映画「ククルスドアンの島」はガンダム見てないけど楽しめる?予習が必要か解説

映画




機動戦士ガンダム「ククルス・ドアンの島」

 

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が

2022年6月3日(金)に公開されます。

 

この『ククルスドアンの島』はガンダムファンにとっては伝説のエピソード。

なので記憶に残っている方も多いと思います。

 

しかし、まさか令和に映画化されることを予想していた人はいないでしょう。

 

それほどマニアックな部分に焦点を当てた映画となっています。

 

ガンダムは非常に長い間愛されている作品です。

ファンの年齢層もバラバラ。

 

「最近のガンダムは見ているけど、

 さすがに最初のは・・・」

 

という世代の方もたくさんいますよね。

 

あなたもその1人なのでは?

 

『ククルスドアンの島』が初代のエピソードであることは、

映画を見ようか悩んでいるあなたなら調査済みのはず。

 

そうなると、ファーストガンダムを見ていないと楽しめないのではないか?

不安になりますよね。

 

なのでここでは、

『ククルスドアンの島』は初代ガンダムを知らなくても楽しめるのかどうか。

そして、必要な予備知識について解説していきたいと思います!

 

この記事を読むと

ファーストガンダムを知らなくても

ククルスドアンの島が楽しめるのかがわかりますよ。

 

それでは、

・「ククルスドアンの島」はガンダム知らないけど楽しめるの?

・「ククルスドアンの島」はガンダムを見ておいた方が面白い?予備知識は必要?

・「ククルスドアンの島」を見る前に何を見ておいた方がいいの?より楽しむための方法は?

・機動戦士ガンダム「ククルスドアンの島」を見る前に最低限必要な予備知識

について触れていきたいと思います。

 

 

「ククルスドアンの島」はガンダム知らないけど楽しめるの?

 

 

 

『ククルスドアンの島』はガンダムを知らなくても楽しめるのか?

 

結論を言いましょう。

 

「ファーストガンダムを見ていなくても楽しめます!」

 

『ククルスドアンの島』は初代ガンダム15話で放送されました。

1979年の放送回になります。

 

これを令和に映画化するんですから、なかなか衝撃ですよね。

 

それはさておき。

初代ガンダムの15話ですから、

最低でもその前後の話を知らなければ理解できないのでは?

 

そう思いますよね。

 

しかし、それは違います。

15話で放送された『ククルスドアンの島』は

単独のエピソードなんですよ。

 

前後のエピソードとは

まったくと言っていいほど繋がりがありません。

 

そのため、『ククルスドアンの島』を見る前に

絶対に必要な知識はないんですよ。

 

ファーストガンダムの15話はもちろん、

今回公開される映画『ククルスドアンの島』もいきなり見ても問題ありません。

 

ちゃんと楽しめますよ!

 

 

「ククルスドアンの島」はガンダムを見ておいた方が面白い?予備知識は必要?

 

 

 

ここまで『ククルスドアンの島』は

ファーストガンダムを見ていなくても楽しめると紹介しました。

 

また、予備知識がなくても楽しめるとお伝えしたと思います。

 

これについては紛れもなくその通りです。

 

ですが、

やっぱりそこは、ファーストガンダムを見ておいた方がより面白く感じます!

 

なぜなら、登場人物の人となり

ガンダムの世界観を知っていると

より物語に入りやすいからです。

 

いくら『ククルスドアンの島』が単独のエピソードとはいえ、

まったくガンダムを知らないのであれば、それはちょっともったいないです。

 

・主人公の人物像。

・それを支える周りのクルーたち。

・なぜか戦艦に乗ることになってしまった民間人。

・そして、当時、化け物と恐れられたガンダムや人形ロボ

 

これを知っていて現代の技術で描かれるそれを見ると

それはもう鳥肌モノの楽しさが味わえますよ。

 

「あ、あの名セリフがキタァー!!!」

そんな場面の数々・・・。

 

そして、ある程度の人物像を知っておくことで

今回描かれる描写の意味を深く感じ取る事ができます。

 

折角、お金を払って映画館で映画を見ようと思っているわけですから。

少しでも楽しめた方が良いと思いませんか?

 

それで、『ククルスドアンの島』と同じ時系列の

ファーストガンダムを見ておくことをおすすめするわけです。

 

他のガンダムでも良いですが、

時系列が同じで登場人物も同じ方がわかりやすいですからね!

 

 

「ククルスドアンの島」を見る前に何を見ておいた方がいいの?より楽しむための方法は?

