映画「ノイズ」は怖いサスペンスで年齢制限がある?優しい島が一変するギャップがやばい?

映画




映画「ノイズ」

 

今作は2022年1月28日公開予定の

筒井哲也氏の同名コミックを実写化したものです。

 

「デスノート」シリーズで共演した藤原竜也さんと

松山ケンイチさん主演のサスペンス。

 

個人的にも今作は俳優さん、

そして、内容とストーリーから非常に注目している作品です。

 

しかし、ここで気になるのが

今作は誰もが見れるのか?

 

新感覚サスペンスって実際どんな感じなのか?

 

あなたも気になっていませんか?

 

この記事を読めば

今作が誰もが見て楽しめるのかや新感覚とはどんなものなのかがわかりますよ。

 

それでは、

・ノイズは怖いサスペンス映画で年齢制限があるの?

・映画「ノイズ」の新感覚サスペンスって何?新しい感覚ってどんな内容なの?

・映画「ノイズ」の対象年齢はいくつくらい?増えていく死体の描写で子供は見れないの?

について触れていきたいと思います。

 

 

ノイズは怖いサスペンス映画で年齢制限があるの?

 

今作は内容や展開から

年齢制限がありそうにも見えますが、

 

実は映倫区分は「G」

 

これは誰もが見れて楽しめますよ

という事になります。

 

予告動画を見てみても確かに

制限が掛かるような暴力描写・流血といった場面はあまりなさそう。

 

個人的には次々と死体が増えていくので、

てっきり年齢制限があると思ってました。

 

しかし、蓋を開けてみれば

謎が謎を呼ぶ本格ミステリー

 

ミステリー作品はとっても好きなので、

制限なく今作が楽しめるのはすごくありがたい!

 

まぁ、サスペンスはサスペンスでも

チョット独特なのも気になる点ですよね。

 

それでも人がそれなりに死んでいき、

死体を隠したり探したり。

 

少々、血なまぐさい点もあるので

子供に見せるのは少し注意が必要です。

 

あなたも子供や誰かと見る時には気を付けて下さいね!

 

 

映画「ノイズ」の新感覚サスペンスって何?新しい感覚ってどんな内容なの?

 

映画「ノイズ」の新感覚サスペンスって今までのと何が違うのか?

 

今作はいわゆる「一般的なサスペンス作品」とは

ちょっと変わっています。

 

ある出来事から一人の男を殺してしまった主人公。

 

「こんな島までは誰も探しに来ない」

 

そう思った主人公たちは

死体を隠そうという事に。

 

ここまでは、

よくあるサスペンス展開ですよね。

 

しかし、そんな思惑とは裏腹に

島には大勢の捜査官が押し寄せます。

 

今作の新感覚と言われる所は

「出来心で殺人を隠蔽し、

追いつめられていく主人公たちの狂気」にあります。

 

「凶悪犯を殺してしまった・・・

 この犯行を隠し通せるのか・・・」

 

そんな緊張感。

 

この点が普通のサスペンスとは違う

「新感覚」と言える要因となります。

 

しかもここが今作「ノイズ」の軸。

 

揺れ動く人間の複雑な感情が

絶妙なアクセントとなり物語に深みを与えています。

 

孤島という独特のシチュエーション

今作を異色サスペンスたらしめるもの。

 

あなたもこのゾクゾクする新感覚サスペンスを

劇場で体験してみて下さい!

 

演技派の俳優さんなだけに

期待が大きく膨らみますよね。

 

 

映画「ノイズ」の対象年齢はいくつくらい?増えていく死体の描写で子供は見れないの?

 

今作は映倫区分が「G」なので

誰もが見れて楽しめます。

 

ジャンルもサスペンスでホラーのような

残酷・流血等といった過激な描写もあまりないです。

 

しかし、次々に増えていく死体。

 

そして、深まる謎解き展開。

 

これらを考えると僕的に考える対象年齢は

12歳~13歳くらいからがいいと思います。

 

ですので、中学生からという事になりますね。

 

あまり年齢が低いと怖がったりして楽しめませんし、

物語の展開に理解が追い付きません。

 

そうなってはせっかく見に行ったのに

非常にもったいないです!

 

個人的にも内容や描写は

誰もが見て楽しめる程度の物だと思います。

 

しかし、新感覚サスペンスなので

物語に理解が追い付かないと置いてけぼりになってしまうのも事実。

 

なので、今作の対象年齢は12~13歳くらいからが妥当と考えます。

 

ノイズの怖さやサスペンスへの期待の声

「かなり重たそうだし、怖そう」

そんな声がありますね。

 

共演する俳優さんがみんな魅力的なので

見たいという人が非常に多いです。

 

試写会ですでに見た人は

追い詰められていく描写「とにかく苦しい!」

 

どんどん展開がエスカレートしていくので

手に汗握り面白いと高評価です。

 

これは期待できますね!

 

俳優さんの演技は間違いないので

極限に追い詰められていくヤバイ展開にワクワクです♪

 

エグいのが見たいあなた!

見逃さないで下さいね。

 

さて、対象年齢の方ですが、

僕にも子供が二人います。

 

6歳と8歳なので、

まだまだ今作のようなサスペンスに興味ありません。

 

予告を見ただけで

逃げ出す可能性大です(笑)

 

俳優さんに興味を持つようになったら

こういう作品も見たいと言うかもしれませんね。

 

まだ、呪術廻戦も見れないぐらいなので

我が家の子供たちはボスベイビーぐらいがちょうどいいです。

 

という事で、

ノイズは僕だけが楽しんじゃいます。

 

妻も怖い感じのやつは苦手なんですよ。

・・・かわいいでしょ(笑)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ノイズ」は怖いサスペンスで年齢制限がある?優しい島が一変するギャップがやばい?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作は映倫指定が「G」なので

誰もが見れて楽しめます。

 

しかし、過激な描写は少なくても

死体はたくさん出てきます。

 

それに追い詰めれられいく緊迫感!

これを味わう事になります。

 

それを小さな子供に見せるのは

さすがに考えものですよね?

 

あなたも子供や家族・友人と見る際には

内容やジャンルといった点も考えて見てみて下さいね!

 

King &Prince:永瀬廉さん主演のこちらも話題ですよ!

映画「真夜中乙女戦争」はベッドシーンやキスで年齢制限がある?対象年齢も解説!

 

こちらもエグい人間ドラマが展開していきます!

映画「前科者」はドラマ版との違いはどこ?どんなストーリーなの?

 

ドラマから劇場版となり、新たな怖さで話題です!

劇場版「あなたの番です」はラストまで面白い?長いしつまらない?評価感想もまとめ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)