映画「土竜の唄FINAL」は子どもと見ると後悔する?何で小さな子は見ない方がいいの?

映画




映画「土竜の唄FINAL」

今作は高橋のぼる氏の人気コミック「土竜の唄」を実写映画化した作品です。

 

連載開始から人気に火が付き、

ファンも大勢いますよね。

 

個人的にもこの作品の大ファンでもあります!

 

内容がぶっ飛んでてホント楽しいですからね♪

 

しかし、ある意味ここで気になるのが今作の内容です。

 

作品を知っている人なら分かると思いますが、

まぁまぁ過激かつチョット下品な描写もあります。

 

そんな今作を子供に見せても大丈夫なのか?

それともやっぱり見せない方がいいのか?

 

あなたも少しでも今作を知っているなら悩む所かもしれません。

 

なので今回はこの点について調べてみたので解説しますね!

 

この記事を読めば、

果たして子供に今作を見せても大丈夫なのかが判断できると思いますよ。

 

それでは、

・土竜の唄FINALは子供は見れない?安易に一緒に見ると親は後悔するってなぜ?

・土竜の唄ファイナルは直接的な表現はないけど過激?どんなシーンがヤバイの?

・土竜の唄ファイナルの対象年齢はいくつぐらい?年齢制限は無いよね?

について触れていきたいと思います。

 

 

 

土竜の唄FINALは子供は見れない?安易に一緒に見ると親は後悔するってなぜ?

 

土竜の唄FINALは

映倫から特に何の指定も受けていないので、誰もが見れて楽しめます。

 

人気コミックが原作なだけあって、

内容も面白く思わず笑ってしまうシーンがあるのも魅力。

 

しかし、主人公が潜入捜査官であり凶悪な犯罪組織・数寄矢会に

潜り込むにあたっては少々過激な描写があるのも事実。

 

大人が見る分には面白く楽しめると思いますが、

これが小さな子供となるとちょっと事情が変わってきます。

 

別にトラウマになるような

怖いシーンがあるわけではないですよ?

 

ただ、子供が真似しそうな下品かな?

そう思われる場面が多いのです。

 

今作を見るにあたって唯一気を付けない点があるとすればこの点。

 

子供なら真似しちゃいそうな面白シーンが少々下品で、

見るだけなら笑って楽しめますが真似するとなると話は別。

 

安易に面白いコミック作品の劇場版として見ると

大げさかもしれませんが後悔するかも。

 

なのであなたも子供と見る時にはその点に注意しつつ、

必要なサポートをきちんとしてあげる必要があります。

 

 

土竜の唄ファイナルは直接的な表現はないけど過激?どんなシーンがヤバイの?

 

今作は特に指定を受けているわけではないので、

激しい流血シーンや暴力シーンはありません。

 

しかし直接的な表現が無いだけで

見ようによっては過激と感じるシーンは確かにあります。

 

拳銃を撃つシーンや集団での乱闘。

見ようによっては過激と映ります。

 

そんな中でも個人的に過激かなと思う場面は、

「裸のシーンが多い事」

 

さすがに全裸が映し出されるわけではないですが、

結構ギリギリです(笑)

 

下着一枚の場面なんかも普通にあります。

 

どちらかと言うと、こういった場面こそ直接的でないにしろ過激と言える点。

 

それに裸で貼り付けにされているシーンなんて、

控えめに言ってもヤバイですよね(笑)

 

後は女性の役者さんによるお色気シーンも気になります。

 

直接的に描かれはしませんが、

動きがヤバイかもしれません。

 

前作では、そういう匂わせるシーンがありましたからね。

 

なので今作は一般的な過激とはチョット趣向が違い、

普通に考えたらあり得ないよね?

 

と、いったシーンが多い事が過激・ヤバイと言われる要素です。

 

 

土竜の唄ファイナルの対象年齢はいくつぐらい?年齢制限は無いよね?

 

前述の通り今作は特に指定や制限はありません。

子供から大人まで笑って楽しめる面白い作品と言えます。

 

しかし、子供にはあまり見せたくないシーンがあるのも事実。

 

その点を踏まえて

個人的には12歳~13歳くらいからがいいのでは思います。

 

ですの小学校高学年から中学生ぐらいとなりますね。

 

この年齢ぐらいからなら

そりゃあもうめっちゃ楽しめます!

 

内容にしてもトラウマに繋がるような

過激さは今作にはありません。

 

あっても集団での乱闘シーンや拳銃が出てくるくらいです。

 

普通に考えればそこまで注意しなくてもいい所。

 

しかし、気になるのが

裸などの肌の露出が多い点。

 

子供なら思わず真似しちゃいそうなシーンが多いんです。

 

お色気シーンも、親としては気まずいですよね。

 

なので、これらの点を踏まえて

対象年齢は12歳~13歳くらいからが妥当だと考えます。

 

 

土竜の唄の下ネタや過激な表現について試写会やネットでの声

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「土竜の唄FINAL」は子どもと見ると後悔する?何で小さな子は見ない方がいいの?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作は誰もが楽しめる面白い作品です。

 

ただし、内容や描写の観点から

あまり小さい子供に見せるのは避けた方がいいかも。

 

あなたも子供と一緒に見る際にはそういった点を吟味して見せてあげて下さいね!

あまり安易に見せると後から後悔する可能性があるので。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「土竜の唄FINAL」は前作を見てないけど楽しめる?見る前に予習は必要か解説

 

こちらのディズニー最新作も話題です!”

気になってませんか?

映画「ミラベルと魔法だらけの家」は字幕と吹替どっちが楽しめる?両方見るならどっちから?

 

こっちのアクションも話題の続編となります!

気になってませんか?

映画「ヴェノム2」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?通常版は見ない方がいい?

 

激しいアクションの後は

こちらでほっこりしませんか?

劇場版「きのう何食べた?」は面白いし泣けるし笑える?ドラマと内容が同じで普通?評価感想もまとめ

 

こちらのマーベル最新作も圧倒的スケールで凄いですよ!

映画「エターナルズ」は面白いし笑えるし泣ける?内容が微妙で面白くない?評価感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)