映画「あの頃」はハロプロがテーマじゃない?友情が泣ける人生ドラマ?

映画




映画「あの頃」

今作は劔樹人氏によるエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」を原作としています。

映画は2021年2月19日松坂桃李さん主演で公開予定となっています。

 

自伝的コミックエッセイであり、

アイドルグループに夢中になっていた青春を仲間と謳歌していた頃の物語です。

 

あなたも何かに夢中になったり、趣味に没頭していた事があるのではないでしょうか?

 

気が付けば長く友人関係が続いていて、

気の合う仲間が大勢いるという人もいるでしょう。

 

今作ではハロプロオタクが軸にありますが

実の所、テーマは何なのか?

 

「あの頃」って何?いつだろう?

 

そう疑問に思う所があると思ったわけです。

 

ここでは、

・映画「あの頃」は松坂桃李がなぜハロプロヲタクになるの?

・映画「あの頃」はハロプロがテーマじゃない?友情がメインテーマ?

・映画「あの頃」は泣ける?最高の「あの頃」を思い出せてほっこりできる?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「あの頃」は松坂桃李がなぜハロプロヲタクになるの?

 

松坂桃李さんが演じる主人公・劔(つるぎ)

大学院受験に失敗。

 

更に彼女もお金もない、どん底の生活を送っていました。

 

 

そんなある日の事。

 

友人から

「これ見て元気だし」

 

そう貸し出されたのは松浦亜弥のミュージックビデオのDVDでした。

 

これがきっかけとなり劔は

「ハロー!プロジェクト」のアイドルに夢中になっていきます。

 

ハロプロに夢中になっていく中で

イベントで知り合ったコズミンら個性的な仲間たちと出会う事になります。

 

彼らと知り合った事で、くだらなくも楽しい青春を謳歌していく事に。

 

きっかけはアイドルのミュージックビデオでしたが、

あなたも好きな事や夢中になれる物が一つはあると思います。

 

個人的には書籍を読んだり模型を作ったりするのが落ち着けて楽しい時間です。

 

人によっては音楽を聴いたりダンスをしたり歌ってみたりと色々あると思いますが、

今作を見て夢中になった「あの頃」の熱い想いを再び思い出してみて下さい!

 

映画「あの頃」はハロプロがテーマじゃない?友情がメインテーマ?

 

きっかけは友人から渡されたアイドルのミュージックビデオ。

 

このおかげで

かけがえのない仲間を得る事ができました。

 

 

一見するとハロプロオタクとその仲間達の物語と見えなくもないですが、

 

その実はかけがえのない仲間との色あせる事のない青春の日々や友情のストーリーなんです。

 

自分には何も無いと感じていた毎日。

そんな時に出会った、共通の趣味を持ちバカ騒ぎ出来る仲間との日々。

 

控えめに言っても最高の毎日ですよね。

 

時間が経ち大人になるにつれ距離が出来てしまう事もあるでしょう。

 

しかし、共にバカ騒ぎして楽しんだ時間や

仲間の存在が無くなるわけではありません。

 

ふとした時に連絡を取り合い飲みに行ったり、

遊びに行ったりする時があなたにもありますよね?

 

僕もいまだに学生時代の友人とカラオケ行ったり飲みに行ったりして遊んでいます。

 

今作はかけがえのない仲間との友情がテーマの胸熱で泣ける最高の作品です!

皆さんもこの機会に昔からの仲間や友人を誘って「あの頃」の日々を思い返してみて下さい!

 

 

 

映画「あの頃」は泣ける?最高の「あの頃」を思い出せてほっこりできる?

 

青春時代を共に過ごした仲間の為に、

再び集まって仲間を心配し、何かできる事はないかと必死に考え行動している姿。

 

これには、込み上げてくるものがあり泣けます。

 

青春の日々を共に過ごし、

同じ趣味を思う存分に楽しんでいたあの頃。

 

いつしか時は経ち青春の日々と同じくらい、

大切なものを見つけていく仲間達。

 

その仲間の一人であるケチで下ネタ好きなコズミン。

 

彼がガンに冒されている事が分かります。

 

そんなコズミンを励ます為、仲間達が再び集まります。

 

しかし、再会した喜びも束の間コズミンは・・・。

 

 

皆さんにも大切な人や家族がいると思います。

中には大切な人を亡くしてしまった人も・・・

 

個人的にも大好きだった祖母が亡くなった時は、

周囲を気にせず悲しくて泣きまくりました。

 

でも、そんな祖母との楽しかった思い出や時間は

今でも色あせる事無く確かにこの胸の中にあります。

 

今作は今も変わらない大切だという気持ち。

 

そして、「あの頃は滅茶苦茶楽しかったな」

楽しかった日々や時間は色あせる事無く存在しているという事を思い出させてくれます。

 

あなたが大切で楽しかった最高の「あの頃」を今作を見て思い出してください。

そして友人や仲間、家族と一緒に泣いて笑って思いっきり楽しんで下さいね!

 

映画「あの頃」で仲間や友情について思い出せたしうらやましいという感想

予告を見た人は楽しそうに感じて期待の声がかなりありますね。

試写会を見たという方も、

共感したという声が非常に多いです。

 

「夢中になってたあの頃」

 

それを感じた人には、かなり見たくなる作品だと思います。

 

共通の考えを持った仲間がいるって幸せですよね。

 

人生を最高のモノにする一つのカギでもあると思います。

 

僕もバカ騒ぎしたあの頃を思い出すと

なんだかホンワカした気持ちになりますね。

 

もうみんな、頭が輝きだしていますが(笑)

何か感じるものがあると思った方はぜひ見てほしい映画ですね。

 

元気を貰えるはずです!

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「あの頃」はハロプロがテーマじゃない?友情が泣ける人生ドラマ?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

きっかけはアイドルからはじまる同じハロプロオタク仲間の話かなと思ってしまいますよね。

しかし、テーマは懐かしくも楽しかった仲間とバカ騒ぎした友情だと思います。

今作を切っ掛けに皆さんも久しく連絡を取ってなかったりした友人に声をかけてみて下さいね。

 

こちらも大人気公開中です。

気になってはいませんか?

映画「花束みたいな恋をした」は誰と見たらいいの?一人でも見ずらい?評価感想をまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る