映画「死刑にいたる病」は後味が最悪って本当?見る人を選ぶ内容なのか解説!試写会の評価感想もまとめ

映画




映画「死刑にいたる病」

 

今作はその内容とサイコパス的な物語が相まって、見る人を選ぶ作品。

 

しかし、先のよめない展開。

それに次々と回収されていく伏線の数々。

 

これらに興味をひかれて、今作を見ようか悩んでいる人も多いみたい。

 

あなたもそんな一人では?

 

なので、今回は今作がどの程度の胸糞展開なのか?

はたして、向き不向きの人はどんな人なのか?

 

この点について解説しますね!

 

この記事を読めばどんな人に向いているのか。

 

逆に向かない人は?

と、いった今作への理解が深まりますよ。

 

それでは、

・映画「死刑にいたる病」は胸糞で後味が悪いって本当なの?

・死刑にいたる病を見ない方がいいのはどんな人?

・死刑にいたる病を見た方がいいのはどんな人?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「死刑にいたる病」は胸糞で後味が悪いって本当なの?

 

 

 

映画「死刑にいたる病」は胸糞で後味が悪いって本当なのか?

 

ハッキリ言ってしまえば、

今作はかなり胸糞悪い展開が多いです。

 

終始、陰鬱とした雰囲気があり

人の心の闇・欲望さらにはサイコパス要素

 

冒頭から激しく

見進めて行くうちに憂鬱な気分にさせられます。

 

とくに、一見すると

善人で親しみやすい人当たりのいい人物。

 

しかし、裏の顔は嬉々として

子供を拷問し殺害というとんでもない男。

 

温厚さ凶暴さの二面性、

人の弱みにつけ込む陰湿な人心掌握術

 

しかも、回収される伏線が

さらに胸糞で後味の悪さを加速させます。

 

個人的にも原作には目を通してみた一人。

 

そんな一個人の意見を言えば、

今作は完全に見る人を選ぶ作品だと考えます。

 

見ていて決して楽しいとは感じない内容ですから、

その中で面白さを見つけられる人。

 

そんな人でないと、

ただただ気分が悪くなる作品とも言えます。

 

なので、あなたもちょっと興味があって見てみようかな?

そう思っているなら注意が必要ですよ。

 

 

死刑にいたる病を見ない方がいいのはどんな人?

 

 

 

死刑にいたる病は

深淵を覗けば、深淵もまたこちらを覗くという戦慄のサイコサスペンス作品!

 

そんな今作はグロ耐性が0!

なんて人にはオススメしません。

 

というか見ない方がいいレベルです。

 

グロテスクな描写も多いですが、

そうした惨殺の場面でも終始冷静で知的な榛村大和のたたずまい。

 

これは見ていて相当こわいです・・・

へたなホラー映画よりよっぽど背筋が凍りますよ。

 

見た人の中には

 

「正直見て後悔しました・・・」

「なかなかのグロさで開始10分くらいで目を瞑ってしまった」

 

そういった感想が多く見られるぐらいです。

 

それくらい、今作はグロくて気分が悪くなる作品。

耐性がしっかりない限りとてもじゃないけど見れません。

 

なので、興味があって見たいと思っているあなた。

グロ耐性がないと、とてもじゃないけどまともに見れないので気を付けて下さいね!

 

 

死刑にいたる病を見た方がいいのはどんな人?

 

さて、前述では見ない方がいい人を挙げました。

では、逆に見た方がいい人・見ていて楽しめる人とは?

 

それは

スリリングなサスペンスが好き!

先のよめない展開にハラハラドキドキする!

と、いった人。

 

今作は精神的にエグく圧迫感のあるサスペンスで

 

「本当の狙いは何なのか?」

 

と、最後まで飽きさせません。

 

たしかに拷問などのグロいシーンはあります。

 

しかし、それを耐えれるなら今作は見所の多い作品です。

 

実際に

「どんどん変わっていく雰囲気は、観ていてドキドキした!」

「ゾクゾクが止まらなかった!」

 

と、ツボにハマった人にとってはメッチャ面白かったみたい。

 

サイコパスな話が意外と話題に上がっているわけ。

 

それは人間をたらし込む能力、

それが一番恐ろしいとも思えます。

 

そしてまさに病のように

自分の周囲にも溶け込んでしまう所にあるのかも。

 

あなたも見た後に、そっちの世界に引き込まれないようご注意を(笑)

 

死刑にいたる病を試写会で見た人の内容や後味に関する評価感想

「ヤバいとんでもないものを見た」

試写会で見た人の声がかなり上がってますね。

 

試写の様子がこれだけ発信されているのも

内容がエグいという事がわかります。

 

「二度と見たくないと思うほど・・・」

そんな声すらあるぐらい。

 

ただ、それだけに見ごたえは凄いという事ですよね。

深い重いエグい物語を味わいたいという人は満足できる作品の一つとなりそうです。

 

僕も今作は必ず見なければならないと思ってますが、

体調が万全のときに見ようと思います。

 

不調の時は見ない方が良さそうですからね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「死刑にいたる病」は後味が最悪って本当?見る人を選ぶ内容なのか解説!』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作はハッキリと見る人を選ぶ作品。

グロ耐性やサイコパスな話が苦手な人は見ない方がいいでしょう。

 

逆に、サスペンスやハラハラドキドキの展開が好きな人にはツボにハマる作品ですよ。

 

どちらにしても、見る際にはチョット注意が必要な心理的圧迫のある物語。

 

あなたも興味があって見ようか悩んでいるなら、

体調を万全にして見に行ってくださいね!

 

かなり感情をかき混ぜられると思いますから。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「死刑にいたる病」はサイコパスで猟奇的な内容?予想できない面白さがあるの?

 

こちらも重たすぎる物語・・・。

あなたは見ましたか?

映画「前科者」は泣けるし切ないし面白い?ドラマよりつまらない?評価感想もまとめ!

 

西島秀俊さん主演のこちらの映画も気になりませんか?

映画「ドライブマイカー」って何が凄いの?なぜカンヌで評価されてるの?見た人の感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)