映画「新解釈三國志」は大泉洋とムロツヨシなので面白くないわけがない?見どころもまとめ

映画




映画「新解釈三國志」

今作は2020年12月11日に公開予定の日本映画です。

 

脚本と監督は福田雄一氏が務め、

福田氏が監督する作品では初出演となる大泉洋さんが主演となっています。

 

新解釈の元、劉備を演じる大泉洋さん。

 

そして、三国志と言えば忘れてはならない諸葛孔明をムロツヨシさんが務める今作。

 

面白さにかけては飛び抜けて素晴らしい演技をするこの2人が

一体どんな掛け合いをし、物語を盛り上げてくれるのか?

 

皆さんも公開が今から待ちきれないのではないでしょうか。

 

ここでは、

・「新解釈三國志」はキャストが大泉洋とムロツヨシなので面白いに決まってる?

・「新解釈三國志」で大泉洋が演じる劉備はずっとボヤいてるって本人そのまんま?

・ムロツヨシが天才軍師の諸葛孔明?奥さんは橋本環奈って新解釈すぎる?

について触れていきたいと思います。

 

 

「新解釈三國志」はキャストが大泉洋とムロツヨシなので面白いに決まってる?

 

新解釈で描かれる今作で劉備と諸葛孔明をそれぞれ演じる大泉洋さんとムロツヨシさん。

 

 

この二人が演じていて、しかも新解釈ともなれば

 

やっぱり、面白くないわけがありません!

 

 

大泉洋さんと言えば、「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男や

「探偵はBARにいる」で主演・探偵役等皆さんも良く知っている作品に多数出演していますね。

 

中でも北海道発のバラエティ番組「水曜どうでしょう」で大泉洋さんを知ったという人も多いのではないでしょうか。

 

毎回、ディレクターや周囲の関係者に騙されたり

無茶ぶりをされ怒ったりぼやいたりしている姿には笑わずにはいられません。

 

僕的には大泉さんはある意味「最強のタレント」だと思っています。

 

だって、あんな笑いをお茶の間に届けられる人って

大泉さんしかいないと思うからです。

 

先日、地上波で大泉さん主演の「こんな夜更けにバナナかよ」も放送されましたよね。

僕もめっちゃ笑って涙も凄く流せました。

 

最初はめっちゃ腹が立つんですが、

いつの間にか、憎めないヤツになってるんですよね。

 

今作は笑いに大きく振っていて、大泉さんにしかできない劉備が見られます。

ラストは「かっこいい」姿も見れるようですよ!

 

まぁ、9割はかっこ悪いそうですが(笑)

 

大泉さんファンなら見逃せないですよね!

 

 

そして、ムロツヨシさんも「踊る大捜査線」「俺はまだ本気出してないだけ」「実写版 銀魂」等の有名作品に出演しています。

その中でも2011年に低予算で制作されたにも関わらず爆発的な人気を博した

「勇者ヨシヒコシリーズ」でのメルブ役は正にはまり役といえる程の面白さでした。

 

当時、放送時間帯は遅かったものの、あまりの面白さに

放送が待ち遠しくて眠気と闘いながらも起きていたのを思い出します。

 

そんな2人が三国志での有名な役を演じるというのですから、

そりゃあ、面白いに決まっています!

 

あなたもそう思いませんか?

 

 

 

「新解釈三國志」で大泉洋が演じる劉備はずっとボヤいてるって本人そのまんま?

本作の予告動画にもあるように、一見真面目に見える劉備ですが

事ある毎にツッコミを入れボヤキまくっています。

 

そもそも大泉洋さんと言えばキレのあるツッコミとボケ、そしてボヤキですよね。

 

確かにシリアスで真面目な役柄を演じる事もありますが、

個人的には「水曜どうでしょう」での大泉洋さんのイメージが強いです。

 

テレビ番組に出演している際にもみせるボヤキは

もう大泉洋の代名詞と言ってもいいのではと思っています。

 

史実の様な人徳があり一国の王としての姿を見せたと思ったら、

急にコメディー要素が出てきたりと大泉洋さんの真骨頂が垣間見れます。

 

 

歴史好きな方や三国志をよく知る方なら、

 

こんなの劉備じゃない!

