「水曜日が消えた」はエンドロールまで見ないと楽しめない?席の位置のおすすめも!

映画




映画「水曜日が消えた」が公開されました。

ドラマで大活躍中の中村倫也さんですから、観たいという方は多いですよね。

何と言っても今作品は7つの人格を中村倫也さんが熱演していますから。

既に複数回、映画を視聴している方もいるようです。

 

そんな「水曜日が消えた」なのですが、

「エンドロール」について多数の意見が見られます。

 

あと映画を鑑賞をするにあたり、「座席の位置」についても

気になる意見があるんですよね。

 

ここでは、

・「水曜日が消えた」はなぜエンドロールまで見ないと楽しめないの?

・「水曜日が消えた」を鑑賞するのにおすすめの席の位置はどこ?

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「水曜日が消えた」はエンドロールまで見ないと楽しめないのはなぜ?

「水曜日が消えた」を既に鑑賞したという方から気になる意見や感想がありました。

それは、

 

「エンドロールが面白い!」

「エンドロールをもう一度見たい!」

 

というような内容でした。

実際のネットでの声がこちらです。

エンドロールを見た人の感想や意見

エンドロールに関する感想がかなり多いです。

この内容を見る限り、絶対最後まで見ないとダメですよね。

 

エンドロールを見ないで席を立ってしまうと、映画の満足度が下がると思われます。

 

必ず最後まで鑑賞しましょう!

 

 

「水曜日が消えた」を鑑賞するのにおすすめの席の位置はどこ?

上記のエンドロールについても気になりましたが、

座席の位置についても気になる情報がありました!

 

それは、

 

「目が悪い人は、座席は少し前の方が良い」

 

という物でした。

 

理由は、

 

映画中のシーンで度々出てくる「付箋の文字が見えづらい」

というものでした。

 

劇中に出てくる付箋に関する意見や感想

中村倫也さんが演じる7人が付箋でやりとりするという表現に

余韻があって楽しいという意見が多数です。

 

ですが、付箋の文字が見えにくい為、

 

「視力が良くない人は席を前の方にした方がいい」

「メガネがある人は準備して」

 

そんなアドバイスも多く上がっています。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『「水曜日が消えた」はエンドロールまで見ないと楽しめない?席の位置のおすすめも!』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品「水曜日が消えた」は最後まで、「エンドロール」までちゃんと見ると満足度が高いようですね。

エンドロール開始直後に席を立つ人がかなりいるようなので、ぜひ最後まで見てほしいです。

 

あと、付箋でのやりとりがかなり良いという意見が多数なので、

視力に自身の無い人は席の位置やメガネの準備をしましょう。

 

僕も座席位置はいつもより少し前にして、メガネもしっかり綺麗にして映画館へ突撃しようと思います。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

「水曜日が消えた」は日常が面白い?内容がつまらない?評価感想もまとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る