映画「ワンダーウーマン1984」は前作を見てないけど楽しめる?予習が必要か解説

映画




映画「ワンダーウーマン1984」

本作は、2020年12月18日公開予定であるアメリカのスーパーヒーロー映画です。

DCエクステンデッド・ユニバースの第9作品目として制作された作品となっています。

 

2017年に公開された映画『ワンダーウーマン』の続編にあたり、

タイトルにもあるように世界観は1984年を舞台としています。

 

2020年に見たいとにかく「スゲー」映画としても注目されている本作ですが、

前作との繋がりはどうなっているのか?

 

予備知識は必要なのか?

 

そんな疑問はありませんか?

 

ここでは、

・「ワンダーウーマン1984」は前作を見てないけど楽しめるの?

・「WonderWoman1984」は見る前に予習が必要なの?

・最新作を見る前に必要な予備知識を解説

について触れていきたいと思います。

 

 

「ワンダーウーマン1984」は前作を見てないけど楽しめるの?

 

「ワンダーウーマン1984」は前作から続く物語です。

 

一作目を見てなくても楽しめるのか?

 

結論から言いますと、

 

「必ずしも前作を見ていないと楽しめないという事はない」

 

そう考えます。

 

 

前作を見る時間がない。

とにかくスゲーアクション映画やヒーローが活躍する爽快感が味わいたい。

 

そんな方は本作から見始めても十分楽しめます。

 

 

でも、最高に楽しみたい!

 

前作から続く物語なので、過去と現在がどうつながるのか?

主人公と愛する人達がどんな関係でどういう変化が今作であるのか?

 

前作を見ておくと、そういう部分を理解して見れるので

今作を細部まで楽しむ事ができると思いますよ。

 

 

古今東西、最強のヒーローとはどんな人物なのか?

「スピード・パワー・戦術すべての能力が突出している凄い奴だ!」

大抵の人は思うのではないでしょうか?

本作のワンダーウーマンはこれらの条件を満たす正にヒーローの代表格です。

なので、いきなり本作から見たとしても十分に楽しめる内容です。

個人的には前作があるならそちらを先に見てから続編を楽しみたい派なので

公開前にはチェックしてますけどね。

ですので、必ずしも前作を見ていないと楽しめないというわけではないですが、

より作品を楽しみたい・前作の続きが気になっていたという方は事前に見直しておくと楽しみの幅は大きく広がると思います。

「WonderWoman1984」は見る前に予習が必要なの?

 

前作を既に見ている方。

事前に予習しておいて公開に臨みたいと思っている方は、

公開までの間や作品を見る前に前作の予習しておくと良いと思います。

 

やっぱり、続きの物語なので、前作で主人公たちに何があったのかを知っておくと

シーンによっては意味が理解できる事が増えますからね。

 

知らないと何とも思わずスルーしてしまう描写も

前作を見ていると築ける所が必ずあるものです。

 

 

ただ、予習が絶対必要?と言われるとそこまででもないかなとも思います。

 

というのも、確かに続編ではありますがストーリー自体は今作だけのものだからです。

 

立ち向かう敵も立ちはだかる壁も今作だけのものだし、

とにかく胸熱なヒーローアクションが見たい!

そういう方であれば予習していない方が逆に楽しめるかも(笑)

 

でも、年末最後で前評判も高い超大作。

僕としては、最高に楽しんでほしいので、

前作を見てから本作を見てほしいと思いますね。

 

何と言っても、主人公のダイアナとスティーブの関係がキーポイントだと思うんです。

この二人が前作でどんな間柄だったのかを知っておくと

本作をグッと深く楽しめると思うんです。

 

 

 

最新作を見る前に前作の必要な予備知識を解説

前作を見てない・知らないという方向けにザックリ前作のあらすじを解説しますね。

 

そもそもワンダーウーマンとは太平洋のどこかにある伝説の島で生まれた女性です。

そこで、一人の男性に出会います。

 

外界を知らずに育った事で、男性というものにも初めて触れた主人公。

 

その彼から島の外では、戦争で大勢の人が死んでいる事実を知る事に。

 

その事に激しく驚いた彼女は、

戦争を神「アレス」の仕業だと考え、出会った男性と共に島から出ます。

 

兵士であったその男性と共に戦争を食い止めようとしますが、

その中で、強大なヴィラン(敵)である戦いの神・アレスとの死闘を経験する事になります。

 

そして、主人公のダイアナは、ケタ外れのパワーを誇るヒーローへと覚醒しました。

 

そして時は経ち1984年、スミソニアン博物館で考古学者として働きつつひっそりと暮らしているのです。

 

しかし、ひとたび危機が降りかかれば、ワンダーウーマンとなって人々の命を救うのです。

パラメーターがあるとすれば全ての数値が最大値を振り切っているくらい、めちゃくちゃ強い。

 

しかし今作では、そんなワンダーウーマンを圧倒する“さらに最強の敵”が立ちはだかります。

 

「最強 VS 最強」といったもうテンション爆上がりの胸熱展開です。

 

そんな最強の敵とは誰なのか?

ワンダーウーマンははたして勝利する事ができるのか!?

劇場でその結末を目撃して下さい!

「ワンダーウーマン1984」を見る前の予習復習に関するネットでの声

 

前作「ワンダーウーマン」を無料で視聴する方法

「面白そうだし、最新作を見る前に前作を見てみたい」

そう思いませんでしたか?

 

でしたら、無料で見る方法もありますよ。

それは、動画配信サイト「U-NEXT」です。

U-NEXT

 

こちらで前作の「ワンダーウーマン」を見る事ができます。

 

サイトに登録する事で600円のポイントがもらえます。

このポイントを使用する事で見る事ができるというわけなんです。

 

現在、31日間無料トライアル中なので、期間内に解約する事で使用料金は無料にできます。

登録も解約も数分ですし、すぐに見始める事ができます。

 

 

でもなぜ”無料で見れるのか?”

 

そう気になる方もいますよね。

 

それは、

 

「まずは使ってみてほしい」

「体験してもらえれば、その価値がわかってもらえる」

 

そんな自信があるからです。

だから無料で見てもらって、判断してほしいというわけですね。

 

DVDを借りにお店に行く事が苦にならないという方には

必要の無いサービスかもしれません。

 

ですが、

 

「面倒くさい。返しに行く時間がもったいない。」

 

そう感じている方にも便利なサービスだと思いませんか?

 

U-NEXT

» U-NEXTのお試し体験はこちらから

 


本ページの情報は2020年12月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「ワンダーウーマン1984」は前作を見てないけど楽しめる?予習が必要か解説』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

予習や予備知識の必要性は人によって異なるかと思いますが、自身に合った楽しみ方をするのが一番かと思います。

時間のある方はぜひ前作を見てみて下さい。

めっちゃ面白いですよ。

その余韻のまま、最新作へ臨みましょう!

 

忙しい方やとにかくアクションが見たいという方は、十分楽しめるとおもうので、

愛の戦士の物語をそのまま堪能してください。

 

僕も今年最後のヒーローアクションを楽しみにしています。

 

こちらの最新作も話題ですよ!

実写版「約束のネバーランド」は怖いので年齢制限がある?対象年齢も解説

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る