映画「牛首村」は怖いので年齢制限がある?対象年齢についても解説

映画




映画「牛首村」

今作は2022年2月18日(金)公開予定の作品。

 

「犬鳴村」「樹海村」に続く、

清水崇監督が手がける「恐怖の村シリーズ」第3弾となります。

 

坪野鉱泉という北陸地方ではメッチャ知られた実在の心霊スポットが舞台!

個人的にも心霊特集などでよく見た心霊スポット。

 

ですので、見ていてガチでビビる程怖いです!

 

あなたはこの場所、知っていますか?

 

そんな今作、

やはり、かなり怖い事でも話題を集めています。

 

しかし、そんなに怖い作品を

果たして誰もが見れる内容なのか?

 

あなたもここが気になりませんか?

 

なので、今回はこの点について解説しますね!

この記事を読めば

誰もが見れるのか、どの程度怖いのか判断ができます。

 

それでは、

・「牛首村」は怖い内容で年齢制限があるの?

・対象年齢は何歳から?いくつくらいからなら見れるの?

・「牛首村」の怖さはどんな内容なの?心霊の恐怖?実在する村が怖い?

・「牛首村」には伝説が?どんな話なの?

について触れていきたいと思います。

 

 

「牛首村」は怖い内容で年齢制限があるの?

 

清水崇監督が手がける「恐怖の村シリーズ」最新作。

 

その怖さは「おりがみ付き!」

 

内容もかなり怖いので

当然、年齢制限があると思ってました。

 

しかし、今作はなんと

「全年齢鑑賞OK」なんです。

 

 

これにはちょっとビックリしました。

 

個人的にも心霊番組などで

何度か見た事のある心霊スポットです。

 

実際には行ってないのに

テレビで見ているだけで震えがきましたね(笑)

 

そんな実在の心霊スポットが舞台の今作。

 

たしかにジャパニーズホラーには

年齢制限はつきにくい傾向があります。

 

事実、清水監督の過去作でも

年齢制限はありません。

 

そう考えると、今作にも年齢制限がないのもわかります。

 

でも、本当に怖いので

鑑賞の際には注意が必要に感じてます。

 

あなたも見る時には

映倫指定が「G」だから大丈夫!

 

そう安易に思わず、本当に怖い作品もある事を頭の片隅に置いておいて下さいね!

 

 

対象年齢は何歳から?いくつくらいからなら見れるの?

 

実際に存在する場所が舞台という事もあり、

親近感から一層恐怖を感じる今作。

 

いくら全年齢鑑賞可能とはいえ、

小さい子供に見せるのは考えものですよね。

 

これらの点を加味して

個人的には12歳~13歳くらいからがいいと考えます。

 

ですので小学校高学年から中学生ぐらいからとなりますね。

 

予告からだけでも伝わる怖さがあります。

 

大人でも怖いと感じるんですから

小さな子供ならなおさらですよ。

 

トラウマは言い過ぎかもですが、

子供が見た事でよくない方向に考えが行くかも。

 

たとえば

「夜に一人でトイレに行けない」

「怖くて眠れない」など。

 

そうなってくると、

あまり年齢が低い子供に見せるのは控えるべきだと思いませんか?

 

 

僕にも子供がいます。

 

娘は6歳なんですが、

保育園で花子さんの童話を聞いて帰ってきたんです。

 

それから

「お父さん、一緒に来て・・・」

と、毎日手を繋がれトイレ前に待機させられてます。

 

・・・

頼られるのは嬉しいんだけど・・・

 

さすがに昼間は大丈夫なんじゃない?!

 

あと、トイレのドアは閉めようよ(笑)

 

きっと花子さんも恥ずかしくて出てこないし。

お父さん、なんか色々と考えちゃうよ・・・。

 

と、そんな些細な葛藤を送っております(笑)

 

でも、子供って怖い物見たさで

一時ハマる時があるんですよね(笑)

 

僕も子供の頃に心霊番組見て、

夜に寝れなかった覚えが・・・

 

なので、今作の対象年齢は

12歳~13歳くらいからが妥当だと考えます。

 

そのぐらいの年齢なら

ある程度感情もコントロールできるようになりますからね。

 

 

「牛首村」の怖さはどんな内容なの?心霊の恐怖?実在する村が怖い?

 

「牛首村」の怖さは?

そして、どんな内容なのか?

