映画「ラーヤと龍の王国」で出てくるのはダンゴムシ?かわいいけどでっかい!登場する動物もまとめ

映画




映画「ラーヤと龍の王国」

「ラーヤと龍の王国」は2021年3月5日公開予定のウォルト・ディズニー制作のファンタジー作品です。

同日よりDisney+プレミアムアクセスでも公開となります。

 

ディズニー作品としては2019年の「アナと雪の女王2」以来、59作目の長編映画作品。

 

本作品はディズニーとしては初めての東南アジア系プリンセスを主役とするということで、

日本でも大きな注目を集めていますね。

 

また、ディズニー作品では可愛らしく魅力的な架空の生物やキャラクターが数多く登場していますが、「ラーヤと龍の王国」においてもたくさんのキャラクターが登場するんです。

公開となった予告動画やポスターなどでその姿が一部披露されています。

 

今回はその個性のあるキャラクターたちを中心に紹介していきたいと思います。

 

ここでは、

・映画「ラーヤと龍の王国」に出てくるかわいいのはダンゴムシ?アルマジロ?

・「ラーヤと龍の王国」のトゥクトゥクは王蟲を連想する?予想外に大きいのでびっくり?

・「ラーヤと龍の王国」で動物は何が出てくるの?登場する生き物を紹介!

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「ラーヤと龍の王国」に出てくるかわいいのはダンゴムシ?アルマジロ?

 

「ラーヤと龍の王国」日本版予告90秒【ディズニーのニューヒロイン誕生!】

 

まず、もっとも注目すべきキャラクターは

主人公ラーヤの幼い頃からの親友でもある、トゥクトゥクです。

 

見た目はダンゴムシのようであり、

アルマジロにも見える丸くて昆虫のような動きをする生物です。

 

ただ、大きさはダンゴムシやアルマジロの比ではなく、

馬ほどもの大きさがあり、またがって乗ることもできる大きさです。

 

予告動画ではトゥクトゥクの小さい頃の姿も登場しています。

 

前評判では“可愛い!”という声が多いようですが、

僕個人は動きが妙にリアルで昆虫っぽく、

少し気持ち悪いと感じてしまいました(笑)。

 

映画スタッフいわくトゥクトゥクは

“ふわふわした熊とアルマジロを掛け合わせた”

 

そんなイメージで生み出されたとのこと。

 

個人的に動きは気持ち悪いと感じてしまいました。

 

ですが、その表情などはとても可愛らしく、

子どもたちにも魅力的なキャラクターとなるのではないでしょうか。

 

特に小さい頃の姿を見ると、

「ペットにほしい」

そう感じた方もいるんじゃないかと。

 

でも成長したら、ちょっとペットにはできないですよね(笑)

 

 

 

「ラーヤと龍の王国」のトゥクトゥクは王蟲を連想する?予想外に大きいのでびっくり?

 

「ラーヤと龍の王国」本予告【本当の魔法は、信じあう心編】

 

予告で最初に出てくるトゥクトゥクは小さくて可愛らしいですが、

成長したトゥクトゥクは予想以上に大きいです。

 

成長したトゥクトゥクはラーヤがまたがって乗れるほどの大きさで、

かなりの存在感がありますよね。

 

メインポスターを見てもトゥクトゥクの存在感はかなりのものです。

 

ただ、存在感はあっても個人的には小さいトゥクトゥクは昆虫のようにも見えてしまい、

大きなトゥクトゥクの方が僕は可愛らしく見えます。

 

そして公開前、このトゥクトゥクを巡って、ネット上でひと騒動ありました。

 

このトゥクトゥクのフォルムや大きさから、

 

「風の谷のナウシカ」に登場する王蟲に似ている。

 

また、ストーリーのキーとなるキャラクターである龍のシスーが

 

「千と千尋の神隠し」に登場するハク様に似ている。

 

ジブリのパクリだ!

 

 

とちょっとした炎上騒ぎになってしまったのです。

 

もちろん、

“そんなに似ているかな?!”

そういう疑問の声も多くありました。

 

僕個人としては似ていると言われるまで、そんな連想には至らず、

言われれば似ている気もするけど…といった感想です。

 

ジブリが大好きという方には“パクリだ!”と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

それを聞いて、もしかしたら不快に感じるかもと思う方は予告動画に、

トゥクトゥクもシスーも多くの場面で登場しているのでチェックしてみてください。

 

ただ、どんな作品にも過去のなにかに影響されているものだとも考えます。

 

パクリと思えたなら

元となった作品が、それだけ素晴らしい作品という事ですよね。

 

ディズニー作品にも少なからず影響を及ぼすジブリは本当に凄いと思います。

 

「ラーヤと龍の王国」で動物は何が出てくるの?登場する生き物を紹介!

 

「ラーヤと龍の王国」スペシャル動画【ディズニーのヒロインが教えてくれる編】

 

それではトゥクトゥク以外のキャラクターを紹介していきましょう。

 

龍のシスー

シスーは、この物語の胆でもあるキャラクターです。

ラーヤの住む世界は、過去に世界を脅かした怪物が再び恐怖をもたらします。

世界を怪物から守る力を持つ龍がこのシスーです。

 

 

ストーリーの位置づけからも、その姿からのどこか神々しい存在というイメージを持ちますが、

その性格は天真爛漫でお茶目、だいぶイメージとはかけはなれていました。

 

それでもその幻想的なビジュアルはどこか惹きつけるものがあるキャラクターです。

 

3匹のオンギ

ラーヤと共に旅をする仲間、盗人ベイビー。

ノイの子分です。

白い猫、猿…狸のようなキャラクターです。

 

 

予告動画ではあまり登場しておらず、謎に包まれた部分も多いキャラクターです。

ビジュアルは可愛らしくもありますが、どこかひねくれたキャラクターと思わせるような顔つきをしています。

ラーヤと龍の王国に登場するトゥクトゥクやその他の動物についてネットでの声

予告を見た人のトゥクトゥクがかわいいという声が多いですね。

中には僕のようにちょっと苦手という意見も・・・。

ここは人によりますね。

龍のシスーも「超好み」とか「かわいい」という声もありますが、

高乃麗さんが声を当てているという事で見たいというつぶやきが多いですね。

高乃麗さんと言えば、僕はハンターハンターを思いだしますね。

サクラ大戦を思い浮かべる方も多いでしょう。

カッコいいイメージが強いですが、

今回のシスーは面白くてノリのいいキャラ!

 

どんな感じになるのか見てみたいですよね♪

きっと子供たちも楽しめる愛嬌あるキャラだと思うなぁ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ラーヤと龍の王国」はアルマジロ?かわいいけどでっかい!登場する動物もまとめ』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

魅力的な架空の生き物のキャラクターが多いディズニーの最新作「ラーヤと龍の王国」。

本作品も魅力的なキャラクターがたくさん登場します。

 

ストーリーは幼い子どもさんには難しいところもあるかもしれませんが、

このキャラクターたちが作る世界観で充分に楽しめる作品と言えるでしょう。

 

家族そろって鑑賞したい作品ですね。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「ラーヤと龍の王国」は子供は何歳から楽しめる?映画デビューに向いてる内容?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る