映画「ステップ」はなぜ山田孝之が男手ひとつで娘を育てるの?どんな父親を演じたのか解説

映画




映画「ステップ」

2020年4月3日から公開させる「ステップ」は同名の小説を映画化した作品です。

※新型コロナウイルス感染予防対策のため公開延期となりました。

 

この作品は、結婚して3年目に妻に先立たれたその一年後に、主人公の「健一」が幼い娘の「美紀」と共に再出発を誓い、父と娘の二人で、様々な経験と出会いをしながら歩んでいく10年間を描いた物語です。

トップサラリーマンであった健一が、その立場を捨て、男手一つで子育てをすると決意!

そこには健一のとある「秘めた思い」があったのでした。

 

この作品は、育児と仕事の両立で悩み苦しみながら、少しずつ成長していく様を描いた物語です。

原作は「重松 清」脚本と監督は「飯塚 健」そして主演は「山田 孝之」です。

 

ここでは、

・映画「ステップ」では何で山田孝之が男手一つで娘を育てる事になったの?

・山田孝之はどんな父親を演じているの?

・家族と共に過ごす日常の大切さを気付かされるってなぜ?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「ステップ」では何で山田孝之が男手一つで娘を育てる事になったの?

 

なぜ男手一つで娘を育てる事になったのか?

それは、

「亡き妻への想いと娘への愛情がゆえに、自分の心に正直に従ったための決断です。」

山田孝之さん演じるこの物語の主人公の健一は、結婚三年目の30歳の時に最愛の妻である朋子を髄膜炎で亡くして、一歳になる娘の「美紀」と二人取り残されてしまいます。

トップサラリーマンであった健一でしたが、時短勤務を許される総務部へ移動し、最初の1年は義理の父母の協力を得ながらも毎日の生活には悪戦苦闘していました。

そんな健一を見かねて、義理の父母は娘の美紀を引き取ること提案しますが、健一は心を新たに「再出発」と決意を固め、男手一つで娘を育てることを決意します。

そこには妻と築くはずだった幸せな家庭を、天国にいる智子と一緒に作っていきたいという思いがあったからです。

その後、健一にも新たな女性との出会いもありましたし、義理の父母からも再婚を薦められますが、その度に、

「智子や義理の父母を裏切ることにならないか?」

「美紀が智子という母親を失ってしまうのではないか?」

という割り切れない心の葛藤が健一に浮かぶのでした。

 

美紀には母親がいた方が良いと思いながらも、そうすれば娘と過ごす時間も減ってしまう。

 

「娘とすごせる今の時間を大切にしたい・・・」

 

そこで健一と美紀は自分の気持ちに素直になり、智子のいないことを受け入れて二人で共に生きて行こうとすることを選んだのでした。

山田孝之はどんな父親を演じているの?

「健一はとても妻や娘想いの父親であり、そして義理堅い男でもあります。」

妻が亡くなった後も年齢や父子家庭の大変さを考えて、新しい相手は見つかる様に周りも応援してくれましたし、実際に健一にも新しい女性との出会いはありました。

 

けれども妻が生きていたら・・・

もし彼女が自分と結婚していなかったら・・・

 

ということを考えると後ろめたさを感じて、

簡単には新たな人生の選択をする事には踏み切れないでいます。

 

亡くなった人は、例えその肉体は消えてしまっても、記憶の中では生き続けます。

「記憶の中で永遠の生命を宿す」

それが大事な人であればあるほど、心の中でその存在は大きなものとなります。

 

ですから、健一にとって智子は今でも最愛の妻であることには変わりないのです。

 

そして娘と過ごす時間を最優先にして、仕事も融通の利く部署に移動し、亡き妻の分まで愛娘の成長を目に焼き付ける様に子育てに奮闘します。

ですが、そこにはこの「普通」じゃない現状が、健一と娘の美紀の前に様々に立ち塞いできます。

健一自身の気持ちにも葛藤が芽生えますが、そのたびに

「娘や妻がどうなってしまうか?」

を最優先に考えてしまいます。

そして健一は妻を失ったこと忘れようとはせずに、そのことを受け入れつつ、娘と共に前を向いてに進もうと思うのです。

 

 

家族と共に過ごす日常の大切さを気付かされるってなぜ?

「自分にとって何が一番大切かに気づき、それを大切に育むことが自分にとっての本当の幸せになる。」

妻を失うことで自分にとって彼女が、どれだけ大切だったか。

その存在の大きさに気付かされます。

 

そして共に残された娘の大事さも痛感し、亡き妻の分まで愛情を注ぎこもうという感情も芽生えます。

父子家庭という普通とは違う状況での日々で、悪戦苦闘する自分を助けてくれる義理の父母や周りの人たち、新たに出会う人もいます。

家族はそれぞれに至らないところもありますし、日々の暮らしの中では様々な出来事にも遭遇します。

そんな時にお互いに励まし合い、助け合って生きていくのが家族という存在でした。

家族がもたらしてくれる、信頼と愛情が自分を癒してくれるものだったのです。

 

そうなれば、自分の気持ちに素直になって「何が自分にとって大切か?」と選択するべきものは「家族」であるという事です。

ですから、とても大切な存在である家族に対して「自分は何をしたら良いのか?」と常に思いめぐらします。

それが健一にとっての一番の「幸せ」なのでした。

試写会で見た人の山田孝之さんに関する意見感想

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ステップ」はなぜ山田孝之さんが男手ひとつで娘を育てるの?どんな父親を演じたのか解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

山田孝之さん演じる主人公の健一は、妻の病死によって人生の大きな岐路に立たされます。

そこで葛藤や苦難がありながらも、「娘と共に生きよう」と大きな決断をするんです。

それがカレンダーへの決意表明である「再出発」という書き込みにも表現されていますし、山田孝之さん自身も役作りや演技には健一の気持ちや娘の美紀の存在に思いを巡らせながら取り組んだ様です。

 

山田孝之さんがどんな健一を演じてくれるか、今からとても楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!