映画「ヴェノム2」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?通常版は見ない方がいい?

映画




映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」

 

待ちに待ったダークヒーローの傑作。

「ヴェノム」の続編がいよいよやってきました!

 

主人公エディと彼に寄生するヴェノムが

どんな共同生活をしているのか?

 

そして、新たな敵とどんなバトルを繰り広げるのか?

 

映画館で見るのがめっちゃ楽しみです♪

 

しかも、今作は鑑賞方法も複数あり

楽しみ方の幅も広がります。

 

個人的にも鑑賞方法が複数ある時には

どれで見ようかワクワクしながら頭を悩ませてます(笑)

 

あなたはどうですか?

劇場で同じようにワクワクしながら選んでいるのでは?

 

今回はそんな鑑賞方法について調べてみたので解説しますね!

 

この記事を読めば

どの鑑賞方法があなたに合っているかの判断材料になると思います。

 

ここでは、

・映画「ヴェノム2」はIMAXと4DXどっちで見た方が楽しめるの?

・映画「ヴェノム レットゼアビーカーネイジ」をIMAXで見るメリットやデメリット

・「ヴェノム2 カーネイジ」は4DXや4DMXで見た方がいい理由や見ない方がいい人

・「ヴェノム2」は通常版は見ないでいい?それとも十分に楽しめる?

「ヴェノム」の1作目が4Dで劇場公開中!見逃さないで!

について触れていきたいと思います。

 

 

 

映画「ヴェノム2」はIMAXと4DXどっちで見た方が楽しめるの?

 

映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は

IMAXと4DXどっちで見た方が楽しめるのか?

 

今作は前作「ヴェノム」の続編です。

 

最新の映像技術により高画質・高精彩な表現をする

IMAXで見るのもとってもいいと思います。

 

 

しか~し!

 

しかしですね!

 

今作は個人的に

「4Dでの鑑賞を強くオススメします!」

 

ゴリゴリのアクションとまではいかなくても、

今作はかなり派手で過激な描写が多数あります。

 

もちろん、アクションについても流石マーベル作品。

 

文句のつけようがない程、ワクワク・ドキドキさせられます!

 

そんな体験をりリアルに感じられ

肌で体験できるのは4Dをおいて他にありません。

 

特にヴェノムがその身体能力で動き回る様子や、

敵との戦闘はまさに4D向けと言えます。

 

ヴェノムは4D上映の中でも

特に激しい効果を持つ作品なんですよ。

 

確かに映像も音楽も臨場感がありそれだけでも気分を高めてくれます。

 

それを更に強く体感できるIMAXも本当に捨てがたいんですけどね・・・。

 

その上で

今作は4Dでのリアリティ体験をオススメしたい!

 

あなたも自身がヴェノムになった様な気分を

4Dで是非味わって下さい!

 

 

映画「ヴェノム レットゼアビーカーネイジ」をIMAXで見るメリットやデメリット

今作をIMAXで見る最大のメリット。

それは通常とは違うスクリーンと音響です。

 

IMAX対応のスクリーンは

通常と比べてかなり大きく対応するアスペクト比も全く違います。

 

その映し出される映像美は4Kを上回り8Kに迫るもの。

 

そして音響に関しても、

専用にチューニングされたスピーカから響き渡る迫力あるサウンド。

 

 

この二つが合わさる事で、

最高の没入体験を味わう事ができます!

 

個人的にも予告で見た映像が

更に高画質になるのかと興奮が抑えきれません!

 

特にヴェノムの特徴あるボディ、

人の状態からヴェノム化する

変化のシーンなんかはハッキリと違いが分かる所。

 

 

しかし最高の体験が出来る反面、デメリットも存在します。

 

それはIMAX鑑賞出来る劇場が

国内に2ケ所しかない事です。

 

それは109シネマズ大阪エキスポシティと、

東京・池袋のグランドシネマサンシャイン。

 

この2カ所のみ

本来の意味でのIMAXを楽しむ事ができる設備を持っています。

 

「最強のIMAXを見る事の出来る劇場は限られている」

 

これが最大のデメリットと言えます。

 

まあ、この2つを現実的に見に行けない僕としては

通常のIMAXで十分楽しめているので、そんなに問題にもしてませんけどね。

 

とにかくIMAX、最高です!

 

 

「ヴェノム2 カーネイジ」は4DXや4DMXで見た方がいい理由や見ない方がいい人

 

今作を4Dや4DXで見た方がいい点。

 

それは自分がまるで映画の世界に降り立った様な体験ができる事。

そして今作をアトラクション感覚で楽しめる事。

 

これに尽きます!

