映画「望み」の評価感想!どちらの結末でも辛くて苦しい?終始重くて泣ける?

映画




ベストセラー小説である雫井脩介さんの「望み」を映像化した本作品。

いよいよ公開となりました。

 

高校生の息子がある日家を出たきり帰って来なくなり、

その息子の同級生が殺害されるニュースが報道。

 

その後、警察から息子が事件に関わっている可能性があると告げられる。

 

 

「息子は犯人じゃない。」

 

「犯人でもいい。だから生きていて。」

 

揺れ動く家族の葛藤を描くサスペンスドラマです。

 

本公開となった本作をいち早く見た人はどう感じたのでしょうか?

堤真一さんや石田ゆり子さんという最高の俳優さんの演技も気になりますよね。

 

ここでは、

・映画「望み」の感想は終始辛くて苦しい?子を持つ親は更に絶望的で悲しい?

・映画「望み」は切ないから泣けるししんどいという評価感想

・映画「望み」は終始重いし泣けるけど結末には救われる部分もあるという評価感想

・望みのパンフレットは映画を見た後に読むと幸せになれる?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「望み」の感想は終始辛くて苦しい?子を持つ親は更に絶望的で悲しい?

 

今作「望み」は息子が失踪し、殺人事件に関わっているかもしれない。

 

「もしかしたら殺人を犯しているかもしれない?」

「そんな事ない!」

「とにかく生きていてほしい」

 

そんな家族の葛藤や相反する意見に苛まれる姿を描いているサスペンスとなっています。

 

いち早く「望み」を見た人はどのように感じたのか?

 

結論からいいますと、

 

「父親、母親、妹、それぞれの想いや望みに考えさせられる」

「特に父親と母親の姿には辛くて苦しいし涙せずにはいられない」

 

そんな声で溢れています。

 

幸せに過ごしていた家族に突然降り掛かった事件。

何の確証もないのに、憶測でマスコミや世間の人から追い立てられる家族。

 

誹謗中傷にさらされて、疲れ果てていく・・・。

 

でも、息子を信じたい。

犯人でもいいから生きていて。

 

でも・・・。

 

どちらが現実になっても・・・辛すぎる。

 

そんな物語に終始苦しいという声がたくさんあります。

 

僕も息子を持つ親です。

成長した息子が、もし似たような事件に関わったなら・・・。

感情移入しすぎて、胸が締め付けられることは間違いないですね。

 

考えただけで、息子との思い出が駆け巡り、

「そんな事件を起こすわけないだろ!」

 

そんな怒りにも似た感情が出てきます。

 

子を持つ親である方々には、特に刺さる映画でしょうね。

 

かなり苦しい映画になると思います。

ですが、どのような結末を迎えるのか非常に気になる事も間違いないですよね。

 

では、実際に鑑賞した方の声を見てみましょう。

映画「望み」は切ないから泣けるししんどいという評価感想

感情を揺さぶられ涙が止まらなかったという方が多いですね。

堤真一さん、石田ゆり子さんの演技がなければ、ここまでにはならなかったという感想を持った方も非常に多いです。

映画の題名「望み」とあるように、

・父親の望み

・母親の望み

・妹の望み

家族の中でも、望んでいる未来は異なるという事に考えさせられますよね。

 

そして、関係ない人々であるマスコミや世間の人の望み。

 

家族の心情も考えず行われる行為には、いたたまれないという気持ちになります。

 

自分の家族にもし、同様の事が降り掛かってきたら?

そう考えると、恐ろしいとも感じます。

 

このような描写もリアルに描かれているという事なので、考えさせられるという意見が非常に多いですね。

 

 

映画「望み」は終始重いし泣けるけど結末には救われる部分もあるという評価感想

「望み」には辛くて苦しい描写が多いですが、

ラストには「少しの希望」も感じれるようです。

 

ですが、これは人それぞれ感じ方が異なるようですね。

 

10代の方、独身の方、家族の方。

見え方は異なるのかもしれません。

 

僕のような子を持つ父親には、残念ながら光は指さないように思います。

家族がマスコミや世間の誹謗中傷にさらされる事に怖いし憤りを感じるという意見

マスコミや世間から家族に向けられる誹謗中傷に関して、

怖さや怒りも感じるという意見があります。

 

そういう部分もあえて描いているとも言えますね。

 

マスコミも仕事とはいえ、一線は引くべきと感じますよね。

 

自分の家族が当事者になったら、同じ事ができるのか?!

常日頃から、そのような場面を見ると感じる事でもあります。

 

見ていて辛い苦しいというのが、この部分でもありますよね。

 

パンフレットは「望み」を見た後で読むと幸せになる?ネタバレもあり?

映画はパンフレットも購入するという方も多いですよね。

 

今作品ではゲットしたパンフレットは映画の前に見ない事をおすすめします。

 

理由はネタバレも含んでおり、

さらに映画を見た後で見る事で、良い事があるようです。

 

「幸せな気分を感じる」という方もいますね。

 

ぜひ映画を見た後でじっくりと読んでほしいと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「望み」の評価感想!どちらの結末でも辛くて苦しい?終始重くて泣ける?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品は息子が事件に巻き込まれ、

 

加害者?

被害者?

それとも無関係なのか?

 

そんな葛藤を描いた物語です。

 

家族を持つ人には特に苦しく考えさせられる内容だと考えます。

 

自分の家族について考えるきっかけにもなるかもしれませんね。

ぜひ、気になる方は見てみてくださいね、

 

こちらの映画も公開され話題です!

感動で温かい気持ちになれますよ♪

映画「浅田家!」の評価感想!笑えるし感動して泣ける?普通の家族ドラマで退屈?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!