映画「グーニーズ」は古すぎてつまらない?今見ても面白いの?楽しめるポイントも解説

映画




映画「グーニーズ」

「グーニーズ」は1985年に公開されたアメリカ映画です。

 

主人公の悪ガキ少年たちは自宅の屋根裏部屋から海賊が残した宝の地図を発見。

友人たちと宝探しに出かけます。

 

でも、そこには刑務所を脱獄した悪人たちが隠れていて・・・。

 

少年たちの冒険心をくすぐる名作として有名ですが、

「ちょっと古すぎ」と感じていませんか?

 

「今見ても楽しめる物語なの?」

 

そう気になる方もいると思いました。

 

例えば、今の若い人に「80年代のゲームを楽しめ!」というのは

無理があるかもしれませんよね。

 

そうなると今作はどうなのでしょうか?

 

ここでは、

・映画「グーニーズ」は今見ても楽しいと感じて見れるのか?

・「グーニーズ」が面白いポイントを解説

・「グーニーズ」を楽しめるのはどんな人なの?

・「グーニーズ」がつまらないと感じるのはどんな人?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「グーニーズ」は今見ても楽しいと感じて見れるのか?

 

名作と言われる映画「グーニーズ」

 

今見ても面白いのか?

 

結論から言います。

 

現代でも十分楽しめます。

 

「古くさくてつまらない」ということはないですよ!

 

 

今の映画と違うのは

「派手な演出が無い」いう点です。

 

今の時代ってCGを使ってどんな映像も作れますよね。

 

でも、「グーニーズ」は

カメラで撮影できる範囲の映像です。

 

僕はそれがいいと思います。

 

 

「映画を観るなら派手できれいな映像を見たい!」

という方もいるかもしれません。

 

しかし、映画の本質は

「物語」と「演技」ではないでしょうか?。

 

どんなお話なのかという点が最重要。

 

そして、私たちが感情を揺さぶられるのは

人間が泣いたり笑ったりといった感情表現。

 

つまり俳優さんの演技ですよね。

 

こういった部分はどの時代の作品でも関係ありません。

いくら古かろうが、面白いものは面白いんです。

 

「グーニーズ」が面白いポイントを解説

 

「グーニーズ」が面白いポイントはどこなのでしょう?

 

それは、

「勇気あふれる大冒険と、友情です」

 

昔の海賊が残した宝の地図を見つけて

子どもたちが宝探しに行くというお話です。

 

個人的に山場だと思ったのは

宝の在り処である洞窟をしばらく進んだ地点。

 

洞窟には数々の罠が仕掛けられており、

めっちゃ危険!

 

死んでしまうかも。

 

実際、骸骨が転がっているような洞窟です。

 

しかし、冒険の途中で

地上につながっている井戸の底にたどり着きます。

 

一同は安堵して帰ろうとしますが

主人公のマイキーは語ります。

 

「今ここで頑張らなくてどうする?」と。

 

実はマイキーの家は多額の借金を抱えており、

債権者によって取り壊される寸前。

 

一生に一度のチャンスを掴むため

死を顧みず一同は先に進みます。

 

ここのマイキーの決意が最高にかっこいい!

 

 

そしてもうひとつ注目すべきは「友情」です。

 

借金を抱えているのはマイキーの家であって、

友人たちは関係ありません。

 

ですからヤバかったら帰ってもいいはずですが、

彼らは帰らないんですね。

 

マイキーが行くと言ったら行くんです。

 

親友だから。

これからも一緒に遊ぶために。

 

このあたりの子供たちが輝いている姿は

大人が見ても胸を打たれますよ。

 

童心を思い出してしまいますね。

 

 

「グーニーズ」を楽しめるのはどんな人なの?

 

映画「グーニーズ」を楽しめるのはどんな人なのか?

 

①10歳くらいの子供にドンピシャリだと思います!

②コメディーが好きな人におすすめです。

 

 

 

①に関しては単純明快です。

 

大体12歳くらいに見える子どもが中心の映画ですから。

内容も宝探しと、子供がワクワクする内容ですよね。

 

次に②です。

子供たちは大真面目なんですが

いろいろと突っ込みどころが多いんですよね。

 

1点だけ突っ込ませてください。

 

宝の在り処、近すぎるだろ!

