映画「ミッドウェイ」の評価感想!微妙でつまらない?戦闘シーンは大迫力で面白い?

映画




映画「ミッドウェイ」

ローランド・エメリッヒ監督が、第2次世界大戦のターニングポイントとなったミッドウェイ海戦を描いた戦争映画です。

エメリッヒ監督といえば「インディペデンスデイ」を思い出す方も多いのではないでしょうか。

 

今作品は史実に基づく内容ですので、戦争というテーマをどこまで表現しているのか?

 

そして、エメリッヒ監督ならではの戦闘描写がどのように描いているのか?

 

手に汗握る緊迫感に重厚な内容で楽しませてくれる映画になっているのか

気になりませんか?

 

ここでは、

・映画「ミッドウェイ」はつまらない駄作なの?面白いの?

・映画「ミッドウェイ」は内容がふつうで面白くないという評価感想

・映画「ミッドウェイ」は映像が大迫力で面白いという評価感想

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「ミッドウェイ」はつまらない駄作なの?普通に面白いの?

 

映画「ミッドウェイ」はつまらないのか?

それとも面白いのか?

 

賛否は別れていますが、総じて、

 

「戦闘描写は圧巻で最高に面白い」

 

という意見が多いです。

 

まさに映画館で見るべき映画と言えるでしょう。

 

最高のシアター空間が、迫力満点の臨場感で

戦艦や空母の砲撃、

爆撃機が迫る緊迫感

 

好きな方はワクワクしながら見れる事、間違いないです!

 

ですが、

物語の内容としてはかなり薄いという感想もかなり多いです。

 

「面白いんだけど、ドラマ性がなぁ・・・」

「人物描写がもう少しあっても良かったのに・・・」

 

そんな、「おしい」という意見も多く見られますね。

 

僕としては、戦闘の緊迫感や爆発の迫力、爆音が大好物なので

かなり楽しめると思っています。

 

 

 

映画「ミッドウェイ」は内容が平凡?結局アメリカ万歳で面白くないという評価感想

 

登場する人物の背景を描いていないので、内容としてはかなり薄く感じたという感想が多いです。

 

あと、日本とアメリカを公平に描くと謳っているわりには、

やっぱりアメリカ寄りと感じる表現がある事に「中立」とは思えないという意見もあります。

 

では、実際の声を見てみましょう。

「結局アメリカ目線だった」

「日本側の描写もちゃんと描かれているが、やっぱり物足りない」

そんな意見も複数あります。

 

ですが、それでも

 

「普通に面白い」

「思っていたより良くできている」

 

そんな感想の方が多く見られます。

 

映画館で見れば、その臨場感や迫力にインパクトが大きいので、

その部分での評価が全体を押し上げていると言えるんでしょうね。

 

映画「ミッドウェイ」は映像が大迫力で面白いという評価感想

戦闘シーンの描写には納得の出来という声で溢れています。

迫力のある映像を期待して見た方は大満足という事ですね。

僕もこの部類に入ると思います。

 

艦隊戦の砲撃の迫力、爆撃機に迫る緊迫感。

 

見どころはまさにここと言えるでしょう。

 

ぜひ映画館でその超弩級の戦闘映像を味わっていただきたいです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ミッドウェイ」の評価感想!微妙でつまらない?戦闘シーンは大迫力で面白い?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

登場人物たちをもう少し深堀りしていたら、感情移入もしやすくなり

世界観に入り込めたのではないかと思います。

 

ですが、戦闘描写は流石エメリッヒ監督という表現になっており、

見応えは多いにあると思いますよ。

 

酷評をされている方もいますが、内容は「ふつう以上」にちゃんとなっているという意見が多いので

ストーリーに期待しすぎなければ、十分に楽しめると思います。

 

こちらの映画も最高のアクションと話題です!

地上波放送がありますよ。

マッドマックス:怒りのデスロードは前作見てないけど楽しめる?予習復習が必要か解説

 

映像表現に期待が高まっているこの映画も気になりませんか?

映画「TENET テネット」の時間逆行ってどんな世界観なの?なぜ時間のルールから脱出する必要があるの?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る