映画ピーターラビット「バーナバスの誘惑」は字幕と吹き替えどっちがオススメ?

映画




世界中で愛されている大ベストセラー「ピーターラビット」の映画が初めて公開されてから、

ついにピーターラビット2 「バーナバスの誘惑」が公開されました。

 

前作の実写映画化された「ピーターラビット」の続編になります。

 

かわいさが溢れるウサギたちが大活躍する今作。

 

上映時間1時間半程度の物語なので、

気軽に家族で見ようという方もいると思います。

 

この作品には、英語音声の字幕版と吹替版がありますよね?

 

どちらで見たらいいか迷ってはいませんか?

 

ここでは、

・映画「ピーターラビット2」は字幕と吹き替えどっちがオススメ?

・ピーターラビット2「バーナバスの誘惑」が字幕版がおすすめな人は?

・「ピーターラビット2」は吹替版がおすすめな人は?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「ピーターラビット2」は字幕と吹き替えどっちがオススメ?

 

映画「ピーターラビット2」は字幕と吹き替えどっちがオススメなのか?

 

結論から言います。

「吹き替え版の方が見やすいのでオススメです」

 

なぜ見やすいのかと言うと、

イギリス英語に慣れていない、ピーターラビットをあまり知らない人にとっては

映画のストーリー自体わかりにくいかもしれないからです。

 

しかも、吹き替え版の声優は

今勢いのある日本人俳優が配役されていると言うのだから、

字幕同様の声芝居に間違いなし。

 

前作のピーターラビットに登場したキャラクターの吹替の声優はほとんど変わっていないので、

どちらを見ても違和感はありません。

 

ピーター以外のうさぎの見分けがつかなくても、

吹き替えでバッチリ映画を楽しむことができるはずです。

 

ピーターラビット2「バーナバスの誘惑」が字幕版がおすすめな人は?

 

ピーターラビット2「バーナバスの誘惑」は字幕版がおすすめな人はどんな人なのか?

 

それは、

「イギリス英語もピーターラビットも既に知っているよ」

そんな方は、断然字幕版がおすすめです。

 

なぜかと言うと

奥深いピーターラビットの世界を熟知したい人や、

イギリス英語に親しみを感じる視聴者もいるからです。

 

あとは、オリジナルの雰囲気を味わいたい人も

字幕版がおすすめですね。

 

イギリスの児童書ピーターラビットの絵本が出版されてから100年以上が経っても、

子供から大人まで親しまれているキャラクター・うさぎの「ピーターラビット」。

 

絵本は日本語訳でも出版され、

アニメ化や映画化が進んでいるので、ある程度知っている人は多いでしょう。

 

でもいざ、オリジナルのイギリス英語で見ると、

細かいニュアンスが理解できるかもしれないので、

字幕で見るとさらに英語にもキャラクターにも親しみを感じるかもしれません。

 

 

「ピーターラビット2」は吹替版がおすすめな人は?

 

「ピーターラビット2」は吹替版がおすすめなのはどんな人なのか?

 

それは、ピーターラビットを知った時から

既に日本語で絵本や書籍、アニメや映画を見ている人にオススメです。

 

また、字幕についていけないお子さんや高齢者にとっては、

吹き替えの方が断然見やすいです。

 

前作同様に吹き替え担当の声優さんたちは、

ほぼほぼ同じなのでどちらを見ても聞きやすいです。

 

ワイルドになったピーターとそれを取り巻く仲間たちの、

感情や表現が日本語でわかりやすく描かれています。

 

そして、今回登場する初キャラクターであるバーナバス。

 

ロンドンでピーターが出会ったワルで、

声優を担当するのは元ワル?!の哀川翔さんです。

 

そこにバーナバスの子分であるミトン(浅野真澄さん)、

トム(森久保祥太郎さん)、

サムエル(カジサックさん)

 

この面子がどのように絡んでくるのか?

 

吹き替えで見なければわかりませんよね!

 

ピーターラビット2の字幕版についてネットでの声

 

 

ピーターラビット2の吹替版についてネットでの声

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画ピーターラビット「バーナバスの誘惑」は字幕と吹き替えどっちがオススメ?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

米国映画制作会社ソニー・ピクチャーズで制作されているピーターラビットの映画シリーズは・・・

前作の映画が日本では好評だっただけに、ファンのみならず、

家族連れやカップルにもおすすめの映画になっているのは間違いありません。

 

 

前作まではモフカワと持てはやされてきた主人公ピーターですが、

本作ではワルへの道へ・・・。

 

今までの悪ふざけや憎めないキャラクターだったのに・・・

都会に来て一味違ったピーターを垣間見れるのも本作のみではないでしょうか?

 

原作と同様、独特の世界観ある色合いとさらにパワーアップされた映像美で、

新鮮な気分にさせてくれる物語になっているに違いありません。

 

 

こちらの話題作はもう見ましたか?

めっちゃ大迫力で熱いし、ゴジラとコングの〇〇も楽しめますよ!

映画「ゴジラvsコング」はつまらないし内容が薄すぎる?怪獣バトルがとにかく大迫力で面白いしたぎってくる?評価感想もまとめ!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)