 

宝の在り処である岬のレストランは

家から自転車をちょっと漕いだら着いてしまう場所です。

 

ここまでスケールの小さい映画を見たことがありますか?(笑)

 

この独特な世界観にはクスッときてしまいました。

 

そして、悪役として登場するフラッテリー一家は

正直言ってあんまり怖くないです。

 

子供に転ばされたりして間抜けさが目立つしね。

 

戦っているのか遊んでいるのか

 

最後の方はよくわからないです。

 

「宝をよこせ!」

 

そう銃を突きつけられているのに

裏では「陽気なBGM」も・・・。

 

この音楽に乗せたドタバタ劇が

グーニーズの楽しさだと思えます。

 

「グーニーズ」がつまらないと感じるのはどんな人?

 

「子供っぽい話は見る気になれない」

 

そんな方にはおすすめできません。

 

ストーリーは極めてシンプルです。

 

アッと驚く展開は期待しないでください(笑)

 

それと、本気の戦闘や

スリルを求める人には合わないですね。

 

全体的に緊張感が無いです。

 

洞窟にはハマれば死ぬレベルの罠が数多く仕掛けられている上に、

銃を持った悪役に追われます。

 

にもかかわらず、

安心して見れちゃいます。

 

とても死人なんか出そうにない雰囲気なんですよ。

 

本作で楽しめるのは

わちゃわちゃとした愉快な冒険、

そして仲間と協力して大きなことを成し遂げる姿です。

 

子供による子供のための映画と言えるでしょう。

 

 

そして、グーニーズを小さい頃に見た大人たち。

 

そう、僕のようなおっさんや

大きいお姉さんたちにも

やっぱり楽しめると思んですよ。

 

 

僕も数十年ぶりに見たんですが、

 

「あれっ?こんな感じだったっけ?!」

 

と、ある意味新鮮に見れました。

 

かなり忘れてましたね。

 

ずっと昔に見た方は、

大人も結構楽しめますよ。

 

今作は、リアルのスリリングや

本物を求める人には向きません。

 

でも、子供たちと家族で見るには

最高の冒険物語だと思います。

 

映画「グーニーズ」が今見ても面白いというネットの声

金曜ロードショーのグーニーズを楽しみにしている人がめっちゃ多いですね。

 

僕も7歳の息子と一緒に見ようと思います。

絶対気に入ると思うんですよね。

 

一部見せたくない表現もありますが(笑)

 

 

まあ、いずれ通る道です。

 

「ちょっとなあ」という部分はアッサリと受け流して

一緒にドタバタ劇の冒険を楽しみたいと思います。

 

やっぱり同じような年頃の子供たちの言動は

息子もハマると思うんですよね。

 

ゲラッゲラ笑いながら見てる姿が想像できます(笑)

 

下ネタも大好きだからねぇ。

 

5歳の娘も一緒なら見れるんじゃないかなぁ。

 

この自粛の楽しくない流れを

グーニーズで一時解消したいと思います。

 

子供さんがいるお父さん、お母さんは

ぜひグーニーズを一緒に楽しんではいかがでしょうか?

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「グーニーズ」は今見ても面白いの?古すぎてつまらない?楽しめるポイントも解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

最近の映画は映像が凄いですよね。

現代の「ゴジラ」なんか度肝を抜かれます。

 

対して昔の映画では

俳優さんにほぼ全ての焦点が当たると言ってもいいのでは。

 

それはそれで大いに面白いものです。

 

自分が生まれてもいない年代の映画から

名作を見つけるのも一興だと思いますよ。

 

時代を問わず自分のお気に入りの映画を

チェックするのも楽しいと思いませんか?

 

もうすぐ公開のこちらの大ヒット続編ホラー!

ワクワク・ドキドキが止まりません!

クワイエットプレイス「破られた沈黙」は前作を見てないと理解できない?予備知識が必要か解説

 

 

こちらの関連記事もいかがですか?

映画「グーニーズ」のテレビ放送は吹替と英語どっちで見た方がいい?音声や字幕への切替方法も解説

 

 

こちらの話題の最新作は気になってはいませんか?

映画るろうに剣心「ビギニング」は窪田正孝が有村架純の許嫁役?実は1作目から出てたって本当?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)