「さんかく窓の外側は夜」の映画はエロいし怖い?ホラーにしては怖くない?評価感想もまとめ

映画




映画「さんかく窓の外側は夜」

ヤマシタトモコさん原作の漫画を

岡田将生さんと志尊淳さんのダブル主演で実写映画化した本作。

予告を見た方はかなり怖い感じに映ったのではないでしょうか?

 

そして、漫画を知っている人は「エロさ」についても気になりますよね。

映画ではどう表現しているのでしょうか?

 

ここでは、

・「さんかく窓の外側は夜」はエロいの?映画版も漫画のように堪能できる?

・映画「三角窓の外側は夜」は怖い?ホラーにしては怖くない?

・映画「さんかく窓の外側は夜」はグロい?苦手な人は見れない?

について触れていきたいと思います。

 

 

「さんかく窓の外側は夜」はエロいの?映画版も漫画のように堪能できる?

 

映画「さんかく窓の外側は夜」はエロいのか?

漫画では直接的ではないもののBL要素がしっかりありますよね。

映画版ではどうなのかきになっている方もいると思います。

 

結論から言います。

 

「BL要素はほんの少しだけ」です。

 

ですので、エロいのかというと

「エロくない」です。

 

これは完全に僕の主観的な感想です。

 

漫画を読んだ事がある人で、

もしあれを求めているのであれば、

 

「違う!」

「それじゃない!」

 

そう感じてしまうかもしれません(笑)

 

僕はどぎついBLはやっぱりキツイので、

今作の映画版は普通に見れました。

 

「ちょっとBLは・・・」

そう躊躇している男性ならば、そこは安心してください。

 

丁度良く楽しめます。

 

ですが、漫画のあのエロい感じを求めている女子。

そんな女性たちには、

 

物足りないかも・・・。

 

でも、岡田将生さんが醸し出すエロさと雰囲気は

ファンなら見たいと思うはずです。

 

めっちゃイケメンですからね。

 

志尊淳さんをバックハグするシーンには

妄想全開になるかも(笑)

 

僕にはわからん世界です。

 

とにかく、漫画のような「気持ちいい・・・」という表現はありませんが、

岡田将生さんの心地よい色気、雰囲気を感じれますよ。

 

映画「さんかく窓の外側は夜」は怖い?ホラーにしては怖くない?

 

映画「三角窓の外側は夜」は怖いのか?

 

予告を見た方は、

かなりのホラー感があると思ったのでは?!

 

僕の印象としては、

 

「ホラー物としては怖くない」です。

 

確かにゾクっとする部分はありました。

 

例えば、部屋の隅っこにいる「いる」情景とかですね。

 

「得体のしれないモノがいる」

 

そういうシーンは色々と想像してしまいますから

ゾクゾクしてしまう方も多いと思います。

 

ですが、今作はホラーとしての要素はかなり弱いです。

 

大きな音もありませんし、

突然何かがフレームインしてくる事もありません。

 

ゆっくーり近づいてくれますから

怖いのが苦手な人でも、そこは安心(?)ですよ。

 

ホラー初心者には、とても見やすい映画ではないかと感じました。

 

 

映画「三角窓の外側は夜」はグロい?苦手な人は見れない?

 

今作は「怖そう」と思う方も多いでしょう。

 

そして、怖さに合わせて「グロさ」はどうなの?

 

そこを知りたいと思った方もいるのではないでしょうか?

 

グロい描写は

 

「多くはありませんがあります」

 

流血表現もありますし、

死体も多数あります。

 

切断された死体や、

それの縫合部分も見られます。

 

でも、じっくり見るほど長い時間そのシーンが続くわけではありません。

 

ですので、目をそらせば次のシーンに移っているというレベルです。

 

総じて、グロいのは苦手という方でも

ゾンビ映画ほどのハードルではないと思います。

 

見やすい映画と言えますね。

 

ただ、本当に

「血を見るだけでダメ」とか

「死体を見るだけで気分が悪くなる」

 

そのレベルの方は、見ない方がいいでしょう。

 

気になっているならDVDや動画配信がされた時に見る事をおすすめします。

 

エロさや怖さグロさについてネットでの評価感想

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『「さんかく窓の外側は夜」の映画はエロいし怖い?ホラーにしては怖くない?評価感想もまとめ』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作「さんかく窓の外側は夜」の映画はそこまで怖い作品ではありません。

怖いのが苦手という方には丁度よい作品と言えると思います。

 

ただ、怖いのを期待した人には物足りないでしょう。

 

僕は、もっと「何かがある」のかなと期待していただけに

その部分では少し残念ではありました。

 

まあ、話の本質が自分の思っていた所とは違う所にありましたからね。

 

雰囲気や世界観がある映画です。

 

女性は岡田さんや志尊さんの演技を堪能し、

男性は平手友梨奈さんの芝居を楽しみましょう。

 

こちらの映画は本格ホラー作品!

気になりませんか?

映画「樹海村」は怖いので年齢制限がある?対象年齢についても解説

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る