「鬼滅の刃」とうとう1位に?興行収入が324億円超えで千と千尋を抜いた?

映画




映画「鬼滅の刃」無限列車編が絶賛公開中ですよね。

 

ついこの前、興行収入が300億円を超えたというニュースが出てました。

歴代1位ももう目前となっていましたから、

いつかいつかと待っていた方も多いのでは?

 

そして、とうとう新しいニュースが飛び込んで来ましたよ!

 

ここでは、

・映画「鬼滅の刃」無限列車編が1位にとうとう到達?

・千と千尋の神隠しを追い抜いて興行収入歴代1位って凄いの?

について触れていきたいと思います。

 

 

「鬼滅の刃」無限列車編が歴代1位に到達したの?

 

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編が300億円を超え、

いよいよ歴代1位も目前に迫っていましたよね。

 

そして、とうとうあの名作「千と千尋の神隠し」を追い抜き、

 

歴代1位の興行収入を叩き出しました!

 

映画公開11週目にして、

324億7000万円を超えたという事です。

 

千と千尋の神隠しが歴代1位となってから、

19年ぶりの記録更新となりました。

 

この感染症真っ只中で、規制規制という状況にも関わらず

この数値は凄いですよね。

 

我らが煉獄さんがいよいよ1番になりました。

でも、まだまだ伸びそうですよね。

 

現在は、4Dでの上映も開始されています。

通常版やIMAXで既に無限列車編を見たという方も

4DXでの鑑賞をしてみませんか?

 

また、新たな感覚で楽しめますよ。

気になる方は、こちらの記事も参考にどうぞ!

「鬼滅の刃」無限列車編は4DXで見た方がいい?通常版やIMAXは見なくて良いの?

 

 

千と千尋の神隠しを追い抜いて興行収入歴代1位って凄いの?

 

興行収入が歴代1位?

ふーん。

それって凄いの?

 

そう思った方もいるかもしれませんよね。

 

あの名作のジブリ映画「千と千尋の神隠し」を抜いたんですよ!

面白い映画としては、万人が認めるあのジブリ映画です。

 

もう何回見たかわからないという人も多いですよね。

 

あれを興行収入という面で超えたというのは凄い事です。

ちなみに日本の歴代興行収入の現在のトップ10は下記になります。

 

 

 

映画の日本歴代興行収入トップ10

1位  鬼滅の刃-無限列車編-  324億7000万円
2位 千と千尋の神隠し 316億8000万円
3位  タイタニック 262億円
4位 アナと雪の女王 255億円
5位 君の名は。 250億3000万円
6位 ハリー・ポッターと賢者の石 203億円
7位 もののけ姫 201億円
8位 ハウルの動く城 196億円
9位 踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 173億5000万円
10位 ハリー・ポッターと秘密の部屋 173億円

千と千尋とタイタニックというビックネームがこの金額です。

凄い金額だというのがわかりますよね。

アニメ映画がトップ10に半数以上を占めています。

 

最近だと「君の名は。」の250億円というのも凄い金額という事がわかります。

 

でも鬼滅の刃はまだまだ上映されますからね。

どこまで行ってしまうのか、めっちゃ気になります。

 

・・・やばい。

PV見てたら、また泣けてきた・・・。

 

よし、もう一回見に行こう!

煉獄さ~ん!!!

 

鬼滅の刃「無限列車編」の歴代1位に関して凄いというネットでの声

ネットでも「1位になった!凄い!」

そんな声で溢れています。

 

煉獄さんを称賛する声も多いですね。

 

まだまだ勢いは止まっていません。

どこまで行くのか見守りましょう。

 

というか、また見たくなる映画なので、

きっとまた興行収入に貢献しちゃいそうです(笑)

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「鬼滅の刃」無限列車編が1位?歴代興行収入が324億円を超えて千と千尋を追い抜いた?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

僕も無限列車編は3度見に行きました。

ネットを見ていると、5回以上見ている方もかなりいます。

 

通常版、IMAX、4Dとどれも素晴らしく興奮できますよ。

 

もしまだ見てないという方は、ぜひ見てみてくださいね。

絶対、あなたの心にも熱い何かが吹き出してくる事まちがいなし!

 

こちらの関連記事もいかがですか?

「鬼滅の刃」無限列車編はIMAXと通常版のどっちで見た方が楽しめる?見た人の感想もまとめ

「鬼滅の刃」無限列車編で煉獄さんを300億の男にしたい?そんな事をあの清廉潔白な炎柱が望むのか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る