 

実の所、今作の詳しい内容は今の所明らかにされてません。

 

監督自身

「あえて実態不明の怪談「牛首」に焦点を当て、

えぐろうと思います」

そうコメントしています。

 

しかし、公開されている動画を見る限り心霊・実際の場所。

 

この二つが上手くかみあい

一層の恐怖を生み出しています!

 

まず心霊ですが、急に吹き飛ぶ扉。

無数の手に襲われる場面。

 

砕け散る鏡に

何かに取りつかれたように取り乱す女性。

 

考えただけで鳥肌ものの心霊現象のオンパレード!

 

そして肝となる実在する最恐心霊スポット。

 

今作の舞台は富山県魚津市に実在する

心霊スポット「坪野鉱泉」

 

この場所で過去に日本でもあった

恐怖の風習に巻き込まれる物語です。

 

そして、ここは1970年頃に「ホテル坪野」として開業されていました。

 

しかし、ある事件を機に82年に廃業。

 

と、実際に存在するからこその恐怖感が凄いです!

 

こうした心霊の部分にうまく現実の出来事を埋め込む。

これによって恐怖感をあおっているわけですね。

 

「牛首村」には伝説が?どんな話なの?

 

そもそもの話、

「牛首村の伝説」って何?

 

そう思いますよね?

 

牛首村は「牛の首」という怪談が元ネタになっているらしいです。

 

この牛の首という怪談。

 

これを聞いた者は

「恐怖のあまり身震いが止まらず、

 三日と経たずに死んでしまう」とか。

 

この怪談を知るものはみな死んでしまった。

 

今に伝わるのは「牛の首」と言う題名のみ。

それが「無類の恐ろしい話であった」ということだけです。

 

 

そして「牛首村」の伝説の元となった出来事があります。

 

江戸時代の1830年から1844年までの天保。

 

この時代に天保の大飢饉がありました。

 

その時代は食べるものが不足し

カニバ○ズムが行われていたという諸説があるみたい。

 

ここで出てくるのが「牛の首」という言葉。

 

一説によれば、

人を食べてしまうという罪悪感を少しでも減らす。

 

その為に、人の頭に牛の頭をかぶせた事が由来とか。

 

そしてその事実を隠す為に人に話すと呪われる!

 

という怪談が出来上がったわけです。

 

まぁ、諸説あるので真実かどうかは分かりません。

 

しかし、火のない所に煙はたたない。

そうも言いますよね。

 

あなたも興味本位で行ったりしてはダメですよ?

 

しゃれにならない事になるかもしれません。

僕は絶対に近づきません!(キッパリ)

 

牛首村の怖さに関するネットでの声

「怖いけど見たい!」

そんな声で溢れていますね。

 

牛首村の予告はほとんど怖さを紛らわす方向に振ってます。

これをみると「ちょっと面白そう」って思いますわな(笑)

 

でも、シーン毎に見てみたり

いろんな情報を知ると・・・。

 

もうシャレにならんぐらい怖いですわ!

 

まあ、映画は見るけどね。

 

全然話変わるけどネットの声を見てたら

 

「オレが怖いのは女」

「母ちゃんが一番怖い」

 

そんな声もけっこうあってね(笑)

 

そして考えました。

 

僕が怖いのは・・・

「ふ~ん」って言って去っていく妻。

 

コレ、怖いのボクダケデスカ・・・?(笑)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「牛首村」は怖いので年齢制限がある?対象年齢についても解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作は「恐怖の村シリーズ」の中でも

実は屈指の怖さがあると考えています。

 

だって実際に存在する心霊スポットが舞台なわけですよ!?

これが怖くないわけがないと思いませんか?

 

今作、全年齢対象ですが

くれぐれも子供に見せる時にはあなたも含め気を付けて下さいね!

 

でも、怖いの

見ちゃうんですよね・・・。

何でだろう。

 

こちらの作品もかなり怖い雰囲気ですよ。

気になっていませんか?

ザバットマンは怖い表現で年齢制限がある?苦手な人は見れないのか対象年齢も解説

 

こちらもダークで怖そうなので気になってませんか?

映画「ナイトメアアリー 」はグロいし怖いから年齢制限がある?苦手な人は見れないのか対象年齢も解説

 

あの絶賛放映中の呪術廻戦が

いよいよ4D上映スタートですよ!

劇場版「呪術廻戦0」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?見たいという声もまとめ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)