映画「ザ・メニュー」は怖いホラーなので年齢制限がある?対象年齢についても解説

映画

映画「ザ・メニュー」

今作「ザ・メニュー」は2022年11月18日(金)公開予定の作品。

 

孤島にある高級レストラン。

太平洋岸の孤島を訪れたカップルのマータイラー

 

お目当ては、なかなか予約の取れない

有名シェフ、ジュリアン・スローヴィク

 

彼が振る舞う、極上のメニューの数々。

 

しかし、マーゴが感じたふとした違和感をきっかけに

レストランは徐々に不穏な雰囲気に・・・。

 

隠された秘密が明らかになっていく様を描いたサスペンスです。

個人的にも独特の雰囲気と世界観に興味が膨れ上がっています。

 

しかし、そんな今作ですから気になる事がありますよね。

 

それは怖いのかや年齢制限などがあるのか?

 

あなたも面白そうなので見てみようと思っているなら

ここがどの程度かと気になっているのでは?

 

なので、今回はこの点について解説しますね!

 

この記事を読めば

ザ・メニューが誰もが見る事ができる内容なのかも分かるますよ。

 

それでは、

・「ザ・メニュー」は怖い内容で年齢制限(レーティング)があるの?

・対象年齢は何歳から?いくつくらいからなら見れるの?

・「ザメニュー」は一皿ごとに怖さが増す?シェフはサイコパスなの?

・怖いけどブラックジョークに笑える?ホラー苦手でも見れるの?

・試写会で見た人の感想

について触れていきたいと思います。

 

 

「ザ・メニュー」は怖い内容で年齢制限(レーティング)があるの?

 

「ザ・メニュー」は怖くて年齢制限がかかっているのか?

 

今作はその内容から

「R15+」というかなり高めのレーティングが設定されています。

 

これは15歳以上の人が見る事ができるというもの。

生年月日を確認できるものを持っていく事も必要です。

 

なぜなら、チケット購入時、

または入場時に年齢の確認が必要となる場合がある為。

 

個人的に感じているのはマジもんのホラー作品とは

チョット違ったテイストのスリラー作品かな?!

 

と、いった感じ。

 

なにも血みどろの惨劇や死体が大量生産されるわけでもない。

 

ただ、底知れない恐怖

ジワジワと襲い掛かってきます。

 

レーティングに関してもスプラッター表現というよりも

別視点の表現がネックだと感じますね。

 

とくに料理に込められた意味などを理解していくにつれゾッとします。

こういった点でレーティングがきつくなっていると思います。

 

なので、今作にはその内容や描写から

R15+という高めのレーティングが設定されています。

 

あなたも気になっていて見るつもりなら

少しだけ気を付けて下さいね!

 

 

対象年齢は何歳から?いくつくらいからなら見れるの?

 

今作は「R15+」のレーティングが設定されています。

15歳以上なら鑑賞可能です。

 

これに照らし合わせて適正な対象年齢

15歳~17歳くらいからがいいのではと思います。

 

まあ、妥当な映倫指定というわけですね。

 

今作は別にスプラッター要素が強いわけでも

流血描写が特別多いという事もありません。

 

ただ、出される料理に隠された意味

意図などが理解できなければ「ザ・メニュー」は楽しめません。

 

こういったチョットしたミステリー要素、

そしてスリラー作品という事。

 

この辺りに強くないと楽しんで見る事は難しいでしょう。

 

背筋がゾクッとする怖さもあるので、

今作のレーティングはまさに丁度いいと感じますね。

 

なので、個人的には

今作の対象年齢は15歳~17歳からが妥当だと考えます。

 

想像力を膨らませて、色々と感じ取ってくださいね。

 

 

「ザメニュー」は一皿ごとに怖さが増す?シェフはサイコパスなの?

 

今作の怖さポイントの1つが

一皿ごとに出されるコース料理。

 

これが単純に見た目も味も抜群の料理という事なら

別に怖くもなんともないですよね。

 

しかし、コースが進むにつれ徐々に感じる不穏な空気感

 

最初は美味しい食を楽しんでいた参加者達だが、

コースが進むうちに天才シェフの思いもしない狂気に触れる事になります。

 

しかも、レストランのシェフが

まさかのサイコパスだったとしたら・・・

 

そんなアトラクションに乗っているかのような感覚。

さらにはレストランというある意味で密室での食事。

 

これらの点が絡み合い

独特の世界観と恐ろしさを作り上げています。

 

食べ進めていく内に料理の内容は

どんどん悪趣味なものへと変化していくのも血の気が引くポイント。

 

淡々と料理の説明やいきなり手を叩くシェフはマジで不気味!

