」ですが、「2027Soundという新世代アニメーションに相応しい未だかつてない実験的なアプローチに挑戦」というコンセプトで音楽を作成しています。

今までの映画と何が違うんでしょうね?

 

ここでは、

・「2027Sound」って何なの?

・どんな主題歌や曲になっているの?

・歌や歌詞について評価や感想はどうなの?

について触れていきたいと思います。

 

映画ハローワールドの2027Soundとは何なのか

予告動画を観て頂けたでしょうか?

冒頭から音楽、歌、映像の世界観が引き立てられるようなメロディに感じませんでしたか?

 

「2027Sound」とは、まさにこの「ハローワールド」のためだけに結成された音楽プロジェクトチームなんです。

主題歌をはじめ、劇中の音楽を全てこのチームが手掛けるというスタイルです。

今までの映画では主題歌と挿入歌、劇中の音楽は手掛ける人は異なる事が多かったと思います。

最近では「君の名は」を代表するように音楽全体をコーディネートするアーティストが出てきましたが、今回は新時代の音楽シーンを担っていく複数のアーティストが一つのチームとして機能するというドリームチーム

それぞれの異なるジャンルの音楽が化学反応を起こして作られた楽曲という事!

 

何かワクワクしませんか?

単体のアーティストだけでは生み出せない「音」を僕たちは聴けるという幸せ♪

「新時代」というフレーズにもうなずけます。

僕も予告を観ただけで引き込まれました!

 

ハローワールドではどんな主題歌や曲になっているのか

OKAMOTO’Sを中心として企画に賛同したアーディストが集結しています。

映画の主題歌もシーンに合わせて3曲も書き下ろされています。

OKAMOTO’S 主題歌「新世界」

OKAMOTO’Sとしては初めての映画音楽制作であり、手渡された脚本を元に作り始めて書き上げた曲が「新世界」だったそうです。

この「新世界」という曲に導かれるように劇中の音楽も作られたそうですが、「2027Sound」というチームがある事で自分たちだけでは作れない音を信頼できる仲間たちと一緒に生み出したとの事。

制作に携わる中で脚本のセリフも覚えてしまい、北村匠海くんの声マネをしながら曲を考えたというエピソードもあるようです。

 

Official髭男dism 主題歌「イエスタデイ」

愛称「ヒゲダン」として活躍するバンド。

「人を想う心の強さや、その裏側に潜む苦悩を、美しいメロディに乗せて表現することを大切にした」

もう素晴らしいメロディです。

大好きです。

歌詞も素晴らしい!

Nulbarich 主題歌「Lost Game」

シンガーソングライターのJQがトータルプロデュースするバンド。

「主人公と自分を同化させ、自分の言葉としてそこに入り込んだイメージで作った」

独特の世界観が映画の幅を広げていますね!

HELLO WORLDの歌や歌詞についての評価感想はどうなのか

歌や曲を聞いた人の評価や感想はどうなのでしょう?

ネットでも声を見てみましょう。

主題歌3曲全て高評価!

あとは好みの問題ですね。

こんな豪華な映画があっていいのでしょうか!

もう期待しかないですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「映画ハローワールドの主題歌や曲がいい?歌の歌詞や評価感想についてもまとめ」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

主題歌3曲とも全て素晴らしい楽曲!

さらに劇中の音楽も最高と来た!

気になっている人はもちろんですが、曲を聴いて「おっ!」と思った方はぜひチェックしてみて下さいね。

目も耳も頭の中も幸せになれる映画だと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!