 

『ククルスドアンの島』を見る前に何を見ておいた方が良いのでしょうか?

 

これは上でも紹介したように

ファーストガンダムをおすすめします!

 

ガンダムシリーズは非常に多いです。

 

それならば『ククルスドアンの島』と同じ時系列

同じ登場人物である初代ガンダムを見るのが一番良いでしょう。

 

近年初代ガンダムのパラレルワールドとして放送された

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』

 

こっちではだめなの?

 

そう思う人もいるでしょう。

 

しかしこちらは『ククルスドアンの島』はカットされてしまっています。

 

また、ファーストガンダムのパラレルワールドなので

若干差異もあるんですよね。

 

そのため、『ククルスドアンの島』を楽しむためには

ファーストガンダムをおすすめさせてください。

 

ただ、ファーストガンダムは43話もあります。

 

ちょっと多いですよね?

 

そういった人には

『劇場版三部作』をおすすめします!

 

43話が映画3本に凝縮されているので、

かなり時間短縮可能です!

 

また、『劇場版三部作』は15話で放送された

元祖『ククルスドアンの島』が丸々カットされています。

 

「ネタバレが嫌だ!」

 

そんな人にもピッタリです!

 

ただこれに関しては、

ファーストガンダムの15話を飛ばして見れば良いだけではありますが。

 

とにかく、ファーストガンダムの43話か

『劇場版三部作』か、どちらかを見ることをオススメします!

 

機動戦士ガンダム「ククルスドアンの島」を見る前に最低限必要な予備知識

 

「ファーストガンダムを43話も見るのは大変」

「劇場版三部作もちょっと見れないかも」

 

そういった人も当然いますよね!

 

そのような方達のために、

最低限必要な予備知識を紹介しておきましょう。

 

まず、地球連邦軍ジオン軍が敵対しているという物語の背景があります。

 

皆さんご存じのアムロは地球連邦軍ですよね。

 

そして、ククルス・ドアンはジオン軍。

 

ただ、ドアンはジオン軍を脱走しているので

元ジオン軍ということになります。

 

元ジオン軍兵であるククルス・ドアンが

島で孤児を匿いながら生活しているんですよ。

 

その島でアムロと出会います。

 

そこでなぜ孤児を匿っているのか?

何故脱走したのか?

 

そういったことをアムロは知っていきます。

 

ククルス・ドアンは重い過去を背負い、

正義を持って孤児たちを匿っているんです。

 

この部分は物語の核になる部分なので

ぜひ映画で確認してください!

 

また、初代ガンダムの『ククルスドアンの島』は

大いに作画崩壊したことでも名を馳せています。

 

この事実は、現在までの技術の進展を感じることができる大きな知識でしょう。

映画を見た後にファーストガンダムの『ククルスドアンの島』をぜひ見て欲しいです!

 

きっと驚くと思いますよ。

色んな意味で(笑)

 

ククルスドアンの島を見る前の予習復習に関するネットでの声

既に予習している人がたくさんですね。

やっぱりピンポイントでククルスドアンの回ですから。

 

えっ?!どんな話?

 

そう気になった人も多いようです。

 

で、ファーストを見始めたら

単話だけでは終われないと(笑)

 

やっぱり見ちゃいますよね。

 

僕も久しぶりにファーストガンダム見ましたが

気づいたらご飯食べるの忘れてました(笑)

 

それぐらいガンダムはおもろい!

 

ガンダムを無料で見る方法は?すぐに見たいならこれ!

ククルスドアンの島が面白そう!

だからガンダムを見て予習しときたい!

 

そんなあなたへ

 

無料で「ファーストガンダム」を見る方法もありますよ。

 

YOUTUBEのガンダムチャンネルで第1話が無料配信中

 

「まずはファーストガンダムを見てみたい」

そんなあなたは、

こちらで1話を見てみてはいかがでしょう。

 

ユーチューブのガンダムチャンネル

第一話が無料で配信されています。

第1話|機動戦士ガンダム【ガンチャン】

 

続きが気になったら

下記のサイトからも無料で見ることができますよ。

 

アマゾンPrimeVideo

アマゾンプライムビデオは登録すると30日間の無料体験が可能となります。

 

ここで機動戦士ガンダムの全43話が見れちゃいます。

 

すでにアマゾンプライムビデオに加入済みなら

すぐにでもアクセスしてくださいね。

 

即視聴できますから。

 

