映画「スタンドバイミードラえもん2」は泣けるけど前作ほど泣けない?評価感想をまとめ!

映画




国民的アニメ「ドラえもん」が

3DCGアニメーション映画として帰ってきました。

 

前作で大ヒットした「STAND BY ME ドラえもん」の「のび太の結婚前夜」から

翌日の結婚式当日を描いた物語です。

 

いよいよのび太くんとしずかちゃんが結婚するのですが、

結婚式当日、のび太は結婚式から逃げ出してしまう事に・・・。

 

ジャイアンやスネ夫たちとの友情。

 

そして、のび太くんのおばあちゃんも登場します。

 

「ドラ泣き」再びとなるのか?

いち早く映画を見た人はどう感じたのか気になりませんか?

 

ここでは、

・映画「スタンドバイミードラえもん2」は泣けて面白い?前作ほど泣けないし微妙?

・「STAND BY ME ドラえもん2」がドラ泣きできるし面白いという評価感想

・「スタンドバイミードラえもん2」は泣けない!原作改変やCGが合わないという評価感想

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「スタンドバイミードラえもん2」は泣けて面白い?前作ほど泣けないし微妙?

 

「STAND BY ME ドラえもん2」は泣けるし面白い物語になっているのか?

 

結論から言いますと、

 

「ドラ泣きできます!」

 

特に後半の20分から30分は涙腺崩壊となるでしょう!

 

 

ただ、今作はフラットに見れるかがカギとなるかもしれません。

 

 

何故かと言うと、

 

原作である2つの物語を組み合わせているので

原作を大切に考えている方には違和感が出るからです。

 

STAND BY ME ドラえもん2は「オリジナルのストーリー」

原作とは切り離して、素直に見れれば、

友情もしずかちゃんを想うのび太の結婚式も楽しめます。

 

スタンドバイミードラえもん2は大人向け?子供は楽しめない?

 

スタンドバイミードラえもん2は総じて

大人向けの作品と言えます。

 

おばあちゃんとのやりとりや、

結婚式に関する物語なので

そこが理解できないと退屈な部分が出てくるからです。

 

お子さんのいるお父さん、お母さんなら大いに楽しめると思いますよ。

 

ですが、子供は全く楽しめないというわけではありません。

 

コミカルなシーンも散りばめられているので

そこは面白いと思います。

 

年齢による個人差は大きいでしょうが、

小学生以上ならある程度の理解もできて楽しめると考えます。

 

うちにも5歳の幼児がいますが、

この子が楽しめるかと言うと微妙です。

 

きっとシーンによって席を離れたり、また戻ったりを繰り返す事になりそう・・・。

 

お兄ちゃんは小学校1年生なのですが、

こちらは大丈夫です!

 

しっかり席に座って鑑賞できます!

 

お父さんは太鼓判を押します(笑)

 

あっ!

でも、前作の「STAND BY ME ドラえもん」が小さい子でも楽しめたなら

今作でも大丈夫だと思います。

 

 

 

「STAND BY ME ドラえもん2」がドラ泣きできるし面白いという評価感想

「スタンドバイミードラえもん2」は泣けない!原作改変やCGが合わないという評価感想

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「スタンドバイミードラえもん2」は泣けるけど前作ほど泣けない?評価感想をまとめ!』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作も「ドラ泣き」ができるという声が非常に多いです。

 

ですが、原作ファンにとっては賛否が分かれるのも事実です。

 

原作のキャラクターなら、そんな行動にはならない。

時間を逆行したり未来に行ったりでタイムパトロールはどうなってるの?

 

気になる点はかなり多いでしょう。

 

ですから、「新しい物語」と考えて批判しないで見る事が必要な方もいると思います。

 

せっかくお金も時間も使って見るんですから、

最大限に楽しんだ方が幸せだと考えます。

 

ぜひ小学生ぐらいのお子さんがいる方は、

子どもたちと一緒に楽しんでくださいね。

 

きっといっぱい疑問も出てくると思うので、

親子で語らうのは、また帰った後も楽しいと思いますよ。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「STAND BY ME ドラえもん2」は前作との違いはどこ?のび太の結婚前夜はどう描かれるの?

 

こちらも面白いと超話題の大人気映画!

あなたはもう見ましたか?

「鬼滅の刃」無限列車編はIMAXと通常版のどっちで見た方が楽しめる?見た人の感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る