「がんばれいわロボコン」で汁なしタンタンメン役って何?なぜ料理が地球規模の大騒動に?

映画




 

石ノ森章太郎さん原作の映画「がんばれいわ!!ロボコン」が20年ぶりに復活します!

僕としては、ロボコンと聞くと昭和のイメージがめっちゃ強いです。

 

20年ぶりという事は平成にもロボコンやってたんですね。

あったような気はしますが・・・。

そんなレベルでスミマセン。

 

さて、

今作のロボコンは

「がんばれいわ!!ロボコン」

タイトルから既に何かやばい感じが・・・(笑)

 

そして、サブタイトルが、

“ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!! の巻”

・・・

わけわからん!

 

ここでは、

・映画「がんばれいわロボコン」でキャラクターの汁なしタンタンメンって何のこと?

・汁なしタンタンメンの声優が鈴村健一?!

・なぜ不思議なタイトルやストーリーになってるの?

・「がんばれいわロボコン」のタイトルやストーリーについての評判

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「がんばれいわロボコン」でキャラクターの汁なしタンタンメンって何のこと?

 

今作「がんばれいわロボコン」では、お手伝いロボットのロボコンが中華屋で働く事に!

そこで、中華屋の息子・ヒロシと、トルネード婆々のもとへ出前に行きます。

その出前で注文されたのが「タンタンメン」

出前に行ける嬉しさのあまり、「タンタンメン」が入ったオカモチを振り回すロボコン!

 

すると・・・

 

タンタンメンは、

 

汁なしタンタンメンに!

 

・・・

 

 

汁なしタンタンメンがキャラクターという事は、

汁なしにされたタンタンメンが怒って、ドタバタ劇に発展するという事でしょうか?!

 

「地球規模の大騒動」という展開になるようですが、

ただの料理がどんな力を持ってしまうのか、もうわけわからんです。

 

出前を注文したトルネード婆々っていうのも誰なのか気になります(笑)

 

すでにツッコミどころ満載ですよね。

汁なしタンタンメンがどんな姿で登場するのか期待?!しましょう。

 

 

汁なしタンタンメンの声優が鈴村健一?!

ロボコンにタンタンメンから「汁なしタンタンメン」にジョブチェンジされた役を務めるのが、

鈴村健一さんです。

 

僕は「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」のシン・アスカ役のイメージが強すぎて、

「汁なしタンタンメン」の人格がシンになってます(笑)

 

あの声で、文句を言いまくる「汁なしタンタンメン」を想像してしまうんですが・・・。

 

そういうキャラなのか?

 

「汁なしタンタンメン」のビジュアルがまだわからないので、続報に期待します。

胴体がラーメンどんぶりなのかな?

 

あなたはどんなキャラを想像しますか?

なぜ不思議なタイトルやストーリーになってるの?

ロボコンといえば、コメディタッチのロボット作品ですよね。

昭和からのギャグを引き継いだタイトルや物語と言えると思います。

 

そして、今作の脚本が、

 

浦沢義雄さん

 

という事が、この不可思議なタイトルや物語を納得させる物と言えますよね。

 

「浦沢ワールド」とも呼ばれているようです。

 

シュールでギャグ満載の脚本を書く事で有名な方。

 

全作の脚本に携わった下記の作品のタイトルを見ると、なんとなくわかりますよね。

・美少女仮面ポワトリン

・ペットントン

・不思議少女ナイルなトトメス

 

どうやったら、こういうタイトルが思いつくんでしょう?

 

「がんばれいわロボコン」のタイトルやストーリーについての評判

タイトルに疑問の声で溢れています(笑)

でも、浦沢さんの脚本で納得という方も多いですね。

それにしても、謎なタイトルですよね。

やっぱり汁なしタンタンメンはロボコンの敵になってしまうんでしょうか?

どんなこじれ方をするのか楽しみです(笑)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『「がんばれいわロボコン」で汁なしタンタンメン役って何?なぜ料理が地球規模の大騒動に?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

昭和、平成、そして令和と続く「ロボコン」

親子で楽しめる作品ですよね。

 

僕の息子や娘も、たぶんこういうの好きだと思うんで一緒にみたいなぁ。

映画館に行ける環境に早くなる事を祈ります。

 

この状況にこういうほのぼの笑える作品って良いと思いませんか?

 

こちらの映画も話題作です!

「ストーリーオブマイライフ若草物語」は感動して泣ける?期待した程でもない?

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ホームへ戻る