ターミネーターニューフェイトが大爆死で興行収入が赤字なのはなぜ?正統続編が悲惨な理由も

映画




こんにちは。かみずです。

映画「ターミネーター: ニュー・フェイト」

「正当な続編」と話題だった本作がアメリカで公開となりました。

 

ジェームズ・キャメロンが制作に復帰し、ターミネーター2の続編として期待されていた本作品。

 

その新作「ターミネーターニューフェイト」大爆死となってしまったようなんです。

 

「大爆死?!。何で?。ターミネーターだよ!。話題作だったよね?」

 

皆さんもそう思いますよね?

 

ここでは、

・ターミネーターニューフェイトは何で大爆死ってなってるの?

・赤字ってどのくらい?

・大爆死の原因は?

・散々な結果を受けて、どんな意見や評価になっているの?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画ターミネーターニューフェイトは何で大爆死となっているのか

ターミネーターニューフェイトが北米で公開されました。

初日の興行収入43億円の予想をしていたのですが、結果は11億円という3分の1以下の結果に終わってしまったんです。

金額を大きすぎて、ちょっと想像しずらいですが、単純に考えても43億円の予想が11億円という結果には目を疑いますね。

 

例えばボーナスを「50万円ぐらいだろう」と予想してワクワクしていたら、

振り込まれた金額は13万円だった」という事になりますか?!

 

・・・すいません。

 

わかりやすくしようと思いましたが、全然桁が違うので、的外れですね。

 

ですが、43億円入ってくると思ってたら、32億円も少ないというのは異常事態ですよね。

 

赤字はどのくらいの規模になるのか

今作品の制作費は212億円と言われています。

 

全米の興行収入は約31億円

 

中国での興行収入も伸びず約30億円に。

 

専門家による分析によると

ターミネーター:ニューフェイトは約156億円の赤字を出す可能性があると観られています。

 

制作費の約3分の1程度しかお金を回収できないなんて・・・

 

歴代のターミネーターシリーズの中で興行収入はどうなっているのか

全米での初日興行収入は下記のようになっています。

・ターミネーター3の初日興行収入は約36億円。

・ターミネーター4が35億円。

・ターミネーター 新起動/ジェニシスは22億円

 

ニューフェイトは31億円なので、ターミネーター3と4を下回っています。

 

「正当続編」として制作された本作品なのに、アナザーストーリーと評価したターミネーター3と4を超えられないなんて!

なぜ、このような結果になってしまったんでしょうか?

 

海外での興行が大爆死で大赤字の原因は?

米経済誌フォーブスによれば、下記のような評価となっているようです。

・もはや『ターミネーター』は観客に求められていないブランドなのだ。

・観客が求めていないものを繰り返し出す制作陣の”思い上がり”には正直ゾッとする。

 「これなら飛びつくだろう」という彼らの安直な態度が劇場から人を遠ざけて

 しまっているのだ。

・いまやストリーミングやテレビネットワークには『ターミネーター』という”過去の栄光”

 を超える作品があるからだ

ターミネーターにはもう興味が無い

「正当な続編」と謳っていますが、その前作は28年前に公開されたターミネータ-2

 

あまりにも、時間が経ちすぎてしまったという事も、今回の大爆死となった理由の一つではないでしょうか。

 

30年近く経過したこれまでの間に、続編やドラマ、新時代という作品が出てしまっています。

 

それでもう、視聴者としてはお腹いっぱい、飽き飽きしている状態なんだと思うんです。

 

熱狂していたターミネーター1、2の世代も、もうおじさんやおばさん、果ては初老という状態です。

 

現在の若い人たちはターミネーター1,2を知らないばかりか、古すぎて観る価値すら感じないのではないでしょうか。

 

 

プレイステーション5がもうすぐ出るかというこの時代に

 

『スーパーファミコンで出た名作が復活するよ!

みんな、楽しみでしょ。

ぜひ、プレイしてね!』

 

って、宣伝みたとしても、

 

「ふ~ん」

「っていうかスーパーファミコンって何?」

 

って興味を持つ方が難しいですよ。

 

ターミネーターは2作目で完結している

僕たちの世代はターミネーターに夢中になりましたよね。

当時はもう話題で持ち切りでした。

 

ターミネーター2なんて、ストーリーも最高で、最後もスッキリした終わり方でした。

 

あれ以上のクオリティの高い続編を作るのは非常に難しい

それくらい完成度が高過ぎたんだと思います。

 

ですから、ターミネーターは2で完結した。」

 

そう自分の中で物語としては終わったものと感じている人が多いと思うんです。

 

僕もその一人です。

 

最後にシュワちゃんが親指を立てて自ら溶鉱炉に沈んでいくシーンには感動しました。

最高のラストです。

 

そこからの続きと言われても・・・

 

あのシュワちゃんは、あのままで、あれが最後でいいんですよ。

 

綺麗なラストで終わらせてあげて!

 

そう僕は思ってしまいます。

 

散々な結果に対する反応や意見

悲しい報道を耳にして、「何となく予感していた、ただただ悲しい」という意見や感想に包まれています。

でも、それでも応援したい。

公開されたら必ず観に行くという意見も多いですね。

興行収入としては奮わなかった今作品ですが、映画自体は面白いという評価がたくさんです。

キャメロンが長年描きたかった物語を確認しに行きましょうね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ターミネーターニューフェイトが大爆死で赤字ってなぜ?正統続編の悲惨な興行収入も」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

話題作だっただけに、海外で躓いたことには残念という事しかありません。

ですが、僕にとってはターミネーターは大好きな作品のひとつです。

映画自体の評価は高く、面白いという感想もかなり出ていますので日本で大ヒットしてくれるのを祈るのみです。

 

それにしても、今期は話題に富んだ映画が多くないですか?

これを観てくれている皆さんも、どの映画を見ようか迷っているんではないかと思うんです。

時間は有限ですからね。

 

では、ターミネーター:ニューフェイトの公開を楽しみに待ちましょう。

 

こちらの関連記事もぜひどうぞ!

映画ターミネーター:ニューフェイトはこうしないと楽しめないよ?

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!