映画「午前0時キスしに来てよ」は原作読んでないけど楽しめる?漫画読んだ方がいいかも

映画




こんにちは。かみずです。

映画「午前0時、キスしに来てよ」

みきもと凜原作の人気漫画からの実写映画化となっています。

現在も別冊フレンドで連載中の今作品。

でも、

漫画を読んでないけど楽しめるのかな?

知っていた方が内容がわかるかな?

そう思った方もいるのではないでしょうか?

 

ここでは、

・映画「午前0時、キスしに来てよ」は原作の漫画を読んでおいた方が楽しめるの?

・原作の漫画を読む方法はある?

・原作漫画の評価感想

について触れていきたいと思います。

映画「午前0時キスしに来てよ」は原作漫画を読んでおいた方が楽しめるのか

映画「午前0時、キスしに来てよ」

 

原作を読んでなくても楽しめます。

 

主役の橋本環奈さんが演じる女子高生”ひなな”片寄涼太さんが演じる国民的アイドル秘密の恋愛ストーリーという事がわかっていれば十分楽しめます。

ただし、楽しみ方にはいろいろあると思います。

最小限の情報のみで映画を観るのも新鮮でいい

内容を知らないという事は、物語の展開がどうなるのかと期待しながら見れます。

そんな感じで「午前0時、キスしに来てよ」を見たいかたは、予習なしで観ましょう!

 

映画を観る方には「あえて、前情報は入れない」という考え方の方も多いです。

 

やっぱり、所見で観るという事は新鮮に感じますからね。

 

予備知識なしで「午前0時、キスしに来てよ」を観る方法はありだと思います。

利点としては、漫画と比較しなくて済むので、素直に登場人物や物語を楽しめるという所だと思います。

知っていると、

「イメージと違った」

「あの表現は見たくなかった」

そういうネガティブな比較が出てしまう事が多いですからね。

ファンとして応援している人は、

「こういう実写表現もいいよね」

と、好意的に観る方も多いですが、実写映画は賛否が別れやすい部類に入りますので。

 

予備知識があると「午前0時、キスしに来てよ」を深く楽しめる

もう既に「午前0時、キスしに来てよ」を読んでいる方はもちろんですが、

まだ読んでいない方でも登場人物や物語の背景を知っている事で楽しめる部分は増えます

ですので、先に予習で漫画を読んでから映画を観るのも楽しむ方法です。

 

これは、どんな見方が自分に合っているかで分かれる所ですね。

原作と比較したい方や、知識を入れておいて映画に最初から入り込みたい人にはおすすめの方法とも言えます。

ネットではこんな事を呟いている方もいますね。

原作を読んでいる人はやっぱり思うことは色々あるようですね。

映画を観る前に予習するという方も結構います。

「午前0時、キスしに来てよ」の原作漫画を読む方法はあるのか

「恋愛かぁ~。もうしばらくしてないなぁ~」

と、思っているあなた!

キュンキュンしたくないですか?

「面白そうで気になったから映画の前に読んでみたい」

そう思った方もいますよね?

 

こちらで「午前0時、キスしに来てよ」無料で2冊読めてキュンキュンできますよ♪

「U-NEXT」という動画配信サービスです。

動画配信サービスなんですが、本も読めちゃうんですよね。

1巻と2巻の2冊が無料になっています。

さらに、登録するとポイントが600円分付くので、このポイントを使って3巻も読めますよ。

1巻462円なので、3冊で1,400円近くお得ですね。

 

「午前0時、キスしに来てよ」11まであります。

小説版も2冊あります。

 

現在、31日間無料トライアルをしているので、期間内に解約すれば使用料金は0円になるんです。

 

あなたも久しぶりにキュンキュンしてみませんか?

 

こちらにU-NEXTの関連記事もあるので参考にしてみてくださいね。

「U-NEXT」で動画を見るメリットやデメリットは何?評判や解約方法は?

 

映画「午前0時、キスしに来てよ」の原作漫画の評価感想

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「映画「午前0時、キスしに来てよ」は原作読んでないけど楽しめる?漫画読んだ方がいいかも」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品は原作の漫画を読まなくても楽しめます。

仕事などで忙しい方は、そのまま映画館へ行ってしまっても大丈夫!

 

時間のとれる方は原作を読んでみてもいいかもしれませんね。

 

では、「午前0時、キスしに来てよ」楽しんで下さいね。

 

0キスもいいですが、こちらの世界的女王の歌はもう聴きましたか?

アナと雪の女王2の主題歌は歌うの難しそう?松たか子の歌が解禁で凄すぎると感想も

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!