ドラマ「ごくせん」は1期が一番面白い?特別編放送で2期や3期を望む声も続出?

ドラマ




ドラマ「ごくせん」は1期が一番面白いって本当?第2シーズン以降の放送も望む声が続出?

 

ドラマ「ごくせん」は森本梢子さんによる同名漫画が原作の学園ドラマです。

2002年に日本テレビで放送され、最高視聴率23.5%を記録するなど大ヒットしました。

 

その後2005年には第2シーズン2008年には第3シーズンが放送され2009年は映画化されるなど大人気シリーズとなりました。

第1シリーズは原作の漫画に添って作られたんですが、第2シーズン以降はほぼドラマオリジナルの設定やストーリーとなっています。

シリーズ化された今作品はどれも面白いという声がありますが、

実際はどのシリーズが人気が高かったのか気になりませんか?

 

ここでは、

・ドラマ「ごくせん」は1期が一番面白いというのは本当なの?

・「ごくせん」第一シーズンの見どころはどこなの?

・「ごくせん」特別編放送を受けてネットで2期や3期を望む声

について触れていきたいと思います。

 

 

ドラマ「ごくせん」は1期が一番面白いというのは本当なの?

 

「ごくせん」ファンの中では

 

「第1シリーズが1番面白い」

 

そういう声が多いようですね。

 

視聴率をみれば、第2シーズンが日本テレビ歴代最高平均視聴率を記録し、今もなお破られていませんが、これは第1期シーズンの人気を引き継いだからと捉えることもできます。

 

ただ、どのシーズンも人気があり、

“強いてあげるなら第1シーズン”

という評価である印象を受けます。

 

総合的にみると「ごくせん」は高校を舞台にした学園ドラマであるので、自分が丁度同じ世代の歳の頃に放送されていたシーズンを推す声が多いようですね。

やはり青春時代に放送されていた学園ドラマの影響力は絶大ですよね。

 

だって、当時のドラマを見ると、

自分がその時に過ごしていた情景が思い起こされ懐かしいと感じますもんね。

「ごくせん」第一シーズンの見どころはどこなの?

第一シーズンの見どころはどこなのか?

それは、なんと言っても今では大人になった

 

「イケメン俳優の若かりし姿」

 

が大きな見どころでしょう!

 

ヤンキー役ということもあり「花より男子」コンビでも有名な嵐の松本潤さんと小栗旬さんのギラギラした姿が印象的です。

 

今では仲の良い2人ですが、

この当時は険悪だったそうですよ。

 

また成宮寛貴さんや松山ケンイチさん、上地雄輔さん、ウエンツ瑛士さんなども出演しており、かなりのイケメンが集まったクラスとなっています。

当時は“カッコ良い!”と思って観ていた女性たちも今見ると“可愛い!”なんて感想になるかもしれませんね。

 

また、仲間由紀恵さん演じるこの問題児クラスの担任

ヤンクミこと「山口久美子先生のカッコ良さ」も見どころの一つです。

 

極道の娘という設定で、問題児たちに正面からぶつかっていく姿はまさに青春学園ドラマといった感じでエネルギッシュな演技を魅せてくれています。

当時学生だったファンにとっては青春時代の熱さだったり懐かしさを思い出させてくれる作品なのではないでしょうか。

 

 

「ごくせん」特別編放送を受けてネットで2期や3期を望む声

第1シリーズの特別編放送を受けて確かに第2シリーズ第2シリーズの再放送も望む声は多いです。

 

ですが数だけで言えば

圧倒的に第2シーズンの再放送を望む声が多いようですね。

 

ネット上の声だけ見れば、人気で言うと第3シリーズは第1,2シリーズに少し劣るかなという印象です。

https://twitter.com/eri_renxx/status/1266724176313774085

全体的にはどのシリーズにも推す声があり、「ごくせん」シリーズそのものの人気の高さがうかがえますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『ドラマ「ごくせん」は1期が一番面白い?特別編放送で2期や3期を望む声も続出?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

大人気学園ドラマの再放送に喜びの声が集まっていますが、やはり、放送当時に青春時代を送っていた年齢層からの支持が多いようですね。

我慢を強いられ、ストレスの溜まる日々が続きますが、若かりしイケメン俳優たちのフレッシュな姿が拝める「ごくせん」はスカっとさせてくれる作品だと思います。

「ごくせん」特別篇に懐かしさとパワーをもらいましょう。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

「ごくせん」再放送特別編を見逃した?1話やドラマ1期を無料視聴する方法!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る