ライオンキング実写映画は字幕と吹替どっちがオススメ?日本語声優と歌の評価についても

映画




もうすぐ「ライオンキング実写版」が公開です!

公開日2019年8月9日(金)になります。

夏休み期間中なので、お子さんと一緒にと考えている方も多いのではないでしょうか?

でも、「ライオンキング実写版」って字幕版と吹替版があるよね?

あれ、結局観るならどっちがいいの?

って思いませんか?

ここでは、

・映画『ライオンキング実写版』は吹替、字幕、どっちがおすすめなのか

・どんなふうに観ればより楽しめるのか

上記について触れていこうと思います。

 

 

映画『ライオンキング実写版』は吹替と字幕どちらがオススメなのか

一概には決められないのですが、単純に決めるなら

・アニメ版「ライオンキング」吹替で観ていた、今回吹替する人のファン、小さな子どもと一緒なら『吹替版』で観ましょう。

「ライオンキング」を観たことが無い、本人の声が聞きたい、吹替の声優に疑問がある、映画は断然字幕という方なら『字幕版』で観ましょう。

では、詳しく説明していきたいと思います。

どんな人に吹替版がおすすめなのか(日本語声優と歌の評価について)

下記に該当する方は吹替版の鑑賞が良いと思います。

・吹替する人の声で聞きたい方、もしくはファンである

・小さな子どもと一緒に鑑賞する方(字幕を追えないので)

・字幕を追う事がストレスになるという方

・映像に集中して楽しみたい方(字幕だと追うのに集中してしまう)

 

主人公シンバの声を担当するのは俳優の「賀来賢人」さん

今回、声優初挑戦です。

演技も歌もかなり上手いとの評判なので、シンバにどのように命を吹き込むのか楽しみですね。

 

幼なじみのメスライオンでナラの声を担当するのは「門山葉子」さん

舞台ミュージカルの女優声優としても活躍しているそうです。

歌も素晴らしいと絶賛している方もいるので、賀来賢人さんとの共演楽しみですね。

 

シンバの父親ムファサの声を担当するのは「大和田伸也」さん

『ライオンキングのムファサの声は「大和田伸也」しかいないでしょ!』と続投への喜び、安心の声が多数です。

実写版でもあの「渋くてかっこいい」ムファサが観れますね。

 

ムファサの弟スカーの声を担当するのは「江口洋介」さん

予告動画で声を聴いてみて下さい。めっちゃいい声です。

今回は「悪役」としての役回りですが、シンバとの戦いが見ものですね。

 

小さなお子さんと一緒に観るなら、やっぱり吹替版がおすすめですね。

映像に集中できるので見やすいですし、そもそも小さな子では字幕は追えないですよね。

大人でも「映像を楽しみたい」という方は吹替版がおすすめです。

字幕を追っていると、細かい動きを見逃してしまいますからね。

今回、ムファサ役大和田伸也さんがアニメ版に引き続き続投していますので、その面でも吹替版を選ぶ理由になると思います。

 

字幕がおすすめな人は?

下記に該当する方は字幕版の鑑賞が良いと思います。

・「ライオンキング」を観たことが無い大人の方

・俳優さん本人の声で観てみたい

・映画の空気感を大事にしたいので断然オリジナルがいい

・小さな子どもがいないゆったりできる空間で鑑賞したい

既に全米で公開されていますが、大ヒットスタートとなっています。

公開3日間の興行収入が約1億8500万ドルで全米歴代9位という爆発的なオープニングを飾っています。

ぜひ字幕版で「それ」を体感してみて下さい。

英語に強い方は断然字幕をおすすめします。

あとは小さな子供だと字幕が追えないので、字幕版の方が子供が少ないでしょう。

子供が多い事で煩わしく思ったことがあるなら、字幕版でゆったり観るのが良いと思います。

 

映画『ライオンキング実写版』を最高に楽しむにはどうすればいいか

本当に、本当に、最強に楽しみたい!

そんなあなたには、

字幕版、吹替版、両方観るのをオススメします!

さらに3D版、4DX版があるならこれも凄くおすすめします。

そうです。全部観ましょう。

特に4DX版は席が取りづらい可能性があるので、ネットでチケット購入もチェックしてみて下さい。

何回も観に行く事で、新しい発見が見つかりますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

字幕版、吹替版、どっちが良いかはその人の状況により変わってくるので絶対ではありません。

参考になったなら嬉しく思います。

では、「ライオンキング」の世界で感動を味わいましょう!

 

実写版ライオンキングの歌はどうなのか気になりませんか?

『ライオンキング実写』吹き替え版の歌はうまいの下手なの?口コミ評価も

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!