 

そう思うかもしれません。

 

いや・・・そう思うでしょう!

 

個人的にも最初、予告動画を見た時には

確かに同じような感想を抱きました。

 

ただ、福田氏自身は

例えば「劉備であれば”水曜どうでしょう”内での大泉洋さんのような将軍らしい事を口にしないのではないのか」という解釈のようです。

 

ですので、大泉洋さんのキャラがそのまま劉備になった様に感じられ

ボヤいている所は見慣れた姿となっています。

 

ちなみに、福田氏は

「劉備を大泉がやらないなら撮影する必要がなく、スケジュール調整に3年を要してまでも撮影したかった」とも語っています。

 

それだけ、「大泉洋」というキャラクターで三国志を撮りたい!

 

その想いが強かったという事ですよね。

 

自分の願望をこの豪華キャストで具現化したというのは、

ある意味、「贅沢」な作品と言えるでしょうね。

 

ムロツヨシが天才軍師の諸葛孔明?奥さんは橋本環奈って新解釈すぎる?

 

三国志にて名立たる武将達と並ぶ程の知名度と人気を誇る諸葛亮

そしてその諸葛亮に様々な知識を伝授し才女としても知られる妻の黄 夫人

(「黄月英」(こう げつえい)・「黄婉貞」(こう えんてい)という名も一般的に知られていますが、史書に名が残っておらず実名ではないとされています)。

 

この2人をムロツヨシさんと橋本環奈さんが演じるというのは

 

さすがに新解釈と言わざるをえないですよね。

 

諸葛孔明と言えば知略に長け落ち着いた紳士のような人物であり、

その妻・黄夫人も才女とされ落ち着いた大人の女性であると個人的には思っています。

 

そんな、諸葛亮をムロツヨシさんが演じると

「凄く今風な考えをしたノリノリでイケイケなおじさま」になってしまっています。

 

予告動画で「ネバギバ」

 

そう言っているのを聞いた時は思わず吹き出してしまいました(笑)

 

黄夫人も橋本環奈さんが演じるとなると

美しい女性という点は史実と合致するのですが、

こちらも結構ノリノリで明るい今時の女性といった感じに表現されています。

 

でも、最初こそ少し違和感を覚えましたが、

繰り返し見ていると意外とアリだなと思えてきました(笑)

 

というのも、人物像のイメージが書籍やゲームから得たものなので

新解釈で制作された本作を見ていると実は劉備や諸葛孔明はこんな人物だったのではと思えてくるので不思議です。

 

意外とこの様な考えを持っている方も少なくないのではないでしょうか?

 

これらの点を含めてもムロツヨシさんが諸葛孔明で

妻の黄夫人を橋本環奈さんが演じるという所は流石新解釈と言えます。

 

 

「新解釈三國志」について面白いと期待するネットでの声

「見たい」という声で溢れています。

三国志だけど気軽に見れるという感じがするコメントが多いですね。

やっぱり大泉さんとムロツヨシさんのタッグに興味津々な方がたくさんです。

 

三国志を何にも知らないけど絶対見るという方もいます。

 

普通、歴史物なら知識ゼロだと楽しめないと思います。

 

ですが、今作は「新解釈」

めっちゃ笑いながら、三国志も大枠でわかっちゃう?!

ので、知識として取り込むにも良いかもしれません。

 

2人が好きな方なら絶対楽しめます。

 

他の俳優さんも、かなり濃い演技をしてますからね。

まさに見どころ満載です!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「新解釈三國志」は大泉洋とムロツヨシなので面白くないわけがない?見どころもまとめ』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

よく知っている方も多い三国志の物語ですが、

解釈が違えばここまで違って見えてくるのかと驚かされると思います。

大泉洋さんやムロツヨシさん、その他豪華キャストが様々な役で出演しています。

 

皆さんも是非映画館に足を運び新しい三国志の物語を目撃して下さい。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「新解釈三國志」の評価感想!面白いけどくどい?三國志好きにはつまらない?

 

こちらの映画も

気になってはいませんか?

映画「サイレントトーキョー」の評価感想!渋谷の爆破シーンが凄い?内容に深みが無いので退屈?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る