 

なので、今作は一皿一皿が出てくるたびに

ドキドキさせられ怖さがジワジワ襲ってくる作品。

 

そこにある意味サイコパスなシェフが加わる事で

サスペンスさと不気味さを感じられます。

 

あなたも今作を見た後にコース料理スタイルのレストランに行く予定を組むなら・・・

色々と考えちゃうかも(笑)

 

 

怖いけどブラックジョークに笑える?ホラー苦手でも見れるの?

 

今作を既に見た人の感想は

概ね2つに分かれています。

 

「コースが進むにつれ、徐々に流れる不穏な空気に胃がヒリヒリして嫌な汗が流れた」

「会話や表情に伏線が散りばめられていて、回収されていくにつれてハラハラドキドキした」

といった「チョット怖かったよ」という感想。

 

その反対に

「不穏とブラックジョークのバランス良すぎてめちゃくちゃ面白かった!!」

「スリリングな作品ですが、そこまでグロテスクでもない」

「最高級のブラックジョーク×スリラー映画」

といった怖さよりも笑えて楽しめる作品だった」という感想。

 

これらの点から言えるのは

ハラハラドキドキはするけど、怖さ的にはマイルド。

 

むしろ、チョイチョイあるブラックジョーク

笑いすら誘う作品という事。

 

ホラーというより

ミステリースリラー作品の印象が強いですかね。

 

なので、今作は意外にもブラックジョークが多く

思わず笑ってしまうシーンがあります。

 

それにともなって怖さの部分もマイルドに感じられ、

ホラーが苦手な人でも楽しめる作品となっていますよ。

 

ザ・メニューを試写会で見た評価感想

試写会でいち早く見た人の声は

「怖いけど面白い!」

そんな高評価がめちゃめちゃ多いですよ♪

 

いったいどんな料理がテーブルに来るのか?

何を見せられてしまうのか?!

 

こういう不安を煽ってくるやつは大好物です♪

 

想像するだけで、もう怖いもん(笑)

 

予想を全くさせてくれないそのコース料理を楽しみに行きましょうね!

 

はたして僕らは、

おかわりしたくなっちゃうのか?!(笑)

 

ザ・メニュー公開後の評価感想

いよいよ上映スタートシました!

いち早く見た人は

「ちょっと不思議な感覚の映画」

「凄い内容!でも面白かった!」

そんな声が多いですね。

 

ただ、賛否はかなり分かれるという声もけっこうあります。

 

説明が少ないので、気になる所がめちゃめちゃある。

考察のしがいがある映画ですね!

 

気軽に見たいという人には

逆に「いったい何なんだろう・・・」と困惑させられてしまうかも。

 

僕は今日見に行くので、

色々と思考にふけりたいと思います♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ザ・メニュー」は怖いホラーなので年齢制限がある?対象年齢についても解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作は内容や描写の関係から

R15+という高めのレーティングが設定されています。

 

しかし、グロイ描写が多いとか血みどろが多いとかではないです。

 

意外にも笑える場面も多く

ホラーが苦手な人でも見る事ができる作品となっています。

 

あなたも興味があって見る予定ですよね。

怖いのが苦手なら少しだけ注意をして見てみて下さいね!

 

あの超大作アバターの続編がまもなく公開!

見る準備はできてますか?

アバター「ウェイオブウォーター」は前作見てないけど楽しめる?予習が必要か解説!

 

新海誠監督の「すずめの戸締まり」がもうすぐ公開!

普通に見ます?IMAXにします?

「すずめの戸締まり」はIMAXと通常版のどっちで見た方が楽しめる?IMAXの評判もまとめ!

 

妻夫木聡さん主演で窪田正孝さんが謎の人物を演じるサスペンスドラマ!

こちらも感情移入してしまう事、間違いなし!

映画「ある男」はサスペンスじゃない?怖い内容じゃないのか解説!試写会の感想も

 

あの貞子が現代に!

とりあえず普通に見ます?それとも臨場感たっぷりにしちゃう?

映画「貞子DX」は怖いので年齢制限がある?対象年齢についても解説

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る