映画「レミニセンス」はSFミステリーだけど切ないラブストーリー?考察を楽しむ内容じゃないの?

映画




映画「レミニセンス」

今作はSFスリラーという内容とは別にラブストーリーの展開もあるというハイブリットな作品です。

両方の良い所が見事に融合した作品とも言えます。

 

 

しかし、クリストファー・ノーラン氏の弟・ジョナサン・ノーラン氏が

手掛けたという事もあり内容が難解でないのか?

 

ラブストーリーも含まれるけど考察して楽しむ作品ではないの?

 

と、あなたも疑問に思っているのでは?

 

個人的にも最初は

「SFスリラー作品でミステリーだから難しいのでは?」

「え?今作ってラブストーリー要素なんてあったの?」

 

と、思ってました。

 

というより考察をして謎に挑む!

 

何回か見返したりして理解し楽しむ作品とさえ思ってましたからね(笑)

 

なので今回は実はあまり考察する必要はない?

ラブストーリー要素はどの程度のものなのか?

 

という点を疑問に思いましたので調べてみました!

 

それでは、

・映画「レミニセンス」は泣けるラブストーリー?ミステリーが主軸じゃない?

・レミニセンスは謎の考察を楽しむ内容じゃないの?

・映画「レミニセンス」の見どころはどこ?どんな人が楽しめるの?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「レミニセンス」は泣けるラブストーリー?ミステリーが主軸じゃない?

 

今作、ジャンル的にはSFスリラーという事もあり

ミステリーや謎解きが主軸だと思いますよね?

 

でも、実はその奥に隠された

切なくも泣けてくる主人公とある女性とのラブストーリーが主だった内容だったりします。

 

予告を見る限りだと主人公が記憶の中に入り、

入り組んだ謎や危険に挑んでいる正にSFスリラーチックな感じがします。

 

しかし、主人公も「彼女はどこだ!」と叫んでいる通りある事件に

巻き込まれた事により出会った女性との切ないラブストーリーが主軸にあります。

 

どちらかと言うと、事件に巻き込まれながらもその過程で

出会った女性を忘れる事ができなくて追い求める純愛作品に近いですね。

 

確かに謎解きの部分やスリラーの様な多少過激な部分がないわけではないです。

 

でも、その意味合いは物語のスパイスの様なもの。

 

意外とストーリーに引き込まれ没入してしまうくらい

ラブストーリーの要素が強いです。

 

なので、あなたも難しそう・何回か見ないと理解できない?

と、心配せずに今作を楽しんでみて下さい!

 

レミニセンスは謎の考察を楽しむ内容じゃないの?

 

今作は前述の通りミステリー・謎の考察を主とした作品とはチョット違います。

 

その裏に隠された主人公と女性とのラブストーリーが根幹にあります。

 

あくまで考察は副産物でそれにより強調される主人公の強い思いがメインです。

 

 

あるギャング組織の正体と目的を探る為、記憶に映し出された事件のカギを握る女性・メイ。

彼女を探す為、次々に記憶の中へと潜っていく主人公。

 

考察するというより

メイと主人公がどう出会い関わっていくのか?

 

これが今作のメインの軸になります。

 

様々な事件や陰謀にほんろうされながらもメイを追い、彼女を想う主人公。

 

そう考えると今作のハードルもグッと下がります。

 

あなたも今作が考察物で難しそうと考えているなら、

そんな心配はあまり必要ないのでストーリーを存分に楽しんで下さい!

 

 

映画「レミニセンス」の見どころはどこ?どんな人が楽しめるの?

 

レミニセンス見どころはどこなのか?

 

今作の一番の見所は主人公・ニックとメイの切ないラブストーリーにあります。

 

事件のカギを握るメイとの出会いは陰謀や膨大な記憶にほんろうされるものです。

 

そんな中でも彼女を探し求めるニック。

 

愛してしまったが故に彼女を助けたいと思うニックの気持ちは

見ていて切なくなります。

 

メイはある意味、全ての謎の終着点とも言える存在です。

 

ニックは検察からの依頼で今回の事件を追っているわけなので、

必然的にメイを検察に渡さないといけないわけです。

 

そんなニックとメイとのラブストーリーが切なくないわけがない!

 

 

そんな今作を見て楽しめる人はズバリ!

 

切ないけどラブストーリーが好きな人

謎解きや考察も楽しみつつストーリーを存分に楽しみたい人です!

 

今作は考察するという面ではそこまで重要と言うかハードルは高くありません。

 

それよりも引き込まれる様な繊細なストーリーにこそ見所が数多くあります。

 

なので、ニックとメイが物語でどういった結末を迎えるのか?

チョットした考察やラブストーリーが好きな人には刺さる作品と言えます!

 

試写会で見た人のレミニセンスのミステリーや恋愛要素についての声

「思ってたのと違ってた。

 でも、切ない物語と少しずつ解けていく謎に没入できて面白い!」

 

試写で見た人は、そんな感想をもらしている方がけっこういます。

 

僕も「SF色が強い作品なんだろうな」

 

そう最初は思ってたんですが、

ラブストーリーが主軸のようですね。

 

こういう切ない系の内容、僕は好きです。

 

謎や伏線も回収されていくという事なので

どんどんピースがハマっていくという感覚は楽しいですよね。

 

そして、最後は涙という事ですから満足感も大きいでしょう。

めっちゃ楽しみです!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「レミニセンス」はSFミステリーだけど切ないラブストーリー?考察を楽しむ内容じゃないの?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

今作を難解で難しい作品と思っている人も多いと思います。

 

しかし、実はそんな事はなくストーリーをしっかりと楽しめる素晴らしい作品となっています。

 

考察好きな人もラブストーリーが好きな人も多くの人が存分に楽しめて引き込まれるような作品です!

あなたも是非劇場でニックとメイの愛の行方を目撃して下さい!

 

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「レミニセンス」はめっちゃ難解で難しい物語なの?年齢制限や対象年齢はいくつくらいから?

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)