チャーリーズ・エンジェル2019は大コケで爆死って何で?本当にやばいのか試写会の評判もまとめ

映画




こんにちは。かみずです。

映画「チャーリーズ・エンジェル2019」

あのチャーリーズ・エンジェルが帰ってきました!

 

前作が2003年公開ですから、もう17年も経ったんですね。

 

そんに前だったのか・・・

時の流れとは恐ろしいモノですね。

 

さて、

今作も魅力的な女性が活躍する痛快アクションとなっています。

 

ですが、何やら制作された本国での評判が思わしくないようで・・・

 

ここでは、

・チャーリーズ・エンジェル2019は大コケで爆死って何でなの?

・大コケや爆死に関する意見感想

・日本での試写会の評判

について触れていきたいと思います。

 

 

チャーリーズ・エンジェル2019は大コケで爆死ってなぜなのか?本当にやばい作品なのか

帰ってきた最新作!

チャーリーズ・エンジェル2019ですが、興行成績が振るわなかったようです。

北米でのオープニング興行収入は860万ドルという出だしで、1,700万ドルで終了。

前作の2作品はどちらも3,700万ドル以上のスタートで、1億万ドル以上の興行収入でした。

 

という事は、

北米では、前作の四分の一程度の成績で終わってしまったという事になりますね。

 

・・・

何で?

チャーリーズ・エンジェルって看板だけでも訴求力ありそうなのに?!

そう思いませんか?

 

ですが、下記のような問題があったようです。

チャーリーズ・エンジェルを知らない人が多い

 

前作を超えられなかった

 

リブート作品の難しさ

 

映画チャーリーズ・エンジェルの大コケや爆死に関する意見感想

 

 

チャーリーズ・エンジェル2020を試写会で観た人の評判や口コミ

実際に試写会で観た人は「楽しい」という意見が多いです。

現代版としての表現がされており、そういう意味でも十分楽しめるという声も多いです。

 

ただ、前作がかなりぶっ飛んだ作品だったので、それを知っていて期待した人には「物足りない」

そういう口コミも見られます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「チャーリーズ・エンジェル2019は大コケで爆死って何で?本当にやばいのか試写会の評判もまとめ」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!