「1917命をかけた伝令」公開後の評価感想!臨場感が凄くて面白い?眠くてつまらない?

映画




こんにちは。かみずです。

映画「1917 命をかけた伝令」

いよいよ公開されました!

 

今作品はイギリス兵の二人が、仲間である1600人を救う為に敵陣に身を投じていく姿を描いています。

 

全編をワンカット撮影という事も話題となっており、生々しいリアルな表現が売りと言えます。

公開前から評判がすごかった事もあり、実際に見た人はどう感じたのか?

気になりますよね。

 

ここでは、

・「1917命をかけた伝令」は臨場感が凄くて面白いの?表現が残酷でつまらないの?

・「ワンカット撮影の臨場感が凄くて面白い」と評価したのはなぜなの?

・「眠くなるほどつまらない」と評価したのはなぜなの?

について触れていきたいと思います。

 

 

「1917命をかけた伝令」を見た人の評価感想は臨場感が凄くて面白いのか?表現が残酷でつまらないのか

公開された「1917命をかけた伝令」

見た人の評価や感想は、

 

冒頭から最後まで緊張するほど凄まじい映像で面白い!」

 

そのような声で溢れており、大絶賛です。

 

戦場に放り出されたような感覚で、あまりの没入感に「どっと疲れる」という感想を持った方も多いようです。

それぐらい真剣に見入ってしまう映画という事ですね。

 

前評判から評価の高い映画でしたが、ここまで見た人を唸らせるとは・・・

実際に見た人の声も見てみましょう。

 

「1917命をかけた伝令」を見た人が「ワンカット撮影の臨場感が凄くて面白い」と評価したのは何でなのか

見た方の評価感想は大絶賛の嵐です!

 

「没入感が半端ない!」

「この映像どうやって撮ったの?!」

「凄すぎて、逆に見てるのがしんどい・・・」

 

圧倒されるという感想の声で溢れています。

 

今作品は映画館という大画面と最高の音響のインパクトで見ないともったいない映画です。

話題のワンカット映画の真骨頂というヤツを見に行きましょう!

 

 

「1917命をかけた伝令」を見た人が「眠くなるほどつまらない」と評価したのはなぜなのか

つまらないという意見はほとんどありませんでした。

辛うじて見つけたのが、上記になります。

 

「ワンカット」と謳ってはいますが、長回しの撮影をワンカットのように繋げる表現をしているというのが「ちょっとなぁ・・・」という意見がありました。

 

まあ、指摘されている通りに擬似ワンカットではあるんですがね。

 

ですが、ここまでワンカットという表現に振り切った作品は今までなかったという事や、CGに頼らないで描いたという事は素晴らしいと思います。

 

大多数の鑑賞者が称賛していますから、新感覚の映像を見せてくれたという事は間違いないでしょう。

あまり、ワンカットというフレーズに捕らわれず、素直に見れれば楽しめると考えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「1917命をかけた伝令」公開後の評価感想!臨場感が凄くて面白い?眠くてつまらない?」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品はまさに「そこ(戦場)」にいるような感覚にさせられる映画と言えるでしょう。

 

 

主人公の二人と一緒に銃弾の雨を駆け抜けるという感覚を味わえるなんて・・・

 

めっちゃ怖いですわ!

 

いつの間にか身体に力が入っちゃってて、映画が終わった後の疲労感が凄いようです。

体調を万全にして鑑賞する事をおすすめします。

 

この映画こそ、劇場で見るべき映画です。

より音響効果の高いシアターがあるなら、そちらを選んでの鑑賞がおすすめ。

爆音が苦手な方は注意してくださいね。

 

あと、戦争映画ですから、そういう映像も多いので苦手な方はそちらもご注意を!

 

では、ワンカットという新感覚の映像を一緒に楽しみましょう!

 

「1917命をかけた伝令」は子供でも見れるの?

対象年齢に伴う怖さやグロさについても気になりませんか?

映画「1917命をかけた伝令」は怖いしグロいので子供はトラウマ級?年齢制限や対象年齢を解説

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!