「哀愁しんでれら」は怖いので年齢制限がある?対象年齢やホラー映画のように恐ろしいのか解説

映画




映画「哀愁しんでれら」

 

「哀愁しんでれら」は2021年2月5日公開予定の日本のサスペンス映画です。

「3月のライオン」「ビブリア古書堂の事件簿」などの脚本家として知られる

渡部亮平監督の商業長編映画デビュー作となる作品です。

 

本作は「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FIJM 2016」でグランプリを獲得した企画を映画化したものとなります。

 

主演を務める土屋太鳳さんはこの作品のオファーを3度も断ったそうですよ。

 

理由はネタバレになるらしく明かしてはいませんが、出演を決意したのは、

田中圭さんのキャスティングです。

 

何度もめげずにオファーし続けた渡部監督や、

頑なに断り続けた土屋太鳳さんに出演を決意させた田中圭さんへの信頼。

 

これらの制作秘話からも「哀愁しんでれら」が妥協の無い熱のこもった作品であることが伝わってきますよね。

 

さて、多くの話題を集める「哀愁しんでれら」ですが、

ポスターや予告、公開前情報などから、

 

“怖い作品なの?”

 

そんな声が多く聞かれます。

 

ここでは、

・映画「哀愁しんでれら」は年齢制限があるの?恐怖のストーリーで年齢制限があるの?

・「哀愁しんでれら」はゾッとする怖さ?不穏な空気感で不安になるほどしんどい?

・「哀愁しんでれら」の対象年齢はいくつくらい?何歳くらいから見れるの?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「哀愁しんでれら」は年齢制限があるの?ストーリーは凄く怖い?

 

映画「哀愁しんでれら」は年齢制限があるのか?

 

 

「哀愁しんでれら」は映倫区分でGに区分されていますので、

 

年齢制限はありません。

 

何歳からでも入場・鑑賞が可能です。

 

ですが、小さい子どもが楽しめる作品かというと

そうは言い難い内容ですね。

 

公開前から話題にもなっていますが、

本作のポスターからもこの作品には並々ならぬ恐怖が含まれていることが伝わってきます。

 

家族の肖像画がポスターとなっているのですが、

その家族の表情から、ゾッとする感じが伝わってきまよ。

 

ぜひ一度チェックしてみてください。

 

「哀愁しんでれら」のストーリー

土屋太鳳さん演じる小春が

一晩で絶望の淵に立たされるような不幸に遭遇します。

 

絶望の中、田中圭さん演じる開業医の泉澤大悟と出会います。

 

子連れの大悟と恋に落ちプロポーズされる小春。

絶望から一気に幸せの階段を駆け上がるまさにシンデレラストーリー。

 

…のはずが、その小春が世間を震撼させる凶悪事件を起こしてしまう

というものです。

 

実は「哀愁しんでれら」には小説版が存在します。

 

ただし、原作ではなく映画「哀愁しんでれら」を原案にした小説です。

ですので、小説版「哀愁しんでれら」と映画版では大きな違いはないという印象を受けました。

 

気になる方は小説版をチェックしみてみてみるのも良いと思いますよ。

 

 

「哀愁しんでれら」はゾッとする怖さ?不穏な空気感で不安になるほどしんどい?

 

「哀愁しんでれら」の怖さはどうなのか?

 

“「哀愁しんでれら」の本編にも話題のポスター同様ゾッとする怖さがある”

 

といった声が多く見受けられます。

 

でもその怖さには、

残虐なシーンやグロいシーンが含まれているわけではありません。

 

小春が凶悪事件を起こすまでの過程や、

凶悪事件を起こしてしまう状態に追い込まれる原因となった

 

「周囲の空気感」がゾッとするんです。

 

特にポイントとなるのは大悟の連れ子である泉澤ヒカリを演じるCOCOさんの演技です。

 

この作品には様々な闇が描かれていますが、

個人的に最も深く暗い闇を抱えているのが

ヒカリだと感じています。

 

また小さな子どもの闇をCOCOさんがリアルに演じているので、

観ている側をぐっと闇の世界に引き込み

不安でしんどい気持ちにもさせます。

 

もちろん田中圭さん、土屋太鳳さんの闇も深く、この家族の、

表情、セリフ、本音、空気感が恐怖を感じさせるんです。

 

 

「哀愁しんでれら」の対象年齢はいくつくらい?何歳くらいから見れるの?

 

映倫区分はGなので年齢問わず入場・鑑賞は可能です。

 

ですが、個人的に考える対象年齢は

中学生以上をオススメします。

 

ですので12~13歳ぐらいからという事になりますね。

 

残酷な描写やグロい描写など刺激の強い表現は含まれていません。

 

ですが、小説版「哀愁しんでれら」から予想されるストーリー・結末は、

かなり重い内容で、そのストーリーを受け止められるであろう年齢として、

中学生以上とさせていただきました。

 

個人的にはストーリー、事件の内容、結末などの重さは、

湊かなえさんの小説が原作で、松たか子さんが主演を務めた「告白」に近いという印象を受けました。

公開前の情報で観たいけど、怖いなと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

映画「哀愁しんでれら」の怖さや狂気についてネットでの声

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『「哀愁しんでれら」は怖いので年齢制限がある?対象年齢やホラー映画なのか解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

ポスターから作品に含まれるゾッとする恐怖が伝わってくると話題の「哀愁しんでれら」。

本編もかなりの衝撃のストーリー、結末になっているようですね。

 

ゾッとする恐怖を感じられる闇深いサスペンスをぜひチェックしてみてください。

 

こちらの作品も怖さについて話題ですよ!

興味ありませんか?

「さんかく窓の外側は夜」の映画はエロいし怖い?ホラーにしては怖くない?評価感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る