プライムビデオが気に入ったなら

継続料金も500円と安いのも安心です。

 

時間があるなら

ファーストガンダムの全43をぜひ楽しんでください。

 

»アマゾンプライムビデオのお試し体験はこちらから

 

U-NEXT

U-NEXT

 

U-NEXTも登録すると31日間の無料期間があります。

 

こちらでも機動戦記ガンダムをすぐに視聴できます。

 

ファーストガンダムを見るだけなら

アマゾンプライムビデオが良いでしょう。

 

何と言ってもコストがめっちゃ安いですからね。

 

でも、U-NEXTでは

劇場版三部作も無料で見ることができます。

劇場版 機動戦士ガンダム 1981年 地球連邦軍とジオン軍の戦闘の中、偶然、ガンダムに搭乗することになったアムロは、ホワイトベースの乗組員として地球へ向かうことに。ジオン公国軍の精鋭シャアの追撃をかわし、かろうじて地球にたどり着いたものの、そこはジオン軍の占領する地域だった…。
劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 1981年 地球連邦軍とジオン軍の戦闘に巻き込まれたアムロは、ガンダムのパイロットとして数々の戦闘に参加。満身創痍となりながらも、ホワイトベースはかろうじて連邦軍の本部ジャブローにたどり着く。しかし、ジャブローもジオン軍の総攻撃を受けることになり…。
劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 1981年 偶然、ガンダムのパイロットとなったアムロは数多くの戦いを経験するうちに、人の革新とされる“ニュータイプ”として覚醒。華々しい戦果を挙げる中、ララァ・スンという少女と出会う。しかし、この出会いは新たな悲劇の序章でしかなかった…。

 

もし時間があまり取れないというあなたなら

U-NEXTでこの劇場版三部作を見るのもいいと思います。

 

さらに他のガンダムシリーズも

たくさん見ることが可能です。

 

「ガンダム作品をいっぱい見てみたい!」

 

それならU-NEXTを試す価値は大きいかも。

 

昨年話題だった「閃光のハサウェイ」

無料で見れちゃいます。

 

さらにU-NEXTは登録すると

600円のポイントももらえます。

 

このポイントを使用すると

新作の映画や劇場版アニメもお金をかけずに見れちゃいます。

 

そんな豊富なコンテンツがほしい人には

U-NEXTは最高に楽しめる作品がいっぱい。

 

僕ももう3年ぐらい利用しています。

 

作品が多すぎて

まあ見きれませんけどね(笑)

 

あと映画チケットはU-NEXTのポイントチャージを使って

実質900円でゲットしています。

 

映画館で最新の映画をたくさん見たい人にも

U-NEXTは魅力的だと思いますよ。

 

まずは無料期間でどのくらい便利なのか?

試してみて、自分に合うのか把握してみるのも楽しいですよ。

 

U-NEXT

» U-NEXTのお試し体験はこちらから

—————————————————————–

本ページの情報は2022年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

—————————————————————–

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ククルスドアンの島」はガンダム見てないけど楽しめる?予習が必要か解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

『ククルスドアンの島』が放送されたのが1979年。

その映画が2022年に公開されるわけです。

 

当時テレビで放送を見ていた古参ファンの方々は

本当に嬉しかったと思います。

 

ハイクオリティになって帰ってくる伝説のエピソード。

 

老若男女のガンダムファンの皆さん、

ぜひ映画館に見に行きましょう!

 

ククルスドアンの島は4Dでも上映しますよ!

ちょっと迷いますよね。

映画「ククルスドアンの島」は4DXと通常版どっちが面白い?通常版は見ない方がいい?

 

ウルトラマンが「シン」となって登場!

まだ見てないなら気になってませんか?

シン・ウルトラマンは駄作でつまらない?初代ファンならもっと面白い?評価感想もまとめ!

 

こちらも大人気上映中のコナン最新作!

僕はコナンムービーの中でも屈指の一本だと感じました。

名探偵コナン「ハロウィンの花嫁」は面白い?つまらない?評価感想もまとめ!

 

もうすぐ「真のスーパーヒーロー」が降臨します!

気になってませんか?

ドラゴンボール「スーパーヒーロー」で悟飯が新形態へ覚醒?どんな進化をするのか考察!

 

アニメならこれもぜひ見てほしい!

絶対見たら何かを感じるはず!

アニメ86「エイティシックス」は人種差別がひどい?でも残酷だけどリアリティもあるから考えさせられる?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る