トイ・ストーリー4は子供でも何歳から楽しめる?映画デビューに向いてる内容?

映画




いよいよ「トイ・ストーリー4」2019年7月12日に公開されます。

もう準備はできていますでしょうか?
お子さんと一緒に映画館で観ようと考えている方もいるでしょう。

でも、
 ・初めて映画館で観るんだけど大丈夫だろうか?
 ・騒いだり、観ていられなくならないかな?
と気になってはいませんか?

僕にも子供(幼児)がいますので、そんな方の気持ちわかりますよ。

ここでは、
・上映時間の長さに耐えられるか
・お話の内容の理解して楽しめるか
・トイ・ストーリーは何歳ぐらいから映画館で観れるのか
・子供と映画館で観る時に気をつける事は

について触れていきたいと思います。

 

 

上映時間の長さに耐えられるか

「アンパンマン」「しまじろう」に比べて、トイ・ストーリーの
 上映時間は長いです。
 時間は1時間40分あります。
 大人向けのアクション映画ぐらいありますね。

何歳くらいなら最後まで観れるのか

  一概に「何歳から」という基準は個人差があるので無いかもしれません。
  僕の経験からですと、
  アンパンマンの映画DVDが最後まで集中して観られるなら
  映画館でも観ていられると思います。
  トイ・ストーリーキャラクターを知っているなら、尚いいですね。
  トイ・ストーリーDVDを自宅で観れているなら、ほぼ大丈夫でしょう。
  でも、アンパンマンしまじろう60分という時間に集中できず、
  途中で飽きてしまったり別の事に気が向くようなら、まだ早いかもしれませんね。

お話の内容の理解して楽しめるか

 僕には3歳と5歳の幼児がいます。

 3歳では一部のキャラクター(メイン)の名前は覚えていますが、
 他のキャラクターは名前を覚えていませんね。
 でも、ある程度集中して観ることはできます。
 途中で「あ!バズ出てきた!」とか叫びますが(笑)
 話の内容は半分程度の理解かなと思います。

 4歳になった時はかなり理解力は高まりました。
 キャラクターの名前もほぼ理解していましたね。
 話の内容も7、8割ぐらいわかっているという感じです。

 5歳になれば、興味がある物なら全てOKですね。 

トイ・ストーリーは何歳ぐらいから映画館で観れるのか

 何歳という基準は難しいですね。
 僕が思う基準ですが、
 ・60分以上のDVDが集中して観る事ができている。
 ・トイ・ストーリーを楽しいと思っている。
 ・トイレの間隔が上映時間の長さ以上開けられる。
 これができていれば、楽しんで観られると思います。

 僕的にはトイ・ストーリー4を映画館で観るのは
 4歳くらいからなら丁度良いのではないかと思います。

子供と映画館で観る時に気をつける事は

 小さい子供と一緒に映画館に行く時に注意しておいた方が良い事があります。

落ち着かなかったり騒ぐようなら席を離れる前提で

  もし、半分チャレンジという感じで小さいお子さんを連れて行く場合は
  騒いだら退席、もしくは帰る覚悟をしておいた方がいいです。

  前日はしつかり睡眠を取り、当日も午後から観るなら昼寝をするなどの
  準備をしておくと良いと思います。

小さなお子さん用に補助椅子を借りる

  劇場によっては小さなお子さん用に補助椅子の貸し出しをしている所も
  まります。
  行く前に確認して方がいいですよ。

  特に小さなお子さんは、これがあるの無いとでは見やすさが全く違うので
  注意して下さいね。

座る座席の位置は重要です

  映画の途中でトイレに行きたくなったり、落ち着かなくなる事も想定して
  通路側に座る事をオススメします。

  真ん中は見やすいんですがね。
  退席するとなると本当に大変です。
  戻るのも大変ですからね。

  もし、デビューとかなら通路側の後方が比較的お客さんも少なめなので
  子供連れなら良い選択だと思います。

赤ちゃんのサービスがある劇場も

  泣いても大丈夫、周囲のお客さんも気にしなくてOKという赤ちゃん歓迎の
  サービスをしている劇場おあります。
  ぜひ最寄りの劇場に確認してみて下さい。
  これが利用できるなら、安心して観に行けますよね。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。
 「トイ・ストーリー4を子供と一緒に観に行く事」についてでした。

 余裕を持って行動して下さいね。

 僕も幼児二人を連れてトイ・ストーリー4を観に行きます。
 できれば妻と4人で行きたいんですが・・・
 僕一人でも、まあ何とかなるでしょう。
 では、お子さんと一緒に楽しみましょうね。

 

 関連記事がありますので、よろしければこちらもどうぞ。

トイ・ストーリー4の続編はいらない?内容がつまらないか評判についてまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!