映画「Red」は妻夫木聡がエロい!抱かれた気分になるリアルな映像がやばいと評価感想もまとめ

映画




こんにちは。かみずです。

映画「Red」

センセーショナルな内容が話題を呼んだ小説「Red」の映画化作品です。

 

夏帆さんと妻夫木聡さんが共演し、予告映像も過激で話題となっています。

実際に映画を見た人も妻夫木聡さんの演技や描写が凄いともちきりです。

 

予告動画以上の凄さとはどんなものなのか?

気になりますよね?

 

ここでは、

・映画「Red」は妻夫木聡がエロいとはどんな演技をしているの?

・「Red」は見た人が妻夫木聡に抱かれた気分になるリアルな映像がやばい?

・映画「Red」を見た人の妻夫木聡に関する評価感想

について触れていきたいと思います。

 

 

映画「Red」は妻夫木聡がエロいとはどんな演技をしているのか

 

主人公の塔子と10年ぶりに再会するのが妻夫木聡さんが演じる”鞍田”です。

塔子は外からは幸せそうな生活を送っているように見えるのですが、実は我慢をし続ける毎日・・・

そんな自分を抑え続ける生活の中で、かつて愛した男性「鞍田」と再会するわけですね。

 

抑圧され自分を抑えつける毎日から10年前の愛情がよみがえり、感情を揺さぶられ、ある意味開放されていく塔子

 

でも、鞍田には秘密がありました。

 

愛した人との再会にプラスして、その相手が抱える秘密を知ってしまったら・・・

そんな展開となるようです。

 

この影のある男「鞍田」を色気たっぷりに演じるのが妻夫木聡さん。

体も引き締まり、鍛えているのがさらにプラス。

モテルのがわかる雰囲気がダダ漏れのようです。

 

話題のベッドシーンでは、主人公の塔子と鞍田の体を張った演技や表情が痛々しくも美しいという声が多いですよ。

 

「Red」はなぜ見た人が妻夫木聡に抱かれた気分になるのか

話題のベッドシーンですが、撮影されたカメラアングルがかなりリアルな映像に見えるようです。

そこに妻夫木聡さんが演じる鞍田の「愛しい」という感情が溢れ出したような演技に目が釘付けに・・・。

息遣い、優しさの中に荒々しさ、仕草や手つきという動作がもうエロい!

 

灰色の世界から自分を連れ出してくれる愛しい人。

10年前の続きの世界を垣間見れる、ウキウキワクワクの毎日。

そして、マグマのように湧き上がってくる感情。

 

そんな男性が戻ってきたなら、あなたは拒絶できますか?

 

 

映画「Red」を見た人の妻夫木聡に関する評価感想

妻夫木さんを見た人は、

「エロい!」

「ずるい!」

そんな声が複数ありますね。

 

妻夫木聡さんのファンはハマってしまうんじゃないでしょうか?

それにしても、妻夫木聡さんは年のとり方が反則!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「映画「Red」は妻夫木聡がエロい!抱かれた気分になるリアルな映像がやばいと評価感想もまとめ」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品は主人公の夏帆さん、妻夫木さん、柄本佑さん全員がエロいと評判です。

気になるでしょ。

 

ですが、これは本作品の魅力の一端にすぎません。

 

女性としての幸せとは何なのか?

子を持ち、家庭を営んでいく事と自分というパーソナリティとの凌ぎ合い。

妻と子を持つ僕としても、気になる映画です。

 

自分の生活をかえりみると、妻がどんな想いを持っているか考えさせられる怖い映画とも感じます。

僕はちょっと今作品は見に行けないな・・・。

きっと主人公の塔子に感情移入できないですから。

 

ですが、彼女が感じる心境と共感できる方は多いと思います。

ぜひ、劇場で妻夫木さんと夏帆さんを感じてみてくださいね。

 

こちらも白石麻衣さんが「体張ってる」と話題!

気になりませんか?

映画「スマホを落としただけなのに2」でまいやんが過激すぎでやばい?ファンは心構えが必要?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!