シドニアの騎士「あいつむぐほし」は予告だけで泣ける?どんな内容なの?試写会の評価感想もまとめ

映画




映画「シドニアの騎士 あいつむぐほし」

 

今作は弐瓶勉氏による人気漫画作品です。

2021年6月4日公開予定であり、

アニメに引き続きコアなファンの支持が高い作品となっています。

 

そんな中で予告動画を見た人が

 

「見ていて切ない」

「悲しくなる」

 

そんな声が話題となっています。

 

でも、本当にそこまで感情が揺さぶられる程なのか?

あなたも気になりませんか?

 

ここでは、

・シドニアの騎士「あいつむぐほし」は予告だけで泣けるって悲しい物語なの?

・「あいつむぐほし」のストーリーは?どんな内容なの?

・シドニアの騎士の魅力は何?「あいつむぐほし」の見どころも解説

について触れていきたいと思います。

 

 

シドニアの騎士「あいつむぐほし」は予告だけで泣けるって悲しい物語なの?

 

シドニアの騎士「あいつむぐほし」は

予告だけで泣けるって本当?

 

悲しく切ない物語なの?

 

結論から言います。

 

映画のキャッチコピーに「身長差15メートルの恋」とあるように

めっちゃ切なさを感じます。

 

予告だけでもうホロっときますよ。

 

 

ただ、これは本作を知っていればという所が大きいですね。

 

予告動画を初見で見た人は

そこまで感情は動かされないでしょう。

 

つむぎのあの姿で初めて見て泣けるなら

あなたの感受性は素晴らしいと感じます(笑)

 

 

ただ、本作を見れば

きっと健気なつむぎの姿に涙してしまうと思いますよ。

 

 

シドニアの騎士は人類の種の存亡をかけて

敵であるガウナと戦いながら次なる居住可能な惑星を探して航海しています。

 

そんな中で主人公「谷風」とヒロイン「つむぎ」の恋が

シリアスな世界観の中でとても純粋に描かれています。

 

そんな2人の恋の行方を示唆するかの様な予告動画は

ファンの人だけではなく見た人に切なさを感じさせる内容です。

 

人とガウナから生み出されたつむぎは

巨大な人型の本体とコミュニケーション用の「胞手」から成りたっています。

 

これが身長差15メートルの恋の意味です。

 

予告動画ではそんなつむぎと谷風のやり取りが

涙を誘い悲しく切ない気持ちになると注目を集めています。

 

見ていると確かに悲しい気持ちになりますが、

それだけではなく2人の互いを想いあう気持ちは確かで胸キュンしちゃいます(笑)

 

果たして谷風とつむぎは困難を乗り越える事は出来るのか?

 

人類は生き残る事が出来るのか?

 

気になったなら、その目で確かめて下さいね。

 

「あいつむぐほし」のストーリーは?どんな内容なの?

 

そんなシドニアの騎士最新作はどんな物語なのか?

 

今作はテレビシリーズ第2期の最後から10年後が舞台です。

 

第2期の最後ではガウナの猛攻に苦戦を強いられつつも

小惑星激突の危機を乗り切ることが出来たシドニア。

 

しかし、このままでは人類に生き残る術がない事にも気付いていたシドニア艦長・小林。

 

そして、ガウナの巣を駆逐するために、

レム恒星系へと進路をとり最後の戦いに向かう事となります。

 

それぞれの愛する者を守る為、

そして長く続いてきたガウナとの戦闘を終わらせる為に最後の戦闘に挑みます。

 

ストーリー展開はテレビ第2期の続きとなっており、

いよいよクライマックスへと物語は向かっていきます。

 

終わる事がないと思われていた戦いの終結の為、

愛するつむぎを守る為に谷風は最後の戦いへと赴きます。

 

人類は生き残る事ができるのか?

 

そして、居住可能な惑星を見つけ植民する事ができるのか?

 

谷風とつむぎの恋の行方と合わせて、

どうなってしまうのか気になる物語ですよね。

 

 

シドニアの騎士の魅力は何?「あいつむぐほし」の見どころも解説

 

「シドニアの騎士をよく知らない」

「どんな魅力がある作品なの?」

 

そんな疑問を持った方もいるのでは?

 

シドニアの騎士の魅力といえば

綿密な世界観設定に様々な要素を盛り込んだSF作品という事です。

 

しかも、従来SF作品でありながら

 

「ロボット」

「ラブコメ要素」

 

これを新機軸を盛り込んだ王道的な構成である事も魅力の1つです。

 

一般的にSF作品と言うと巨大な戦艦や宇宙戦闘機が所狭しと飛び回り

激しい戦闘を繰り広げるといったものを想像すると思います。

 

シドニアではそれがロボットになっていて

謎の生命体・ガウナと戦いを繰り広げていく事になります。

 

そんなメカメカしい所ばかりと思いきや、

ラブコメ要素もありコアなファンを獲得する事に繋がっています。

 

個人的にも単純にロボットSF作品というだけなら、

あまり興味を持つ事はありませんでした。

 

しかし、そこに人間模様がありありと描かれ

ラブコメ等の要素も追加される事によって魅力がグッと増しています。

 

特に谷風とつむぎの恋の行方はファンだけではなく、

見る人の注目ポイントでもあります。

 

まさにこの点が今作の見所と言えます。

 

確かにガウナとの戦いの結末が最終目標ではありますが、

個人的には2人の今後の方が気になりますね(笑)

 

様々な要素を盛り込んだSF作品であるシドニアは

独特な世界観で魅力に溢れた作品です。

 

そして今作の一番の見所とも言うべき谷風とつむぎの恋の行方。

 

せひ劇場で見てみてくださいね。

 

「あいつむぐほし」の予告動画を見た人の切ないし泣けるという声

予告を見た人は感動で泣けるという声が多いです。

 

やっぱりシリーズを見てきた人は

短い動画であっても感情持っていかれますよね。

 

僕がその一人(笑)

 

 

なんてええ子や。

 

それだけに悲しそうなラストが垣間見えて

おっさんはもう涙腺がやばい!

 

幸せな結末を見せてくれ!

 

 

「あいつむぐほし」を試写会で見た人の泣いたし面白いという声

試写会で一足先に見た人の感想は

絶賛の声がめっちゃ多いですね。

 

「これ以上無いという最高の完結編」

 

そんな声もあります。

 

これ、期待していいんじゃないですかっ!

 

感情がずっと忙しいという声もあるように

泣ける物語なのは間違いないです。

 

僕は泣かないで見れる自身がありません!

 

おっさんは間違いなく泣くでしょう。

 

 

えっ!?

40超えのおっさんが涙なんて恥ずかしい?

 

 

関係無いっすよ!

 

誰も見てませんから(笑)。

 

僕はあいつむぐほしを堪能しつくします。

最高の物語を最高の自分の時間にしたいと思います。

 

あと、「音」も凄いという声もかなりあります。

 

音響の良い映画館で見るのが良いですね。

そこも頭に入れておきましょう!

 

ああ~っ楽しみー!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『シドニアの騎士「あいつむぐほし」は予告だけで泣ける?どんな内容なの?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

初見ではチョット敬遠しがちかと思われる今作ですが、

作品に触れて行く内に徐々に魅力に気付ける面白い作品です。

 

予告動画でも涙を誘うような切なさが感じられ

益々楽しみになってきますよね。

 

気になったら、ぜひ予習をして見てほしいと思います。

 

こちらの関連記事もいかがですか?

シドニアの騎士「あいつむぐほし」は前作やアニメ見てないけど楽しめる?予備知識が必要か解説

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る