映画「ワンダーウーマン1984」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?通常版でも充分?

映画




映画「ワンダーウーマン1984」

DCコミックスが生んだ女性スーパーヒーロー「ワンダーウーマン」

2017年に公開された物語の続編がいよいよ公開となりました。

 

ヒーロー界最強とも言われるスーパーパワーを秘めた戦士ワンダーウーマンが

1984年を舞台に活躍する物語です。

 

ワンダーウーマンをも凌駕する敵との闘い!

そして、前作でパートナーだったスティーブも登場!

 

予告からも色々な謎に包まれた話題の本作ですが、

放映する種類が複数ありますよね。

 

IMAXに4D、それに通常版。

もっと色々あるんですが、まずは公開形式の多いものについて取り上げてみたいと思います。

 

どれで見ようか迷っている方に

少しでも参考になればと考えます。

 

ここでは、

・「ワンダーウーマン1984」はIMAXと4Dどっちが楽しい?通常版で充分なの?

・「ワンダーウーマン1984」をアイマックスで見た人の評価感想

・映画「ワンダーウーマン1984」を4DXで見た人の評価感想

・SCREENXで見た人の感想

・通常版で見た人の感想

について触れていきたいと思います。

 

 

「ワンダーウーマン1984」はIMAXと4Dどっちが楽しい?通常版で充分なの?

 

「ワンダーウーマン1984」はIMAXや4DX、通常版のどれで見るのが良いのか?

結論から言いますと、

 

「最初に見るならIMAXが良いです」

 

IMAXの高精細な美しい画面。

 

そして、最大級のスクリーンの大迫力で見るのが、

「ワンダーウーマン1984」を一番堪能できると考えます。

 

IMAXは音響も素晴らしいですからね。

ド派手なアクションを大画面、大音響で味わってほしいと思います。

 

今作「ワンダーウーマン1984」はIMAXカメラを使用して撮影されています。

IMAXに最適化された映画ですから、やっぱりIMAXで見るのが一番です!

 

ド派手なアクションを体感したいなら4DX

 

「ワンダーウーマン1984」はIMAXで見てほしいとお伝えしました。

 

でも、

「4DXも気になる」

「4DXの体感型アトラクションが好き」

 

そんな方もいますよね。

 

もちろん、4DXも「ワンダーウーマン1984」にマッチした放映形式だと思います。

 

僕としては、一発目はIMAXで鑑賞し、

2回目は4DXで体感する楽しさを味わってほしいと思います。

 

2回も見る時間がなく、アトラクション型がやっぱりテンションがアガルという方は

4DXで楽しんでOKです!

 

ただ、本作は前作よりもアクションは少ないという評価も見られます。

 

少し残念な部分ではありますが、

4DXも素晴らしく楽しめたという声も多いので、

体感型が好きな方は満足できると思いますよ。

 

車酔いがしやすい方は、今作は時間が長めの映画なので

酔い止めの薬や食べ物を工夫するなどの対策をして見てくださいね。

 

 

 

「ワンダーウーマン1984」をアイマックスで見た人の評価感想

IMAXを選択した鑑賞した方は、かなり満足された方が多いですね。

やっぱりでっかいスクリーンがこの作品には映えるようですよ!

映画「ワンダーウーマン1984」を4DXで見た人の評価感想

4DXも良かったという声が非常に多いです。

 

ただ、アクションシーンが思ったより少なくて、

「4DXとしては物足りない」

そんな声も少なめでしたが、ありました。

 

 

 

SCREENXで見た人の感想

SCREENXでの上映はかなり評判良いですね。

没入感もかなりあるようなので、見れる人は選択技に入れてほしいです。

このSCREENXという形式は僕はまだ未体験です。

というかこの上映を見れるのがいつになるのか?

近くに対応する映画館がないので、見れる人は非常にうらやましい。

通常版で見た人の感想

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『「ワンダーウーマン1984」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?通常版でも充分に楽しめる?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

本作はIMAXでの鑑賞がオススメです。

 

でも、

ワンダーウーマンにボコボコにされたい!

一緒に空を翔ぶ感覚を味わいたい!

 

そんな方は4DXも良いと思います。

 

ご自分の好みで選んで楽しんで下さいね。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

「ワンダーウーマン1984」は字幕と吹替どっちがオススメ?日本語声優の評判についても解説

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る