映画「砕け散るところを見せてあげる」は怖いし年齢制限がある?重たい内容で子供は見れないの?

映画




映画「砕け散るところを見せてあげる」

「砕け散るところを見せてあげる」は2021年4月9日公開の日本のサスペンスホラー作品です。

 

もともと2020年5月8日の公開予定でしたが、

感染症対策のため、公開延期となっていました。

 

原作竹宮ゆゆこさんの同名ライトノベル。

 

主演を中川大志さんと石井安奈さんが務めます。

 

他にも清原果耶さんや北村匠海さんなどの若手から、

堤真一さんや矢田亜希子さんなどのベテランまで、実力のあるキャストで固められた作品です。

 

本作品は事前情報ではサスペンス・ホラー作品であるという声や、

ヒーローや強さ、愛の物語であるといった声があがっており、

一体どんな作品なのか?

 

そう疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、

・映画「砕け散るところを見せてあげる」は年齢制限があるの?

・砕け散るところを見せてあげるはサスペンス?ホラー映画なの?

・砕け散るところを見せてあげるは子供は見れない?重たいし胸糞悪い描写があるの?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「砕け散るところを見せてあげる」は年齢制限があるの?

 

映画「砕け散るところを見せてあげる」に年齢制限があるのか?

 

結論から言います。

 

「砕け散るところを見せてあげる」は

 

映倫区分で「PG-12」に指定されています。

 

これは「小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要」というものです。

 

あくまで、助言・指導が必要であるだけで、

見てはいけないという意味ではありません。

 

ですが、個人的には小さい子どもが見るには

内容的にも表現的にも刺激が強すぎる作品だと感じています。

 

最近では、大ヒットした「鬼滅の刃」も「PG-12」に区分されていましたが、

同じ「PG-12」だからといっても参考にはならないでしょう。

 

あまり小学生以下の子どもが興味を持つ作品ではないかなとは思いますが、

鑑賞するしないは慎重に判断するべき作品だと考えます。

 

砕け散るところを見せてあげるはサスペンス?ホラー映画なの?

 

今作はサスペンス的な映画なの?

それともホラー?

 

「砕け散るところを見せてあげる」は

サスペンス・ホラー作品に分類できる作品と言えるでしょう。

 

厳密に言えば「サスペンスもホラー要素も含んでいる」

 

そう言った方が正しいかもしれません。

 

前半はライトノベル特有の甘酸っぱい恋愛作品の要素が漂い、

 

後半ではサスペンス・ホラーの様相に様変わりするといった内容です。

 

“恋愛・サスペンス・ホラーの要素が詰め込まれていて、盛りだくさんの作品”

 

そういった声もかなり多くあります。

 

中には、

 

“いろいろ詰め込みすぎてて訳がわからない”

 

といったネガティブな意見も見られますね。

 

恋愛の要素も含んでいるので

サスペンス・ホラー要素は弱めかなと思われるかもしれません。、

 

ですが、かなり刺激の強い描写も含まれています。

 

 

「PG-12」にも指定されていますし、

 

“なかなか刺激の強い描写があるので苦手な方は注意が必要”

 

そういった声も見受けられます。

 

いったいどんな表現なんでしょう?

具体的な内容は下記で紹介していきますね。

 

 

砕け散るところを見せてあげるは子供は見れない?重たいし胸糞悪い描写があるの?

まず、僕的には「砕け散るところを見せてあげる」は、

小さい子どもに見せるには刺激が強すぎる作品と考えています。

 

「PG-12」に指定されていますし、

小学生以下の子どもの鑑賞はおすすめできません。

 

先ほども触れた通り「鬼滅の刃」も「PG-12」に指定されています。

 

ですが、映倫区分の基準は曖昧な部分や、主観によるところも大きく、

同じ区分に指定されていても表現内容に大きな差があることも珍しくありません。

 

個人的には「砕け散るところを見せてあげる」は同じ「PG-12」の作品と比べても、

刺激の強さではかなり上位に位置する作品だと思っています。

 

 

小学生以下の鑑賞は慎重に判断して頂きたいです。

 

では具体的にどのような描写が含まれているのでしょうか。

 

注目ポイントは2つです。

 

1つ目は「いじめ」の描写です。

 

本作のストーリーは前半部分で、いじめのシーンが含まれます。

このシーンが目を背けたくなるような描写を含み、

“胸糞だ”という感想も多く見られます。

 

 

2つ目はサスペンス・ホラーへと転調した後半の部分です。

 

本作は殺人シーンもありますし、流血もあります。

 

予告動画にもちらっと映っていますが、石井安奈さんの顔が、

傷だらけになるシーンもあり、かなり痛々しいです。

 

以上のような刺激の強い、目を背けたくなるシーンが含まれています。

 

胸糞・グロ・怖い描写が苦手という方は参考にしてみてくださいね。

 

ちなみに僕にも2年生の小学生の息子がいますが、

当然見せることはありません。

 

僕としては、今作のような物語は

少なくとも小学校6年生以上になってからと考えます。

 

まあ、いじめに関する教育は

別の機会にしていきたいものではありますがね。

 

怖い辛いいじめシーンなど胸糞悪い表現に関するネットでの声

恐ろしいシーンや辛い描写に苦しかったという声が非常に多いです。

 

でも、笑える部分もあり、ちょっと不思議な感覚もあるという感想も。

 

そして、そういう心をえぐられる描写もあるけれど

素晴らしい内容だったと締めくくっている声が多数です。

 

中学生以上、そして大人であれば

めっちゃ面白い映画と言えますね。

 

僕も見るのが楽しみになりました。

 

傑作といえる1本と表現している方も複数います。

 

エグいシーンには注意が必要ですが、

気になった方は見ないともったいない作品ですね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「砕け散るところを見せてあげる」は怖いし年齢制限がある?重たい内容で子供は見れないの?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

豪華キャストで固められ、公開延期もあったため公開前より大きな注目を浴びた「砕け散るところを見せてあげる」。

サスペンス・ホラーとも分類できるほど、刺激の強い描写が含まれています。

 

一方、前半部分は主演二人のやりとりがほっこりできるなど、

かなりメリハリの効いた作品です。

 

こちらも年齢制限があるちょっと異色のホラー。

ホラーなんですが、めっちゃ面白いですよ。

映画「ザ・スイッチ」は怖いしグロいけど笑えるし面白い?評価感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る