映画「糸」の評価感想!最初から最後まで号泣?辛いけど心が温かくなるって本当?

映画




映画「糸」

「糸」は2020年8月21日に公開された作品です。

 

菅田将暉と小松菜奈が演じる二人の男女が、

出会いと別れを繰り返しながら再び出会うまでの愛の物語です。

 

中島みゆきの楽曲「糸」から着想を得て作成された今作品は、

主演と楽曲の人気から高い注目を浴びています。

 

さて、

そんな今作「糸」が公開されました。

 

見た人はどんな感想を持ったのか気になりませんか?

 

ここでは、

・映画「糸」は最初から最後まで泣けるシーンがたくさんあるの?

・「糸」は辛いシーンもあるけどそれ以上に心が暖かくなるって本当なの?

・映画「糸」はどんな所で感動するストーリーなの?中島みゆきの歌もやばすぎる?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「糸」は最初から最後まで泣けるシーンがたくさんあるの?

「糸」は泣ける感動シーンだらけなのか?

映画を見た人の感想を見てみましょう。

 

見る人によっては必ずしも泣けるという事ではないかもしれません。

 

しかし、原案・企画プロデュースの担当が

「鑑賞した後も幸せな気持ちになれる映画を作りたい」

と語った通り心温まる作品となっています。

 

様々な問題や気持ちのすれ違いから出会いと別れを繰り返していく二人。

皆さんもそんな経験をした事はないですか?

 

最後まで泣けるかどうかは、見る人の経験や環境によって変わると思います。

ですが、鑑賞後にはきっと皆さんの心の中を温かで幸せな気持ちで満たしてくれると思いますよ。

 

 

「糸」は辛いシーンもあるけどそれ以上に心が暖かくなるって本当なの?

今作は二人の男女の出会いと別れの繰り返し、再び出会う心温まる愛の物語です。

 

しかし、人生においても決して順風満帆とはいきません。

 

恋愛も同じで決して楽しい事ばかりではありません。

いくつもの困難や壁にその道を阻まれる事もあります。

 

すれ違いや様々な理由から疎遠になり、一度はそれぞれの道を歩んで行く二人。

それでも、忘れきれずどこかで相手を想い葛藤する二人は見ていて悲しい気持ちになるかもしれません。

辛いシーンは確かにありますが、

それを含め鑑賞後には大きな感動が心を温めてくれます。

映画「糸」はどんな所で感動するストーリーなの?中島みゆきの歌もやばすぎる?

感動する場面は、

見る方によって様々ですね。

はっきりと「この場面がいい」と言う事は出来ませんが、

皆さん自身で感動したり涙する場面を探してみて下さい。

 

そしてその事を友人や大切な人と共有してみて下さい。

 

「鑑賞した後も幸せな気持ちになれる映画を作りたい」

との言葉通りに皆さんの心を幸せな気持ちで満たしてくれると思いますよ。

 

僕としては、中島みゆきさんの歌の歌詞。

これと歌が良いシーンで盛り上げてくれると完全に涙腺崩壊でしょうね。

タオル必須です。

 

歌に今作の感動シーンが重なり、

見た後は歌を思い出したり、口ずさんだだけで涙が流せる事になるでしょう。

まさに、作品の世界観や二人の不器用ながらも互いを思いやる気持ちを表している楽曲となっています。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「糸」の評価感想!最初から最後まで号泣?泣けるけど辛いより心が温かくなるって本当?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

決して全てがいい事ばかりではないですが、見ていて自身と重なる場面があると思います。

辛い事や苦しい事もあると思いますが、

この作品を通じて皆さんの心が幸せで温かな気持ちになれると良いなと思います。

 

こちらの劇場版アニメも感動作と話題です。

気になりませんか?

劇場版「ヴァイオレットエヴァーガーデン」は予告だけで泣ける?エグいので映画館は一人がいい?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る