地獄少女の映画はグロくて怖いけど子供は楽しめる?年齢制限や対象年齢も解説

映画




こんにちは。かみずです。

「地獄少女」実写版。

漫画、アニメ、ドラマとマルチな展開で人気の今作品がいよいよ実写映画に登場です。

白石晃士監督が描く「地獄少女」がどんなものになるのか興味津々です。

地獄少女を演じる玉城ティナさんも、どうやらかなり妖艶で不気味さ漂う美しさを表現しているそうですし。

 

そんな地獄少女なのですが、元々の漫画やアニメといった作品から、かなりのグロさや怖さが指摘されています。

今作品の実写版についても、同様、もしくはそれ以上の表現があるのか?

年齢制限や子供は見られるのか?

気になりませんか?

 

ここでは、

・グロくて怖い表現で年齢制限があるの?

・対象年齢はいくつからなの

・観たいのに年齢制限や対象年齢に満たない場合はどうすればいいの?

・観た人の評価感想

について触れていきたいと思います。

 

 

「地獄少女」実写はグロくて怖い表現が理由で年齢制限があるのか

 

今作品はホラー映画としての怖さというよりは、人間の負の感情、醜さを描いた「怖さ」を表現しています。

さらに、嫉妬や逆恨みという人間臭い負の感情が連鎖し、更なる悲劇へと繋がっていく・・・

そんな物語です。

 

あとは流血表現がかなりあり、首が飛ぶ描写もありますので、苦手な人は注意が必要ですね。

そのような描写、演出表現があるので「PG12」指定となっています。

ただ、「PG12」指定が疑問に感じるぐらい、キツめの描写もあるようなので、グロ耐性の低い方は厳しいもしれませんね。

性的表現もあるようで、R15+でもおかしくないと感じるシーンもあるようです。

 

白石晃士監督による地獄の描写がグロテスク

白石晃士監督と言えば、「不能犯」や「貞子」ですよね。

独特の世界観をこの地獄少女でも表現しています。

予告動画にもあった「パソコンから腕が伸びてきて引き込まれる描写」なんて、ゾクッとしますよね。

 

ただ、白石ワールド全開な為、地獄少女としての幻想的な雰囲気は薄れたかもしれません。

 

ですが、リアルなグロ系な世界観での地獄少女も、それはそれで見応えがあります。

 

あとは音ですね。音の表現が素晴らしいです。

映像の描写に音の表現が乗る事で、迫力がましています。

ゾッとするシーンがありますよ。

地獄少女ならではの、なんとも皮肉な結末や厭な気分はそのままです。

 

「人の呪わば、穴2つ」

 

不幸な依頼主も地獄行きという、気分も沈みまくる感覚は地獄少女らしさを残していますね。

こういう「何とも言えない気分」になる映画、この雰囲気が好きなんですよね。きっと・・・

 

「地獄少女」の映画は対象年齢がいくつからでPG12指定とは何か

PG12指定ですので、中学生以上が対象という事になります。

親が同伴すれば小学生でも閲覧は可能という事です。

PG12指定とは、保護者の助言、指導が必要とされる区分であり、できるだけ保護者が同伴が望ましいという物です。

 

対象年齢(PG12指定)についての個人的見解

PG12指定となっていますが、僕としては小学生での閲覧はおすすめできません。

といいますか、本当は中学生の低学年でも、よほど本人が観たいと強く思わない限り観せなくてもいいと思ってしまいます。

流血表現や首が飛ぶのはもちろんですが、何と言っても、人に醜さという部分の描写を見せるというのが、僕としては許容できないです。

 

まだ、「経験も少なく、心を育む大切な時間ですから、こういうエゲツない描写をあえて観せなくてもいい」と思います。

 

ですが、地獄少女は女の子のファンが多い作品ですからね。

 

『実写になって、どんな感じなってるの?

見たい!

観たすぎる!』

 

そんな子はかなり多いんじゃないかなぁ。

 

どうしても観たいというお子さんは、覚悟して見て下さい!

 

アニメの地獄少女とは違う世界の物語と考えた方がいいです。

 

地獄というホラーの入ったグロい世界「地獄少女が登場」した。

 

そういう感覚に近いかもしれません。

 

ですので、今まで観てきた地獄少女とは異なり、怖さの質が違います。

 

「え、あの、マジ怖い・・・」

 

そういう感覚になってしまうかもしれませんよ。

 

ですので、中学生の低学年はまだ観なくてもいいかなぁって、僕は思うのだよ。

観たいのに年齢制限や対象年齢に満たない場合はどうすればいいのか

僕が小さい子におすすめするのは「DVDやネット配信になったら家で鑑賞」です。

家なら、映像や音の迫力は抑えられるし、きつい描写も見えにくい。

耐えられないシーンなら飛ばせたり、すぐ逃げられるしね。

このぐらいで十分だと思うのですよ。

 

お父さん、お母さんは参考にしてみて下さいね。

 

僕にも6歳の息子と4歳の娘がいますが、適齢期になって同じような映画があっても観には行きません。

まあ、二人共怖がりさんなので、その心配は殆どないんですがね(笑)

 

試写会で観た人の評価感想

実際に地獄少女を観た人の評価感想を見てみましょう。

「怖い」という感想を持った方が多いですね。

ただ、ホラーというより、グロの方が強い気がするので、そちらの耐性があれば観れるという意見もあります。

やはり、>白石晃士監督の世界観が際立っているというのは間違いないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「地獄少女の映画はグロくて怖い表現で年齢制限があるの?PG12指定や対象年齢も解説」についてでした。

少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。

 

今作品はやっぱり「地獄少女」なので、

 

「あ~面白かった♪スッキリ~」

 

という映画では、まったくありません。

 

気分が沈む鬱映画の部類です。

 

ですので、精神状態が良好じゃない人、疲れている人にはとてもおすすめできません。

 

しっかりコンディションを整えて、観に行って下さいね。

 

玉城ティナさんの妖艶美や森七菜さんのかわいらしさにはある意味、癒やされるかもしれませんがね。

 

こちらの最新作も話題です。よろしければぜひ!

新作ターミネーター:ニューフェイトは正当な続編ってどういう事なの?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!