スターウォーズ9はカイロレンが弱いと思ったら強すぎる?かっこいいや好きなどの評価や感想まとめ

映画




こんにちは。かみずです。

映画「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」

絶賛公開中です。

 

スターウォーズには魅力的なキャラクターがたくさんいますよね。

あなたが好きな登場人物は誰ですか?

僕はアナキンです。

 

アナキンとオビ・ワンの戦闘シーンが好きでして・・・

師匠を圧倒するアナキンその強さに憧れてしまいました・・・

そのシーンでアナキンは最後、負けてしまうんですがね。

 

スターウォーズを見たことがある方なら、推すキャラクターがきっといると思うんです。

 

で、今作のエピソード9。

ダーク・ジェダイであるカイロ・レンが話題になっています。

 

今作では、ファーストオーダーの最高指導者となったカイロ・レン。

でも、前作までは、ちょっと残念なキャラクターだったようですね。

 

ここでは、

・スターウォーズ9はカイロレンが弱いと思ったら急に強くなっているのは何で?

・スターウォーズエピソード9でカイロレンのどこがかっこよくて好きなの?

・スターウォーズ9のカイロレンについて評価感想

について触れていきたいと思います。

 

スターウォーズ9はカイロレンが弱いと思ったら急に強くなっているのはなぜか

前作、スターウォーズエピソード8「最後のジェダイ」でカイロ・レンは強くありませんでした。

というか、むしろ「弱かった・・・」

ですが、今作「スカイウォーカーの夜明け」では、

かなり強くなっているようです。

 

「何で?! 急に強くなってない?」

 

ですので、そういう疑問を持たれた方もいるようです。

 

自分の弱さや悔しさをバネに修行した

今作エピソード9「スカイウォーカーの夜明け」は前作から1年が経過した物語です。

前作である「最後のジェダイ」から1年間あったので、その間に修行したのではないでしょうか。

 

カイロ・レンとしては辛かったんじゃないですかね。

素質があると思った程度のレイにも、結果やられていましたから。

ファーストオーダーの最高指導者という立場まで、他を蹴落として駆け上がったという事は、修行したとしか思えません。

ジェダイやダークジェダイはマンツーマンでの指導をするのが本来の修行。

カイロ・レンはルークとの修行が途中でしたから、まだ完成されていない強さだったという事が言えると思います。

アナキンやルークも修行する事で格段に力をつけていきましたから。

でも、修行したなら、誰としたのか?

気になりますよね。

 

 

スターウォーズエピソード9でカイロレンのどこがかっこよくて好きなのか

今作のカイロ・レンは人気爆発です。

前作までのカイロ・レンは言ってしまえば、ダースベイダーに憧れるだけの小物キャラ。

感情の起伏が激しく、精神的な幼さが見え隠れします。

 

ですが、

 

悩んで葛藤して、そして苦しいという面を丁寧に描いているとも言えます。

 

これを演じたアダム・ドライバーさんが素晴らしいと絶賛です。

色々な表情を見せる事でカイロ・レンを魅力的にしています。

 

悪になりきれない。

そんなカイロ・レンがベン・ソロに帰還して、

最後に見せる「表情」

これを見た人は

 

「完全に虜になってしまう」

 

そのようですよ。

 

スターウォーズ9のカイロレンについて評価感想

カイロ・レンはやっぱり魅力的に写ったようですね。

主人公のレイよりも「主人公」的に描かれていると表現している方もいます。

レイの物語というより、カイロ・レンの物語という感じという事でしょうか。

カイロ・レンが気になりすぎて、ワクワクしっぱなしという意見もありますね。

カイロ・レンがめっちゃ魅力的に表現されているという事ですね。

男性も女性も高評価!

「カイロ・レンの負けるところが見たいだけだの人」という意見に笑いました。

わかります。

わかりますよ、その気持ち。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「スターウォーズ9はカイロレンが弱いと思ったら強すぎる?かっこいいや好きなどの評価や感想まとめ」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

アダム・ドライバーさんが演じるカイロ・レン。

彼の苦悩や悔しさをアダム・ドライバーさんが見事に演じています。

最後の表情には「見た方は失神してしまう」かも?!

それぐらい心を動かされる描写があります。

ぜひ、映画館で成長していくカイロ・レンにも注目してみて下さいね。

 

カイロ・レンが気になるアナタ!

こちらも気になりませんか?

スターウォーズ9はレイとカイロレンがキスする?!そんな関係かと疑問の評価感想や理由も

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!