映画「あの頃」はあややの再現度が凄すぎる?山﨑夢羽が演じる松浦亜弥がやばいという声もまとめ

映画




映画「あの頃」

 

2021年2月19日に公開予定の今作は

作中に登場する松浦亜弥さんの再現度がヤバイ!と注目を集めています。

 

松坂桃李さんがアイドルオタクで主演!

という事も合わせて話題が尽きませんね。

 

でも、どこまでそんなに凄いのか?

 

あややの再現度がヤバイってそれ程なの?

 

そう疑問に思いませんか?

 

ここでは、

・映画「あの頃」は松浦亜弥の再現度が高すぎるってそんなに似てるの?

・映画「あの頃」の再現度が凄いのはあややだけじゃない?

・「あの頃」はあなたに「推し」がいれば必ず刺さる映画?

について触れていきたいと思います。

 

「あの頃」がいよいよ動画配信スタートしました!

映画「あの頃」はハロプロがテーマじゃない?友情が泣ける人生ドラマ?無料で見る方法も紹介!

 

 

 

映画「あの頃」は松浦亜弥の再現度が高すぎるってそんなに似てるの?

 

映画「あの頃。」はあややの再現度が凄い?

それってどの程度なの?

 

結論からいいます!

 

めっちゃ似てます!(笑)

 

 

マジでパッと見ただけなら見分けがつかないレベルです。

 

 

というのも、今作で松浦亜弥さんの役を演じたのは

 

以前から似ているともっぱらの噂だった

現役のハロプロメンバーであるBEYOOOOONDSの山崎夢羽さんなんです。

 

現にハロプロの大ファンである原作者・劔氏

 

「実在する人物の難役なので、せめて後輩ハロメンが演じないと誰も納得しません! 

しかも…運のいいことにちょっと似てる人がいるんです」

 

そうコメントする程です。

 

山崎夢羽さん自身も松浦亜弥さんのMVやライブ中のMC等を何度も見返し研究をしたそうです。

 

ここまで細部にこだわっているんだから、

似てないわけがない!

 

現に実際の松浦亜弥さんのMVとかライブのパフォーマンスと見比べても

素人目では見分けがつきませんでした(笑)

 

確かに元々の雰囲気が似ていた事もありますが、

そこに衣装や立ち振る舞いがプラスされる事で本人かと思える程の完成度になっています。

 

皆さんも是非一度、実際に目にして比べてみて下さい!

 

 

 

映画「あの頃」の再現度が凄いのはあややだけじゃない?

 

再現度が非常に高く、滅茶苦茶似ているあやや。

 

こちらに目がいきがちですが、

実は凄いのはあややだけではありません!

 

作中に登場するアイドルオタク達の熱いテンションとノリ

正に当時の盛り上がアイドル達の人気の高さ・注目度を完全に再現しています。

 

実際に元モーニング娘の人達や藤本美貴さんご本人も

 

「あの時の瑞々しい気持ちを思い出しました」

 

「当時が蘇る素晴らしい再現に感激しました。」

 

そんなコメントを出しています。

 

 

予告動画にもあるように、

 

あのキレッキレのオタダンス、

好きなアイドルについて熱く語り握手会等のイベントで一喜一憂する様子は見ていて懐かしく思います。

 

ここまで細かい所まで再現している点は流石元アイドルオタクである原作者・劔氏の熱い思いと懐かしき「あの頃」が成せる事だとしみじみ思わされますね(笑)

鑑賞の際にはこういった細やかに再現されている所にも注目して見ると更に作品を楽しむ事ができますよ!

「あの頃」はあなたに「推し」がいれば必ず刺さる物語?

 

アイドルファンや「あの頃」世代の人、

或いは現在進行形でアイドルオタクの人には

 

「間違いなく刺さる作品です!」

 

一言にオタクと言ってもジャンルは様々ですが、

一つの事に夢中になり熱くなれる点では一緒です。

 

僕はアイドルオタクではありませんが、

アニメやゲームといった所謂サブカルオタクです。

 

夢中になっているものが違っても「あの頃」のようにアイドルやイベント、

同じ仲間とバカ騒ぎし盛り上がる気持ちはメッチャ分かります!

 

皆さんにも何か一つは好きな事であったり、夢中になれる事があると思います。

 

そんなあなたに「推し」がいるならば、今作は間違いなく刺さります!

 

時間が経つにつれ以前ほどの情熱が持てなかったり、

時間が中々取れなくなってしまった人もいるかと思います。

 

でもまだ胸に「あの頃」の熱い思いが残っているなら

今作はそんなあなたを応援してくれる「推し」の作品となりますよ!

 

 

 

松浦亜弥や当時のオタクに関する再現度についてネットでの声

山崎夢羽さんのあややの再現度が高すぎるという声が非常に多いですね。

他には衣装や当時のヲタ芸の再現も良く出来ているという意見もかなりあります。

 

昔の自分と重なるという方が声を出してくれていますね。

 

もし過去、現在に「推し」が存在する人なら

かなり共感してしまう内容だと思います。

 

「推し」がいなかったとしても、

友達や仲間との馬鹿騒ぎを見ていると

当時の自分を思い返してしまうんじゃないかな。

 

僕も◯学時代に友達の寮で集まって

飲み会をしたり、

 

部室で飲んで、

形跡が学校に知られてビビったり(笑)

 

そんな、どうしよもない出来事を思い返しました。

 

 

あの頃・・・

 

良かったなぁ・・・。

 

そんな友達と今でも繋がりを持てているのは幸せですよね。

 

でも、今も妻や子供に恵まれて幸せだけどね。

きっとあなたも、そんな感覚を味わえる作品だと思いますよ。

 

見たくなったでしょ♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画「あの頃」はあややの再現度が凄すぎる?山﨑夢羽が演じる松浦亜弥がやばいという声もまとめ』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

あややの再現度がマジでヤバいってレベルで凄い今作ですが、そこだけに注目するのではなく細かい所も見てみて下さい。

きっと皆さんの「推し」を応援してくれる素晴らしい作品です!

 

一緒に「あの頃」の懐かしくも馬鹿らしい夢中になった日々を思い返してみましょう!

 

 

こちらの関連記事もいかがですか?

無料で見る方法もありますよ♪

映画「あの頃」はハロプロがテーマじゃない?友情が泣ける人生ドラマ?無料で見る方法も紹介!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る