映画「エターナルズ」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?通常版は見ない方がいい?

映画




映画「エターナルズ」

 

今作は2021年11月5日公開予定

マーベル・スタジオが新たに送り出すヒーローチームの物語となっています。

 

「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に

エターナルズの活躍を描いた今作。

 

マーベル作品のファンとしては気になりますよね。

 

そして今作も類にもれず鑑賞方法が複数あります。

こうなってくると個人的にもどれで見ようか悩む所(笑)

 

あなたもどうやって見ようか決めかねてはいませんか?

 

せっかく見るなら最高の状態で見たいですよね!

 

なので今回はどの見方で見るのがいいのか?

一番楽しめる上映方式は何?

 

この辺りが気になったので調べてみました!

 

この記事を読むと

複数選べる上映方式の中で自分は何を選択すればいいのかが判断しやすくなると思います。

 

それでは、

・映画「エターナルズ」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめるの?

・映画「エターナルズ」をIMAXで見るメリットやデメリット

・「エターナルズ」は4DXや4DMXで見た方がいい理由や見ない方がいい人

・「エターナルズ」は通常版は見ないでいい?それとも十分に楽しめる?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「エターナルズ」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめるの?

 

「エターナルズ」予告【地球滅亡まで残された時間は7日間。編】

 

今作はマーベル・スタジオ待望の最新作という事もあり、かなり注目を集めています。

 

映像も最新技術が使われていて美麗且つ迫力満点!

 

そして今作にはIMAXと4Dの上映方式があります。

どっちで見た方が楽しめるのか?

 

結論から言います。

 

この最新技術の利点を活かした鑑賞方法は

IMAXをおいて他にありません!

 

IMAXですよ!

 

 

もちろん、アクションシーンもかなり作り込まれているので

4Dで見るのも捨てがたいです。

 

まるで自分が作品の中のヒーローになったような体験ができるのは4Dならでは。

 

しかし、その上で個人的にはIMAXを推しますね!

 

音楽も壮大な印象を受け、

そこに美しい映像とくればIMAXの大きなスクリーンと専用音響は外せません。

 

あなたも予告を見れば、

今作のようなアクション大作は大きなスクリーンでの迫力ある体験がしたいと思う事でしょう。

 

ですので、4Dで見るのもアリだと思いますが

個人的にはIMAXでの鑑賞を強くオススメします!

 

 

映画「エターナルズ」をIMAXで見るメリットやデメリット

 

「エターナルズ」★【エターナルズ、アッセンブル⁉編】

 

IMAXで今作を見るメリットは何なのか?

 

それは通常よりも大きなスクリーンに

IMAX専用にチューニングされた音響設備にあります。

 

映し出される映像は4Kを超えて8Kに迫る美しさです。

 

さらにここにダメ押しで重厚な音響効果が加わります!

 

今作はその映像の綺麗さから

髪の毛一本からまつ毛のきめ細かさまで鮮やかに映し出されています。

 

初めてIMAXを見た人は息が漏れるほどうっとりするでしょうね。

 

そして、それはアクションシーンにも言える事で、

エフェクトなどの表現も非常に美しいです!

 

まさに今作に合った最高のシチュエーションだと言えますよね。

 

音に関してもほんの小さな音から迫力ある音まで、

幅広い音域をカバーしています。

 

通常のシアターでの音も自宅での環境が大きく異る事はあなたも知っているでしょう。

 

でも、その通常のシアターでの音の更に上に行く「豊かな音の表現」

 

鼓膜を震わす最高の音楽と眼前に広がる迫力ある映像!

 

早くそれを感じたくて、考えるだけでワクワクしてしまいますよね!

 

 

ただし、このIMAXの選択にもデメリットは存在します。

それは何なのか?

 

国内でIMAX本来のアスペクト比に対応したスクリーン。

これを備える映画館が限られている事なんです。

 

109シネマズ大阪エキスポシティ

東京・池袋のグランドシネマサンシャイン

 

この2カ所が対応した映画館になります。

 

IMAXの最高のポテンシャルを引き出す環境がこの2館しかないんですよね。

 

この2つの映画館で見れるあなたは超ラッキーです!

ぜひ足を運んで最高のIMAX環境で見てくださいね。

 

 

ただこの2館以外のIMAXでも十分に恩恵は得られます。

 

本来のIMAXで見てみたい所ではありますが、

僕は迷わず地元のIMAXシアターで鑑賞します。

 

「エターナルズ」は4DXや4DMXで見た方がいい理由や見ない方がいい人

 

「エターナルズ」予告【人類の危機に結集する10人の守護者編】

 

今作を4D等で見るメリットは何なのか?

