ドラマ「テセウスの船」第9話の感想!とうとう真犯人のキバが!誰が犯人なのか考察まとめ

ドラマ




竹内涼真さん主演ドラマ「テセウスの船」が、次週はいよいよ最終回となります!

音臼小のお楽しみ会での青酸カリ混入は、未然に防ぐことができましたが、犯人の目的はやはり文吾を死刑にすることにありますね。、

着々と魔の手は忍び寄ってきています。

 

犯人はなぜそれほどまでに文吾に執着するのか?

過去に文吾との間で何があったのか非常に気になるところです。

 

文吾が逮捕されてしまい、とうとう一人になった心。

心は、みきおの共犯者を見つけることはできるのでしょうか。

 

今回の記事では「テセウスの船」最終回を迎える前に

ドラマ「テセウスの船」第9話の感想

・みきおが犯行の主導権を握っている?!

・大人鈴も非常に気になる存在

・校長先生の何かを知っているような発言

・まだまだ怪しい人が・・・

について、聞いてもらいたいと思います。

 

 

ドラマ「テセウスの船」第9話の感想!

ついに真犯人がキバを剥き始めましたね。

音村小学校の青酸カリ事件を防ぐことはできましたが、やはり真犯人は

 

文吾を連続殺人犯として逮捕したいようです。

 

もちろん主犯は、小学生のみきおだと思うのですが、手際が良すぎるというか、用意周到なので、

大人の誰かが手引きしていることは間違いないと思います。

 

みきおが犯行の主導権を握っている?!

安藤政信さん演じる30年後のみきおが犯行の主導権を握っている可能性が高い。

ですが、第9話の放送の感じだと、安藤政信さんがこっちの世界にタイムスリップして来ている気配を感じることはできません。

しかし、慰霊碑の前で暴れる安藤政信さんのサイコパスっぷりが衝撃的だったので、

もう一度あの大人みきおが見たいなぁと感じました。

最終話での登場。

期待しています。(笑)

 

大人鈴も非常に気になる存在

もうひとり気になる存在なのは、貫地谷しほりさん演じる大人鈴ですね。

貫地谷しほりさんは、安藤政信さんに協力するふりをして、

30年前の世界にタイムスリップをしてきていて、

 

実はもしかしたら秘密裏に事件を防ごうと動いているのかもしれません。

子供みきおに青酸カリを少量飲ませて、意識不明にしたのは、

 

大人鈴かも・・・

 

なんて想像しちゃいます。

 

校長先生の何かを知っているような発言

また、校長先生の発言も気になりました。

心がタイムスリップして来ていることを

 

まるで知っているような口ぶり

 

でしたね。

タイムスリップをすんなり信じてる大人がそんなにいるとは思えないので、

何らかの根拠があると考えずにはいられません。

 

まだまだ怪しい人が・・・

その他、今野浩喜さんや六平直政さん、せいやさんも絶妙な感じで怪しいですね。

最後の最後まで、犯人予想の考察が終わらず…。

最終回が待ち遠しいです!

 

 

テセウスの船第9話を見た人の意見と最終話への期待の声

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ドラマ「テセウスの船」第9話の感想!」を個人的に語らせてもらいました。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

「テセウスの船」は、それにしても超豪華キャストでしたね。
にも関わらず、竹内涼真さんと鈴木亮平さん以外のキャストの方は、そこまで登場シーンが多かったわけではないので、どの方が真犯人だったとしても納得してしまえそうな気がします。

過去パートでも未来パートでもたくさんの人が亡くなりましたが、それぞれの事件の犯人がいよいよ来週には明らかになるのかと思うと、興奮してきました。

ドラマ版「テセウスの船」が、どんな結末を迎えるのか非常に楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!