映画「ジュラシックワールド炎の王国」は吹き替えがひどい?英語と字幕で見た方がいい?

地上波放送




映画「ジュラシックワールド炎の王国」

本作品は2018年公開のアメリカ映画「ジュラシック・ワールド」の続編となる「ジュラシック・パーク」シリーズでの第5作目になります。

舞台はジュラシック・ワールド事件から3年後のイスラ・ヌブラル島です。

 

パークが崩壊後も恐竜達は自由に島の中を徘徊して生きていました。

そんな時に島北部のシボ山で噴火が起きた事によって島の恐竜達は絶滅の危機にさらされる事になります。

そこに最初の事件の時に海の底に沈んだレックスの遺体を回収する為に傭兵団の一団が島へとやってきます。

様々な人間達の思惑が絡み合い、再び恐竜と人間との生と死をかけた壮絶な戦いの幕が上がるのです。

 

今作は吹き替えより字幕の方が楽しめると言った意見や恐竜がイマイチと言った意見もありますが本当の所はどうでしょうか。

 

ここでは、

・ジュラシックワールド炎の王国は日本語吹き替えが下手で酷いので楽しめない?

・ジュラシックワールド炎の王国は音声は英語で字幕にすると面白い?変更する方法は?

・ジュラシックワールド炎の王国は吹替だと子供が見てもつまらないの?

について触れていきたいと思います。

 

 

ジュラシックワールド炎の王国は日本語吹き替えが下手で酷いので楽しめない?

今作では登場する俳優の演技は見ていて真に迫っており臨場感を伝えてくれる演技であると思えます。

 

しかし、日本語吹き替えになった途端に

迫力あるシーンや緊迫感ある場面がつまらないと感じてしまうかもしれません。

 

なぜなら作品の主役というべき人物と吹き替えが

微妙に合ってなくて見ていて演技がちぐはぐに感じてしまうからです。

 

確かに作品前半は今までのシリーズとの違いや脱却を狙っていて期待が膨らみます。

ところが物語のキーとなる人物の吹き替えがそれに合っていないため、

後半になるにつれて面白みはなくなっていきます。

 

1作目や2作品目など他のシリーズではそういった所は少なく

子供の頃に見た時には恐竜の迫力や立ち向かっていく主人公達などにハラハラし胸を躍らせたものです。

今作もそういったワクワク感を楽しめると思っているファンも多いと思います。

 

決して吹き替え自体が悪いわけではないのですが、吹き替えをする事に一生懸命で演じている俳優やシーンに入り込めていない感じです。

なので、これまでと違った切り口で作成された今作はインパクトはありますが吹き替えがそこまで作中にあっていない事もあって

今までのファンの方からすると楽しめる内容ではないかもしれません。

 

ジュラシックワールド炎の王国は音声は英語で字幕にすると面白い?変更する方法は?

ジュラシックシリーズのファンの方や今作から興味を持った方もいるかと思います。

確かに吹き替えはイマイチと思う方や洋画は字幕派という方もいるでしょう。

 

そんな時には

音声を吹き替えでなく字幕に切り替える事で、作品を面白く感じる事が出来ると思います。

 

基本は吹き替えで見る方ですが作品によっては字幕の方が楽しめる事もあります。

ジュラシックシリーズを今回初めて見る方ならどちらでも楽しめると思いますが、字幕で見る方が面白く感じるはずです。

吹き替えだとイマイチ作品の面白みが感じづらく、どちらかと言うと吹き替えのクセが強すぎて

盛り上がる場面がふざけている感じがしてしまいます。

ですので、そう感じた方や字幕派の方には吹き替えから切り替えて見る事で面白くなると思います。

 

字幕に変更する事も難しい事ではなくDVDやBDならトップメニューの音声から切り替えて、

テレビ放送等ではリモコンの音声切り替えのボタンがあればそれを押すだけで切り替えられます。

 

 

 

ジュラシックワールド炎の王国は吹替だと子供が見てもつまらないの?

今作は大人やファンの方なら字幕の方が面白いと感じるでしょうが、子供が見るには逆に吹き替えの方が楽しいと感じるかもしれません。

子供が恐竜等に興味があり動いたり人間と対決したりするシーンが楽しみであるなら、字幕か吹き替えはあまり関係ないからです。

 

実際に子供の頃に初めてジュラシック・パークを見た時はそんな難しい事を考えずに純粋に恐竜やアクションシーンに見入ったものです。

子供の時にはそこまで深く考えずに作品を見て楽しむと思うので、つまらないとはっきり感じる事は少ないでしょう。

恐竜が住んでいる島があったり動いて暴れている姿を見れる事が楽しくて面白いのであって、音声の種類までは気が回らないからです。

 

なので、子供が見るだけなら吹き替えでも十分に面白いし楽しめるでしょう。

一緒に見る機会があるようでしたら、物足りないと感じるでしょうが吹き替えで一緒に見てあげてほしいと思います。

吹替版や字幕版に関するネットでの評価感想

吹替の主役二人に関しては、やっぱり違和感があるという声が多いですね。

オリジナルの音声の方が好きな傾向がある肩は英語音声の方が良いと思います。

 

ですが、玉木宏さんの声に肯定的な意見もあります。

音声にそれほど気にしない方やシリーズを通して見ていない方は、満足している方も結構いますね。

とにかく玉木宏さんの声が良すぎると(笑)

 

あと、お子さんと一緒に見るには、やはり吹替の方がわかりやすいので良さそうですね。

子供たちは、とにかく恐竜の映像に集中させてあげなければなりません!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『ジュラシックワールド炎の王国」は吹き替えがひどい?英語と字幕で見た方がいい?』についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

確かに今作は吹き替えに対して否定的な意見や感想が多いのも確かです。

しかし、今までにないストーリ展開や変更点等もあり面白い作品となっています。

吹き替えに関しては字幕に変更する事も簡単なので自分にあった方法で作品を楽しんで下さいね。

 

ジブリの名作が劇場で公開中ですよ!

でも、どれから見たらいいか迷いませんか?

風の谷のナウシカが映画館で見れる?ジブリ4作品どれから見たらいいの?

 

あの衝撃作はもう見ましたか?

パラサイト半地下の家族は怖いので子供にはトラウマ級?年齢制限や対象年齢を解説

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ホームへ戻る