アニメ版「ジョゼと虎と魚たち」は泣けるし面白い?実写と違いすぎてつまらない?評価感想もまとめ

映画




アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」田辺聖子さん原作の物語です。

すでに2003年に実写化されており、

妻夫木聡さん、池脇千鶴さん主演で制作されています。

 

今作はアニメ版での映画化です。

 

実写版はかなりの濡れ場も多かった為、

今回のアニメ化ではどうなってしまうのか?

予告などを見ると、大幅にアレンジされているのが見て取れます。

 

初めてこの作品に触れる人。

すでに原作や実写版を見ている人。

 

見る人によって印象が大きく異なりそうですよね。

 

実際に今作を見た人はどう感じたのか?

気になりませんか?

 

ここでは、

・アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」は切ないし泣けて面白い?実写と違いすぎてつまらない?

・アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」が面白いという評価感想

・アニメ版「ジョゼと虎と魚たち」が面白くないという評価感想

・アニメ版に対して思う所はあるが総じてポジティブな意見

について触れていきたいと思います。

 

 

アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」は泣けるし面白い?原作と違いすぎてつまらない?

 

アニメ版「ジョゼと虎と魚たち」は面白いのでしょうか?

それとも、原作や実写とは内容が違いすぎて面白くないのでしょうか?

 

結論から言います。

 

 

原作や実写映画を知らないし見たことが無いならば、

 

「心に刺さる内容に感動できて面白い」です。

 

 

実写映画版が好きで、

あの雰囲気、内容や結末が大事と思えるなら、

 

「内容に深みがないし

障害というテーマが薄まり綺麗事になっている」

 

そう感じるかもしれません。

 

ですので、今作のアニメ版は、

原作や実写とは全く異なる映画として受け入れないと楽しめないと思います。

 

でも、今作のアニメ版でも、綺麗事だけではなく、

障害をもつジョゼの不自由さ

健常者との考えの差

出てくる言葉の違いに考えさせられる事になります。

 

否定や葛藤がありながらも、

諦めずに前に進もうとする勇気を貰える素晴らしい映画です。

 

実写版や原作とはネガティブな比較をせず、

受け入れて素直に見れれば、絶対楽しめます。

 

 

 

アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」が面白いという評価感想

「泣いた」

「感動できて見てよかった」

そんな声で溢れています。

 

絵もきれいだし、描写がリアル感があってそこがいいという意見も多いですね。

 

障害を持つ少女を取り巻く、

社会の闇とも言える描写が生々しいです。

 

見ていて辛いシーンはありますが、

そこを乗り越えて行く所がまた素晴らしいですよ。

 

元気や勇気がもらえる、そんな作品になっています。

 

アニメ版「ジョゼと虎と魚たち」が面白くないという評価感想

少ないですが、そんなに心に響かなかったという声もあります。

もしかしたら、あんまり社会経験がないとピンと来ないのかもしれません。

 

今作は絵は可愛いですが、対象年齢は高めの作品です。

大人にこそ響く内容だと思います。

 

アニメ版に対して思う所はあるが総じてポジティブな意見

実写版を見ている方の中でも、今作を肯定する意見もありました。

実写版とはかなり雰囲気も異なりますからね。

まったく次元の異なる物語として見られれば楽しめるでしょう。

 

実写版が好きな方でも、アニメ版も障害者の描き方は良いという声も少なくないです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『アニメ版「ジョゼと虎と魚たち」は泣けるし面白い?実写と違いすぎてつまらない?評価感想もまとめ』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作は原作や実写版の知識が無い人は楽しみやすい映画となっていると思います。

 

評判もすごく良いので、

今年最後に見る映画としても良いと思いますよ。

 

いや、2021年最初に見る映画でも良いでしょう。

 

少しでも気になったという方はぜひ鑑賞してみてくださいね。

 

実写版を既に見ている人は、

全てを受け入れるおおらかな気持ちで見ましょう。

 

せっかく貴重な時間を使うんですから、

楽しい時間にしてほしいと思います。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」の対象年齢は?子供は何歳ぐらいから楽しめるの?

 

こちらのアニメ映画も感動できて面白いと評判ですよ!

映画「えんとつ町のプペル」はつまらない?泣けるし面白い?評価感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る