空の青さを知る人よは何歳から楽しめる?対象年齢や子供が観てもわかる内容か解説

映画




こんにちは。かみずです。

映画「空の青さを知る人よ」

長井龍雪監督が手掛ける、ちょっと不思議な、それでいて最後は温かい気持ちになれる映画です。

 

今回のこの作品は登場人物4人による「淡くて切ない四角関係」を表現した物語です。

恋愛の物語なので「子供には難しいかな?まだ早いかな?」と気になりませんか?

僕にも子供がいますんで、気になる方もいるかと思ったわけです。

 

ここでは、

・対象年齢は何歳くらいから?

・物語の内容は子供でも大丈夫なの?

・観た人の評価感想

について触れていきたいと思います。

 

空の青さを知る人よの対象年齢は何歳くらいからなのか

この映画は全年齢対象の映画です。

ですので、見ようと思えば小さなお子さんでも見れるわけですね。

 

ですが、4人の現在、過去、そしてその心情を表現しているこの作品「対象年齢は高め」です。

 

個人的には高校生以上。

あるいは、中学校高学年からなら知識、経験も共感する部分が出てきて楽しめると思います。

 

でも、やっぱりおすすめするのは大人ですね。

大人にこそ観てほしい!

ぜひ、僕のようなおっさんやおば・・・、いや、お姉さんに観てほしい。

そう思います。

 

学生から恋愛、日々の生活を営みながら仕事に励むあなたにぜひ観てほしいです。

「ああ、こんな気持ち・・・あったなぁ」

そう、懐かしく感じる部分がきっとある。

そんな映画です。

 

でも、中高生の子達でも楽しめると思います。

主人公の「あおい」共感できると思いますし、「しんの」純粋さ真っ直ぐさが好きと感じれると思います。

僕的には中高生から40代のおっさん、おば・・・(くどい!)お姉さんにと幅広くおすすめできるめずらしいアニメ映画だと思っています。

 

なので、うちの未就学児たちにはまだまだ早いですね。

わかるようになったら、ぜひ観せたい映画というのは間違いないです!

(お姉さんと表現するのは、妻の冷たい目が見たくないからです!)

 

ストーリーの内容は子供でも大丈夫なのか

登場人物は主人公の高校2年生「あおい」

「あかね」は10歳以上年の離れた”あおい”のお姉さん。

「あかね」が高校生の頃に彼氏だった「金村慎之介」

そして、13年前、当時あかねが高校生の頃の彼氏の姿で現れる「しんの」

ちょっと混乱しますね。

 

現在のあおい、あかね、金村慎之介がいる世界13年前の姿金村慎之介が「しんの」として現れるという事です。

 

この4人の人間臭さをリアルに表現しています。

 

青春の甘酸っぱい思い出、切なさ、心臓の動機や心が締め付けられるような感情。

 

これを感じ取って受け入れるには、何と言っても経験が必要です。

 

「息遣い、表情、感情の動き」

 

そういう理由から、小学校から中学校の低学年までには、ちょっと理解ができなかったり、情報として受け取れない表現が多いと思います。

楽しむには、それ相応の経験が必要ですね。

 

幼児には他の映画を見てもらいましょう。

見た人の評価感想

「井の中の蛙大海を知らず、されど、空の青さを知る」

この言葉がとてもよく「わかる」という感想や、「観れてよかった!公開されたらまた観に行く!」という意見が多いです。

前作の“あの花” “ここさけ”よりも好きという評価感想もありますから、超平和バスターズ作品が好きな方は必ず観ましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「空の青さを知る人よは何歳から楽しめる?対象年齢や子供が観てもわかる内容か解説」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

お子さんがもう大きくて、物事の理解が深まっているようなら楽しめる映画だと思います。

小さいならよく考えてみて下さいね。

 

こちらの感動作もぜひどうぞ!

映画「最高の人生の見つけ方」(日本版)って面白いの?つまらないの?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!