映画「竜とそばかすの姫」は面白いし歌が凄すぎてヤバイ?つまらないし内容が薄い?評価感想もまとめ

映画




 

「サマーウォーズ」の細田守監督が手掛ける最新作「竜とそばかすの姫」

 

予告を見た人は、あの映像美!

 

そして、歌声に興味を惹かれたという方は多いのではないでしょうか?

 

耳に残るあの声が

非常にワクワク感を引き出されますよね。

 

そんな「竜とそばかすの姫」がいよいよ公開されました!

 

見た人はどう感じたのか?

映画館で見る価値がある作品なのか?

 

気になりませんか?

 

ここでは、

・映画「竜とそばかすの姫」はつまらない?面白い?

・「竜とそばかすの姫」が面白いしとにかく歌が凄い!映像美も圧巻という評価感想

・「竜とそばかすの姫」がつまらないし物語が微妙という評価感想

について触れていきたいと思います。

 

 

 

映画「竜とそばかすの姫」はつまらない?面白い?

 

映画「竜とそばかすの姫」は面白いのか?

それとも、つまらないのか?

 

映像美や歌に大きく期待するだけに、

物語は実際どうなんだろう?

 

そう疑問に思う方も多いでしょう。

 

結論から言います。

 

「映像美は期待以上に圧巻!」

 

「歌声は予想を遥かに超え

胸を熱くし全てを持っていく怒涛の迫力!」

 

 

ストーリーの面白さは・・・

「大きく個人差が出ます」

 

 

何度も泣ける人もいるでしょう。

 

主人公すずの成長に感動できる所もあるでしょう。

 

でも、その逆に描ききれていない部分も多く

物足りないという感想をもってしまう人もかなりいると思います。

 

 

面白い要素はめっちゃあります!

 

でも、僕的はもっと深く突っ込んでほしかった。

 

まだ、そこを描けるよ。

というか、「もっと知りたいよ!」

 

そういう感情がかなり出てしまいました。

 

「なぜ、そうなってしまったのか?」

「そこに何か意味や理由があるのではないのか?」

「正しいことは一つじゃないよね?!」

 

色々と考えさせられます。

 

 

手放しで

「竜とそばかすの姫」は面白いよー!

 

とは正直言えません。

 

 

ですが、本作は見る価値は非常に大きいです!

 

現代で描かれるネット世界の映像美はとにかく凄まじいです。

 

これを自宅のテレビで見るのはもったいない!

 

そして、「歌」

 

この映画は歌が始まった瞬間に

僕らの感情を最高潮MAXまで引き上げてくれます!!!

 

もう涙腺崩壊まっしぐらです。

 

僕はもうメガネをとって前を見るのに必死(笑)

 

この歌を聞くだけでも映画館に見に行く価値が大いにあります。

 

いや、

この歌は映像と合わせて映画館で見なければ

真価を発揮しないと思います。

 

ですので、映画館で見て聴かないと

凄~くもったいないです!

 

そして、出てくる歌や音楽は全ていいです。

 

「全て」です。

 

 

めっちゃCDほしくなります。

音楽が好きなあなたは絶対ゲットしたくなるでしょう。

 

僕も帰宅後、すぐに調べましたもん(笑)

 

今作「竜とそばかすの姫」はストーリーは賛否が分かれると思います。

 

でも、映像の素晴らしさと歌への感動が

ストーリーを覆いかぶせるほどのクオリティです。

 

映画館です。

今作は必ず映画館で見て感じないともったいないですよ!

 

ちょっとでも「見たい」

そう感じているのならこちらの記事も参考にどうぞ!

映画「竜とそばかすの姫」はIMAXと通常版どっちで見た方が楽しめる?

 

 

「竜とそばかすの姫」が面白いしとにかく歌が凄い!映像美も圧巻という評価感想

 

 

「竜とそばかすの姫」がつまらないし物語が微妙という評価感想

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「竜とそばかすの姫」は面白いし歌が凄すぎてヤバイ?つまらないし内容が薄い?評価感想もまとめ』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

「竜とそばかすの姫」はけっこうテンポよく見れます。

そして、僕としては中盤以降がかなり楽しめました。

 

細田監督の作品はやっぱり夏に合いますね。

ぜひ映画館という最高の環境で楽しんでほしいと思います。

 

 

こちらは絶賛公開中の実写版。

こっちも見たいと思ってませんか?

「東京リベンジャーズ」の実写版はつまらない?演技が凄いので面白い?評価感想もまとめ

 

 

大絶賛のこちらのアクション大作も気になっていませんか?

映画「ブラックウィドウ」はつまらない?泣けるし面白い?評価感想もまとめ

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る