フルーツバスケットの映画は泣けるし切ない?予告だけで号泣するって本当?

テレビアニメ




映画「フルーツバスケット-prelude-」

 

1998年に漫画の連載が開始され、

2001年にはアニメ化。

 

そして2019年にリメイクされたアニメ「フルーツバスケット」

 

物語の結末まで映像化したリメイク版。

フルーツバスケットは目から水が出すぎて脱水症状になる作品として有名ですよね。

 

あなたは大丈夫でしたか?

 

実は僕、2001年に放送されていたアニメも見ていたので

凄く思い入れがあるんです。

 

さて、世代を超えて愛されているフルーツバスケット。

 

そして世界を股にかけて人気を博している作品。

 

ついに、2022年2月18日(金)に劇場版が公開です!

 

まだ映画は公開されていないにもかかわらず、

 

「泣ける」という感想をあちこちで目にしますよね。

 

どういうことなのでしょうか?

一緒に追っていきましょう!

 

それでは、

・劇場版「フルーツバスケット」は予告だけでも泣けるって本当なの?

・映画化したフルーツバスケットは泣けるし辛い?でも心は温かくなるいい話なの?

・フルーツバスケット「プレリュード」を見た後にポスターを見るとしんどいってなぜ?

について触れていきたいと思います。

 

 

劇場版「フルーツバスケット」は予告だけでも泣けるって本当なの?

 

劇場版「フルーツバスケット」は、

本公開される前から「泣ける」と話題になっています。

 

僕も気になり、ネットでの声を調べてみました。

すると、やはり「泣ける」という声が非常に多いんです。

 

どうやら、予告だけで泣けるようです。

 

Youtubeに投稿されている劇場版「フルーツバスケット」のコメント欄も覗いてみました。

 

そこでもやはり「泣ける」の嵐!

本当に予告だけでも泣けるようです!

 

という事で

実際、僕も予告を視聴してみました。

 

予告を見た感想は

 

「こ、これはズルい!」です。

 

アニメ「フルーツバスケット」を最後まで見たあなたならわかると思います。

 

劇場版では、アニメの前章譚が映像化されます。

 

前章譚は、

透の両親である勝也と今日子の出会いから追った物語。

 

2人の関係性、そして結末を知っているあなたなら

なぜ私が「ずるい」と思ったのかわかりますよね。

 

泣ける内容はさておき、

今までアニメ化されていなかった部分のアニメ化。

 

この事実を知ったことでうれし泣き!

 

そういった感想も目にしました。

 

長く愛されている作品だからこそ生まれる感想ですね。

 

 

映画化したフルーツバスケットは泣けるし辛い?でも心は温かくなるいい話なの?

 

予告だけで泣ける映画「フルーツバスケット」。

 

本編を見たら

いったいどうなってしまうのか?

 

当然、号泣必至だと思います。

 

でも物語は辛い内容ばかりなのでしょうか?

結論から言います。

 

辛い話もありますが

心温まるいい話もちゃんとあります!

 

もともと、辛くせつないけど温かいというのが

「フルーツバスケット」の魅力ですよね。

 

ここでは映画の「フルーツバスケット」の辛い話と

心温まる話を紹介しましょう。

 

 

辛い話というのは、もちろん勝也と今日子の物語です。

 

2人の未来を知っているだけに、

幸せそうなシーンこそ切なくてしんどく感じてしまうかもしれませんね。

 

しかし、2人の幸せだった過去を見ることができる。

これはファンにとって救われる内容とも言えますね。

 

また、勝也と今日子が数々の障害を乗り越えて愛を貫いていく様子。

 

家族となり、透が生まれてより深まる絆。

 

こういった部分は間違いなく心が温かくなるいい話!

 

こうして考えてみると、

勝也と今日子の話は感情がジェットコースターのように乱高下しそうです。

 

泣かない自信が既にありません。

 

さて、映画はこれだけではありません。

 

共に未来を歩むことになった

夾と透のアニメ最終回後の話も映像化されています。

 

こちらは心温まるいい話確定でしょう。

 

ただ、どっちにしろ泣けるとは思うので覚悟しておきましょうね。

 

 

フルーツバスケット「プレリュード」を見た後にポスターを見るとしんどいってなぜ?

 

フルーツバスケット公式から

「プレリュード」のポスターが公開されています。

 

「プレリュード」を見た後にそのポスターを見ると

かなり「しんどい」みたいです。

 

私もフルーツバスケット「プレリュード」のポスターを確認してみました。

 

ポスターは2種あるんですが・・・

 

こ、これは・・・

「めっちゃしんどいって!」

 

まず、2種は共通して

勝也と今日子が写っています。

 

今まであえて言及してきませんでしたが、

勝也と今日子はもうこの世にはいないんですよね。

 

そんな2人が幸せそうに笑う2種のポスター。

 

もう映画を見る前から切ないです。

 

2人の儚い幸せが崩れてしまう様子を

映画で見た後にこのポスターを見たら…どうなってしまうんでしょう。

 

そして、2種のうち1つは

幼き頃の透も描かれているんです。

 

砂浜で勝也と今日子が透と手をつないで幸せそうに歩いています。

 

物語は残酷で、

もう3人で手をつなぐことはできません。

 

それを想像するだけでも泣けてきますが、

足跡に注目してください。

砂浜を歩けば足跡がつきますよね。

 

透の足跡はしっかりありますが、

勝也と今日子の足跡は・・・。

 

これは、一緒に未来を歩いていけないことを表現しているんですね。

 

やっぱり、映画を見る前から

めっちゃしんどいわ!このポスター!

 

予告だけで泣けるしポスターも切ないというネットでの声

「予告を見ただけで泣ける!」

そんな声が凄く多いですね。

 

僕も数分の映像にも関わらず

「なにこれ、しんどすぎる・・・」

 

もうティッシュを探しながら目が離せませんでした。

 

特にご両親のお声が素敵過ぎる!

 

なんだ!人なのか?!既に天使にしか見えん!!!

 

もう見たい見たい見たい!

で感情が右往左往しています(笑)

 

さらにポスターがやばいという声で

「ほう、どれどれ・・・」

とポチると!!!

 

深いし切なすぎて更に涙腺崩壊だ。

 

何だこれ。

もう心の準備は整ったわ!

 

あとは見に行くだけになりました(笑)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『フルーツバスケットの映画は泣けるし切ない?予告だけで号泣するって本当?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

泣けると話題の映画「フルーツバスケット」。

 

追ってみると、泣けるところだらけで

号泣必死の物語と言えます。

 

特にポスターの凝った表現には僕もやられました。

 

映画「フルーツバスケット」を見て温まって泣いて泣いて泣いて…。

 

最後にポスターを見て泣きながら映画館を後にしましょう。

 

でも、ラストは希望が見えるようにしてほしい・・・。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

フルーツバスケットの映画はテレビアニメ見てないけど楽しめる?内容も解説!

 

こちらも間もなく公開のアニメ映画!

きっとあなたに響きますよ♪

グッバイドングリーズは子供向け?大人が見ても楽しめるストーリーなの?試写会の感想もまとめ!

 

あの絶賛放映中の呪術廻戦が

いよいよ4D上映スタートです!

劇場版「呪術廻戦0」はIMAXと4Dどっちで見た方が楽しめる?見たいという声もまとめ!

 

こちらも絶賛上映中のアニメーション大作!

気になってませんか?

映画「鹿の王」ユナと約束の旅の主人公ヴァンは堤真一?他の声優も役に合ってるの?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る(映画の新着情報もこちらから)