映画「とんかつDJアゲ太郎」の評価感想!曲が良すぎて面白い?テンポが悪いしつまらない?

映画




映画「とんかつDJアゲ太郎」

小山ゆうじろうさんの人気ギャグ漫画を北村匠海さん主演で実写化した本作。

 

老舗とんかつ屋の3代目であるアゲ太郎が、

ふとしたきっかけでクラブに入る事に。

 

音楽でクラブを盛り上げるDJに刺激を受け、

今までに体験した事のない高揚感に感動するのだった。

 

そして、憧れていた苑子を振り向かせるために、

とんかつ屋もDJも精進し、豚肉もフロアもアゲられる「とんかつDJ」になることを決意する。

 

そんな物語です。

 

 

題名の「とんかつDJアゲ太郎」という文字を初めて見る人は、

 

「変なタイトル!どんな内容なの?」

 

そう思いますよね。

 

ですので、実際に見た人はどう感じたのか気になりませんか?

 

この記事では、本作が楽しめるのかどうかわからなくて

映画に行くか迷っている方の参考になればと思いまとめました。

 

ここでは、

・映画「とんかつDJアゲ太郎」は音楽がアゲてくれて面白い?テンポが悪いしつまらない?

・映画「とんかつDJアゲ太郎」の評価は音楽がノリノリでアゲてくれて面白い

・映画「とんかつDJアゲ太郎」はつまらないし内容が中途半端でテンポも悪い

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「とんかつDJアゲ太郎」は音楽がアゲてくれて面白い?テンポが悪いしつまらない?

 

実写版「とんかつDJアゲ太郎」は面白いのか?

それともつまらないのか?

 

公開後、いち早く見た人たちは、

 

「音楽が最高にアゲてくれて予想以上に面白い」

 

そんな感想を持つ方がかなり多いです。

 

 

漫画やアニメの実写化は、かなり賛否が分かれるんですが、

本作はおおむね楽しめたという方の声が多いですね。

 

「アゲ太郎がとんかつ屋とDJを両立して成長していく姿がいい」

 

そんな声も多くありますね。

 

漫画を読んで知っていたという方も、

実際に音楽が入る事での臨場感が嬉しいという意見も目立ちます。

 

本作は、映画館という最高の音響空間で見る事で、

盛り上がりが増幅されますよね。

 

僕はクラブには行った事はないですが、

音楽は大好きなので、雰囲気をぜひ味わいたいと思いました。

 

では実際に鑑賞した方の声も見てみましょう。

映画「とんかつDJアゲ太郎」の評価は音楽がノリノリでアゲてくれて面白い

アゲ太郎を見るととんかつが食べたくて堪らない?

 

元気が出るし楽しいという意見の他に、

 

「とんかつが食べたくなる」

 

そんな感想を持つ人が非常に多いです。

 

 

とんかつを揚げる音や、あのキツネ色が食欲をそそるようですね。

 

「映画を見る前にとんかつ屋をチェックした方がいい!」

そんなアドバイスをしている方もいます(笑)

 

「とんかつDJアゲ太郎」で盛り上がった後は、

とんかつで締めるのも良いですよね。

 

あぁ、お腹空いてきた(笑)

 

 

 

映画「とんかつDJアゲ太郎」はつまらないし内容が中途半端でテンポも悪い

完全につまらないという意見はないです。

「面白いんだけど、ちょっと中途半端な印象」

そんな意見がありますね。

 

原作やアニメを見ていた人に、この意見が多いです。

 

「とんかつ」「DJ」というミスマッチと言えるこの2つを、

絶妙にラストまで絡み合うという所をもっと見せてほしかったという声も。

 

ですが、音楽と俳優さんの演技はとっても良かったという所は

間違いないです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『映画「とんかつDJアゲ太郎」の評価感想!とんかつが食べたくて堪らない?ラストのDJもアガる?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

「とんかつDJアゲ太郎」という名前で、あんまり期待しないで見たという方も

予想以上に楽しめたという意見が多いです。

 

とにかく気分アゲアゲで元気になれるので、

特に音楽が好きな人は大いに楽しめるでしょう。

 

ぜひ、とんかつ屋さんの場所も頭に入れてから映画館で楽しんで下さいね。

 

同日公開となったこちらも人気ですよ!

映画「罪の声」公開後の評価感想!怖いしつまらない?考えさせられて面白い?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る