 

それは「圧倒的なリアリティ体験です!」

 

シーンに合わせて動くシートはそれだけで臨場感が増します。

 

そこに五感を刺激する独自のシステムが

更にリアリティ感を強めてくれます。

 

感覚的には遊園地のアトラクションを楽しむのに似ていると言えますね。

 

まるで作品の登場人物になった様な体験が出来るのは4Dならでは。

 

 

エターナルズたちが戦っている

その場所に入り込んだらどんな感覚になるのか?!

 

それを味わえるのは4Dしかありません!

 

 

でも、4Dでみるのに注意点もあります。

それは見る人によっては気分が悪くなるという事です。

 

それと乗り物に弱い人にも同じ事が言えます。

 

それは何故か?

 

シートの動きがあなたが思っている以上に激しいんですよ。

 

それに伴って

作品に集中したい人にもあまり向かない鑑賞方法とも言えますね。

 

体が揺れたり、色んな刺激が強制的にやってくるので

見る映像がぶれたり、水がかかると一瞬前が見えなくなる事もあります。

 

メガネをかけている人は拭かないとならないシーンもあるかもしれません。

 

それを煩わしいと感じるなら鑑賞方法としては向かないかも・・・。

 

テンションアゲアゲで「ヒャッハー!」状態で楽しめるなら最高の鑑賞方法と言えるでしょう。

 

ちなみに顔にかかる水や風のスペシャルエフェクトは

シート肘掛にあるスイッチでON/OFFが可能ですよ。

 

メガネをかけている人は使ってもいいかもしれません。

(僕もメガネをしていますが、4DXはそういうものと考えてOFFにはしてません)

 

あと身長が100cm未満の人は

安全上の問題もあり見る事が出来ないので注意して下さいね!

 

「エターナルズ」は通常版は見ないでいい?それとも十分に楽しめる?

 

さてさて、こうなってくると通常版の影が薄くなってしまうので

「見なくてもいいんじゃない?」

と、あなたも思っているのでは?

 

でも実はそんな事もないんですよ。

 

だって、前述のIMAXや4D等は見れる映画館が限られているという点が大きなネックになります。

それに比べて通常版ならいつも映画館で今作を楽しめるわけですよ!

 

 

とりたててこれといった特別な事は確かにありません。

 

しかし、身近で手軽にどんな作品でも楽しむ事が出来る。

 

これは通常版ならではであり、

最大のメリットと言えないでしょうか。

 

付け加えるなら料金もIMAXや4DXと比べてもリーズナブルで

お財布にも非常に優しいです(笑)

 

家族や友人・知人と見る際にもコスパは最高です!

 

なので通常版だから見なくてもいいという事はなく、

むしろ近所の映画館で今作を楽しむ事が出来る最良の方法と言えます。

 

エターナルズをIMAXで見たいという声

エターナルズを4DXで見たいという声

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「エターナルズ」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?通常版は見ない方がいい?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

鑑賞方法が沢山あるといつもどれで見ようか悩んじゃいますよね?

 

個人的にも複数の見方があるといつもチケットを買う時に頭を捻っています(笑)

 

先にIMAXで見ようか・・・。

いやいや最初に4DXで体感した方が刺激的で楽しんじゃ・・・?

 

めっちゃ迷います(笑)

 

ぜひ参考にしてもらって

選んだ上映形式で最高に楽しんでもらえたら嬉しく思います。

 

僕はエターナルズを最初はIMAXで見て

次に4DXで見ちゃいますよぉー!

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「エターナルズ」はアベンジャーズやアイアンマン見てないけど楽しめる?予備知識なしでも面白いの?

 

あのすみっコたちが劇場に帰って来ました!

あなたはもう家族と見ましたか?

映画すみっコぐらし「青い月夜のまほうのコ」は泣ける?前作ほど泣けない?評価感想もまとめ

 

こちらの007最新作はもう見ましたか?

映画「007 ノータイムトゥダイ」は長いしつまらない?ラストは泣けるほど面白い?評価感想もまとめ!

 

 

重厚感!

この言葉はこの作品のためにあると言いたい!

映画「デューン 砂の惑星」は駄作でつまらない?面白いけど長いしあきる?感想もまとめ!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)