 

こういった楽しみ方をしたい人には

ピッタリの鑑賞方法と言えるでしょう。

 

ヴェノムと言えばその驚異的な身体能力。

 

豪快なアクションや

高所を飛び回ったりとトリッキーな動きが目立ちますよね。

 

4Dではそういった動きに合わせてシートが動き、

五感を刺激する独自のシステムが更に臨場感を高めてくれます。

 

それはアトラクションを楽しむ感覚に近く、

かつ映画の世界観を肌で感じられる圧倒的なリアリティ体験をあなたに与えてくれます。

 

 

しかしその反面、

かなり激しく動くシートによって気分が悪くなる人もいます。

 

なので乗り物に弱い人、

そして作品に集中したい人にはちょっと向かない鑑賞方法と言えます。

 

後、身長が100cm未満の人は

安全上の観点から見る事が出来ないので注意して下さいね!

 

 

「ヴェノム2」は通常版は見ないでいい?それとも十分に楽しめる?

ヴェノム2は4Dがいいんだよね?

だったらは通常版は見ないでいいでしょ?

 

そう思いますよね。

 

この点に関してはチョット悩んじゃいますよね?

だって特別な見方があるなら通常版なんて見なくても平気じゃん!

 

って、誰もが思う所。

 

 

でも、そんな事もないんですよ。

 

通常版でもちゃんと見る価値はあります。

 

だって前述のIMAXや4Dは

見る為に対応した映画館を探してそこまで行かないとダメです。

 

しかもそれが近所ならいいですが、

遠くだった場合それだけお金もかかっちゃいますよね?

 

ただでさえ、IMAXや4Dは

通常版と比べて鑑賞料金が高いです。

 

そこに更に交通費までかかるなんて

気軽に楽しめる映画からはチョットかけ離れてますよね?

 

それが通常版だと

近所のいつも行っている映画館でいいわけですよ!

 

今作の様なアクション大作を

身近で手軽に楽しめる。

 

まさに家族や友人・知人と見に行くには

打って付けの方法と言えます。

 

コスパも最強ですからね。

 

なので通常版だからといって見なくていいわけではなく、

逆に手軽に今作を楽しめて尚且つお財布に優しい最高の鑑賞方法のひとつと言えます!

 

 

ヴェノム1が4DXで上映中!カーネイジを見る前に最高の4DXを体験しよう!

 

現在、ヴェノム2公開前に

1作目のヴェノムがリバイバル上映されています!

 

しかも4DXで!

 

ヴェノムを劇場で見れなかったあなた!

 

チャンスです!

 

この機会を逃さないで!

 

 

ヴェノムの4DXは控えめに言って最高ですよ。

まさに4Dのために作られたと言ってもいいほどです。

 

めっちゃ楽しいですから

上映期間の限られるこの機会にヴェノムを鑑賞してみてはどうでしょう?

 

すでに多くの声が上がっています!

 

 

ヴェノム2 カーネイジを4DXで見る事に関する声

 

 

レットゼアビーカーネイジをIMAXで見る事に関する声

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ヴェノム2」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?通常版は見ない方がいい?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

最近では鑑賞方法が複数あるのが当たり前になってきましたよね?

 

それに伴って自分がどの見方をすればいいのか、悩みの種になっているのも事実。

 

ちょっとだけ興味があるから通常版で見てみよう。

 

いやいやヴェノムの唾液を4Dで浴びるんじゃ~!

 

何言ってるの?!IMAXが最高にテンション上がるでしょうが!!!

 

人それぞれ、見る価値をどこにおくのか違いますよね。

 

是非、あなたに合った見方を探して今作を楽しんで下さいね!

 

僕は4DXに突撃してきまーす!

ヴェノムを唾液を浴びたい!

 

それではっ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「ヴェノム2」はポストクレジットまで見ないと大損?エンドクレジットとは違うの?

 

こちらのディズニー最新作も話題です!”

気になってませんか?

映画「ミラベルと魔法だらけの家」は字幕と吹替どっちが楽しめる?両方見るならどっちから?

 

激しいアクションの後は

こちらでほっこりしませんか?

劇場版「きのう何食べた?」は面白いし泣けるし笑える?ドラマと内容が同じで普通?評価感想もまとめ

 

こちらのマーベル最新作も圧倒的スケールで凄いですよ!

映画「エターナルズ」は面白いし笑えるし泣ける?内容が微妙で面白くない?評価感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)