映画「花束みたいな恋をした」で2人はなぜ別れたの?

映画




映画「花束みたいな恋をした」

「花束みたいな恋をした」2021年1月29日公開の日本映画です。

 

脚本は「東京ラブストーリー」「カルテット」などのテレビドラマを手掛けた、

坂本祐二さんが初の映画オリジナルラブストーリーを書き下ろしました。

 

監督は「いま、会いに行きます」「ハナミズキ」で知られる土井裕泰監督が務めています。

 

ラブストーリーに定評のある2人が作る世界で、

菅田将暉さんと有村架純さんが主演を務めます。

 

さて、タイトルの「花束みたいな恋をした」という過去形の表現は、

2人の別れを暗示しているように感じませんか?

 

このタイトルから

 

最後は二人は別れるの?

バッドエンドなの?

 

という疑問を抱いた方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、

・「花束みたいな恋をした」で別れる理由は何?

・カップルの口喧嘩はリアルな雰囲気で共感しかない?

・「花束みたいな恋をした」はバッドエンド?ラストは希望がある?

について触れていきたいと思います。

 

 

「花束みたいな恋をした」で別れる理由は何?

 

「花束みたいな恋をした」という過去形のタイトル。

 

この表現の通り、菅田将暉さん演じる山音麦と有村架純さん演じる八谷絹は

最後には別れを選択します。

 

その別れる理由は

“些細なすれ違いから”と表現するしかありません。

 

大学卒業後、二人は就職活動をしながら、

ささやかでも幸せな同棲生活を送ります。

 

二人の目標である“現状維持”という言葉からもわかるように、

二人でいられる時間を大切に暮らしていきます。

 

しかし、麦の就職が決まると少しずつ二人の間にすれ違いが生じるようになります。

 

 

二人の生活のため仕事を頑張る麦。

 

二人でいる時間を大切にしたい絹。

 

この小さなすれ違いが

最終的に別れるという結果に繋がってしまうんです。

 

大きな事件やきっかけがあった訳でもなく、

お互いが嫌いになった訳でもない。

 

現実世界でもそこらじゅうにありそうな理由が別れの理由です。

 

このリアルで現実味のある設定が多くの共感を呼び、公開前から多くの注目を集めているんです。

 

大学を卒業して社会人を迎えたカップルなら

多かれ少なかれ経験するであろうすれ違いがリアルに描かれています。

 

“付き合いたてのカップルや就活中のカップルは一緒に見ない方がいいかも?”

 

なんて意見もあります。

 

カップルでの鑑賞は自己責任でお願いします(笑)

 

カップルの口喧嘩はリアルな雰囲気で共感できる?

 

リアルで現実味のある設定に加え、

主演の2人の口喧嘩が実にリアルなんです。

 

現在ボリュームのある140秒予告がYouTubeなどで公開となっています。

この映像にも口喧嘩の様子が含まれています。

 

二人で幸せに生きていくためにやりたくないこともするという麦、

 

やりたいことだけして生きていきたい絹のすれ違いは、

カップルで学生から社会人という道をたどった方なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

僕もどこかで聞いた事のあるような・・・。

 

いつか言ったことのある内容に感じ、ひたすら共感しましたね。

 

この140秒予告はとても見応えがあり、作品の世界観がしっかり伝わってきます。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

 

「花束みたいな恋をした」はバッドエンド?ラストは希望がある?

 

今作は一概にバッドエンドとは言えません。

 

結末で2人が別れという決断を下す時点でハッピーエンドとは言えませんが、

個人的にはバッドエンドと言い切ることもできないと考えます。

 

確かに別れという決断をしましたが、

二人はタイトルにもあるように

 

“花束みたいな恋”をしたんです。

 

それは決して嫌な思い出ではなく花束のように綺麗で、大切な思い出となったんです。

 

皆さんの心の中にも、花束のような昔の恋が仕舞ってあるのではないでしょうか。

この作品でも二人はこの恋を大切にし、お互いの道を進むというラストになっています。

 

個人的には、よかったよかったと思えるようなハッピーエンドではないんですが、

観終わった後、懐かしい淡い気持ちにさせてくれるような作品になっていると感じています。

 

ぜひ、恋を卒業して、パートナーや家族への愛を手にした方に観て頂きたい作品です。

 

花束みたいな恋をしたの内容に共感や恋愛に関してのネットでの声

 

2人のケンカシーンには

「なんだか見たことあるな・・・」

そう思わせるリアルさがありました。

 

互いに相手の事を考えているのに

意見がすれ違うというのは辛いですよね。

 

僕も妻と話をしていて、伝えたい事と違う伝わり方になってケンカになることがたまにあります。

 

その時、妻はただ話を聞いてほしかっただけだったようですが(笑)

 

ついつい、自分の考えを話しちゃうんですよね。

相手は求めてないのに・・・。

 

僕の小さい所です(笑)

 

今作は恋愛をして同棲に進むわけですが、

別れて暮らすのと一緒に暮らすのとでは大分違いますよね。

 

僕としては、一緒に暮らすなら

ある程度の期間で結婚に向かわないと厳しいと思うんです。

 

同棲すると恋愛という所から共同生活という部分に移行しますからね。

 

一緒にいて当たり前になってしまうと・・・。

 

なんて思ってしまいました。

 

でも、好きな人と一緒に5年も暮らせるなんて幸せですよね。

 

2人のような美男美女なら尚更です。

でもここは美しすぎて共感できん(笑)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「花束みたいな恋をした」で2人はなぜ別れたの?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

リアルで現実味のある恋愛を描いた「花束みたいな恋をした」。

リアルな設定に加え、主演を務める菅田将暉さん、有村架純さんの自然な演技にも注目が集まっています。

今現在恋愛真っ只中の方から、現在では家族を持ち、恋を卒業した方まで楽しめる作品になっているのではないでしょうか。

 

恋愛ではありませんが、こちらのドラマもステキですよ!

面白いので、見てないなら興味ありませんか?

ドラマ「その女ジルバ」がつまらない?なぜ?対象年齢が合わないだけじゃない?

 

面白さでは、こちらの映画も高評価ですよ!

「コンフィデンスマンJPプリンセス編」はつまらない?騙されて面白い?評価感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る